試合

ブルズ 96-89 スパーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Chicago Bulls 96 – 89 San Antonio Spurs

試合スタッツ(ESPN)

Associated Pressを翻訳

ローズ29得点でスパーズを撃破!

Rose vs Spurs

AP Photo/Darren Abate

サン・アントニオ-(現地:2012年2月29日) 先週末のオールスターゲームではあまり対戦することのなかったデリック・ローズとトニー・パーカーだが、今日の試合ではシカゴ・ブルズを冷やっとさせる瞬間があるほどの対戦となった。

昨年のMVPローズは、パーカーと衝突した膝は大丈夫だとコメントした。

第1Qのパーカーとの衝突を物ともせず、ローズは29得点の活躍で好調スパーズを96-89と撃破。ブルズはここ13試合で11勝目を挙げ、今シーズン、アウェイチームとしてサン・アントニオで勝利した2チーム目となった。

パーカーの膝とローズの膝がぶつかり、数分間ローズは床に倒れ込み悶絶していた。パーカーは特に痛みは無かったようだ。ブルズのトレーナースタッフがすぐさま駆けつけたが、ローズはゆっくり立ち上がりベンチに戻った。試合再開時にはフロアに戻っており退く事は無かった。

「最初ぶつかったとき激痛が走ったんだ。ただしばらく横になったあと立ち上がったら大丈夫そうだった」とローズはその時についてコメントした。

スパーズはベンチ出場のギャリー・ニールが21得点、第4Qにその内の15得点と活躍した。最終Qには2本重要なスリーを決めた。1つ目は試合を75-75の同点にし、2つ目は3点差へと追い上げたもの。しかしサン・アントニオは終盤に苦しめられ、久しぶりのホーム戦を勝利で飾ることは出来なかった。スパーズはここまで9試合連続アウェー戦を8勝1敗とNBA記録を打ち立ててからの初ホーム戦だった。

シカゴはジョアキム・ノアが10得点13リバウンドと援護。ローズは第4Qに6得点、最後の2分間で非常に重要なシュートを2本続けて決めた。

「かなり大変だよ。素晴らしい選手だ」とスパーズのグレッグ・ポポビッチ監督はローズを止める手段についての質問に答えた。

ティム・ダンカンは18得点10リバウンドだった。第3Q11点ビハインドから、彼の活躍でスパーズは追い上げを見せた。3ダンカンは今年初めてオールスター・ウィークエンドに参加をせず、今までで最も長いシーズン中の休暇となった。しかしロックアウトで短縮されたスケジュールの中での稀な休暇は、35歳の彼にとってありがたかったようだ。

第3Qにダンカンは12得点、しかしパーカー(彼はオールスターに選ばれたが、試合にはあまり出場しなかった)はローズと張り合いきれなかった。パーカーは16本中5本しかシュートを決められず11得点9アシストに終わり、彼にとって今月もっと点のとれなかった試合となった。

「チーム全体がなまってるように感じた。僕もなまっていた。4,5日間名にモアしなかったからね」とパーカーは語った。

Rose hutrin'

AP Photo/Darren Abate

パーカーのもっとも印象に残ったプレイはローズと衝突だったかもしれない。しかしローズは痛がった直後のプレイでドライブを決め何度の高いレイアップを決め大丈夫であることを見せつけた。

先日のニューオリンズ戦で、残り19.4秒で重要なジャンプシュートを沈めたローズは、この試合も終盤大活躍。後半に13得点し、残り1:46で9フィートからのバンクショットを決め、シカゴに87-82のリードをもたらした。

ダンカンがすぐさま自分のシュートで答えたが、その次のポゼッションでローズはスパーズを粉砕。ダンカンの伸びきった手の上から18フィートのジャンプシュートを決めブルズは89-84とリード。そして残り39.6秒でルオル・デンがスリーを決めリードは6点へと広がり、シカゴは勝利を確実とした。この試合はブルズにとって3試合連続アウェイ戦の1試合目だった。

「何度も言ってるけど、地球上の全てのポイントガードとの対戦が楽しいよ。そのチャレンジが大好きだ。彼はベテランPGで、色んなムーブを持っているし、チームにとって非常に重要な存在だ」とパーカーとの対戦についてローズは語った。

サン・アントニオはここまでホームでほぼ無敵状態だった。スパーズはホームのAT&Tセンターでは13勝2敗となったが、しばらくホーム戦が続く。アウェイ戦続きだった2月と引き換えに、これから6戦はホームで行われる。

スパーズはダニー・グリーンが11得点。ブルズはCJ・ワトソンがベンチから12得点、デンが10得点だった。

先日のニューオリンズ戦に続き、ブルズはリチャード・ハミルトンが先発したが、わずか15分の出場で、8本中1本しかシュートが決まらず2得点に終わった。

Game Notes

  • スパーズとブルズは今シーズンもう対戦しない。
  • シカゴはここまでリーグトップの37試合プレイしているが、後半からは少し楽なペースになる。残りの29試合を57日間で戦う。

3 Comments

  1. BFiJ

    いやーとにかくローズが倒れ込んだときはヒヤヒヤしましたね。。
    無事で何よりです。

    コーバーの不調とか色々気になるところはありますがなんやかんやで4連勝!このまま勝ち続けてもらいたいです。

  2. アイク

    最近、ちょっとだけディフェンスが良くなってきたと思ってたブーザー、
    酷過ぎて第3Qの途中から試合終了までベンチされてましたね…。
    ジボドー、徹底してるなぁ~(笑)。

    まぁ、シュートもあまり入ってなかったし、正解でしょう。

    やっぱハミルトンが入るとチーム全体の動きが良くなってように感じますが、
    本人が未だ本調子じゃないですね。
    長い休みだったから、本調子になるまで3週間ぐらいは必要ですかね。

    • BFiJ

      ハミルトンはしばらく離れてたのでとりあえず少しづつ試合感を取り戻して、プレイオフまでに仕上がってれば大丈夫だと思います。
      彼はボール回しがはやくて良いですよね。

      ブーザーはお前は闘牛士かってくらい「どうぞどうぞディフェンス」するんですよねたまに。。
      シボドーが駄目な時は下げるっていう徹底ぶりを見せてくれていて良かった(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.