試合

ブルズ 90-79 ホークス

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Atlanta Hawks 79 – 90 Chicago Bulls

試合スタッツ(ESPN)

Associated Pressを翻訳

ローズ復帰戦で23点!ブルズ勝利

Rose Drive

by Ray Amati/NBAE via Getty Images

シカゴ-(現地:2012年2月20日) 鋭いクロスオーバーや相手を恐れないドライブを見る以上、デリック・ローズの背中の怪我はもう過去のものになったようだ。シカゴ・ブルズにとってはとても良いこと限りない。

いくら層が厚いと言われていても、このスーパースターは必要だ。

背中の怪我で5試合欠場中だったローズが復帰し23得点を記録。シカゴは最近不調なアトランタ・ホークスを90-79で下した。

ローズにはいつもの切れが見え、2日前にニュージャージー相手に大敗を喫したブルズを優勝目指す上昇モードへと引き戻した。第1Qで18点のリードを奪い、ハーフタイムを55-37で迎えたが、終盤アトランタに少し追い上げられた。

ジャネロ・パーゴがスリーを決め85-79と詰め寄ったが、ルオル・デンがすぐさまスリーでお返しをし9点差へと戻した。ローズが更にパーゴ相手にターンアラウンドからのジャンプシュートを沈め、残り2:10で90-79となりシカゴに勝利をもたらした。アトランタはここ10試合で7敗と低迷している。

ローズは23得点に加え6アシスト5リバウンドを記録。カルロス・ブーザーが16得点、ロニー・ブリュワーが13得点、デンとジョン・ルーカスがそれぞれ10得点づつ。ジョアキム・ノアは16リバウンドと援護した。

「ローズが戻ってくると全体が広がるんだ。今日はかなり積極的だったね。彼がそういうプレイをすると、他の選手のチャンスも増えて全員に自信を与える」とノアは語った。

ローズからは試合後コメントを得られなかった。トム・シボドー監督は彼のコンディションを「普段ほどのレベルには達してない」と述べたが、爆発力は戻っていたようだ。

「全体的にとても満足しているよ。デリックもプレイした感触は良かったと言っていた」とシボドー。

シカゴ出身でブルズに在籍したこともあるアトランタのパーゴがベンチから自信のシーズンハイとなる19得点、5本のスリーを決める活躍。ジョシュ・スミスは17得点12リバウンド。しかしジョー・ジョンソン(12得点)は最近悩まされ続けている左膝の腱炎で最終Qは出場しなかった。

現地日曜にポートランドに惨敗したホークスは、試合開始からそれを引きずっているようだった。そしてその代償は終盤に払う事となった。

「うちのチームは時には非常に切迫したプレイをする。しかししないこともある。今シーズンはそれがよく見られる。そういうプレイの仕方では駄目だ。」とラリー・ドリュー監督はチームについて語った。

「誰のせいでもない、チーム全体のせいだ。全員で向き合い、全員で解明しなければならない」とも述べた。

ホークスはマービン・ウィリアムズが家族の死で欠場していたが、ブルズのプレイを見る限り彼がいても大して変わらなかっただろう。

シボドーが監督したなかでは最もひどい試合の内の1つを経験した前試合から大きく建て直すことに成功した。

鋭いクロスオーバーでジェフ・ティーグを固まらせたりジャンプシュートを沈めたりとローズは以前の爆発力を取り戻していた。彼は第1Qだけで9得点し、ブルズは35-17とリードを奪った。デンとブリュワーもそれぞれ7点づつ援護した。現地土曜の試合では22-3とリードを奪われていたのと比べると大きな違いだった。

もちろん今回はローズがいたからだ。ブルズはローズのいない試合は7勝3敗と層の厚さを見せつけているが、選手達は最終目標を果たすにはローズが必要不可欠であることを理解している。

昨シーズン62勝し東決勝まで進んだシカゴは、当然優勝が最終目標だ。ローズや今年加入したベテランガードのリチャード・ハミルトンらが長期間欠場しながらもチームは好調だ。

ブルズはローズを怪我からの復帰を急がせることはなかった。練習量は増やしていたが、この日も出場まで判断は待っていた。

「相手が誰かは特に関係なかったよ。彼が100%だと、出場できると感じていた。メディカルチームからも許可はもらっていた。ここから始めてみるよ。感触は良かったと言っていたよ」とシボドーはローズについて述べた。

Game Notes

  • 先日の試合後、出場時間について不満を述べていたマクグレイディと話したというドリューは解決していると語った。
  • シカゴのハミルトン(右太もも)はこの試合も欠場。ブルズは更に控えPGのCJ・ワトソンも欠場した。ワトソンは先日のネッツ戦でクリス・ハンフリーズの肘が頭に強打し途中退場していた。

3 Comments

  1. BFiJ

    ローズがいるとこんなにも違うのかっていう感じでした。
    試合のペースが全然ちがいますね。頼もしい限りです。

    • 匿名

      復帰戦は、こんなもんでしょう。
      PガソウルとBOOZE+CJのトレード話が出てたけど、
      コービーが怒り狂ってたね
      自分は、ありと思うが、(あくまでも本命は、ハワードだけど)
      みなさんは、どうですか?

  2. BFiJ

    Gasol for Booz+CJ噂になってましたね。
    ローズはブーザーのディフェンスの姿勢に満足してないみたいな話もでてます。どれも噂レベルですが。
    個人的には、こっちのトレードならあっても全然ありですが、ハワードのトレードは特に興味はありません。ハワードは選手としては確かに凄いとは思ってますけど、シーズン中にチームにトレードしろしろいう選手があまり好きではないのでちゃんと応援できる自信があまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.