試合

ブルズ 89-100 ブレイザーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Portland Trail Blazers 100 – 89 Chicago Bulls

試合スタッツ(ESPN)

Associated Pressを翻訳

ブレイザーズの新監督に勝利をプレゼント。。

Canales

by Gary Dineen/NBAE via Getty Images

シカゴ-(現地:2012年3月16日) 42点差の敗戦、トレードによるチーム大改変などを含む激動の数字を過ごしたブレイザーズは、リーグ1位のチームを倒し新ヘッドコーチを祝福で迎えることとなった。

ラマーカス・アルドリッジが21得点、ウェスリー・マシューズが18得点しポートランド・トレイルブレイザーズはシカゴ・ブルズ相手に100-89と金星をあげた。

先発メンバーのジェラルド・ウォレスとマーカス・キャンビーをトレードに出し、ネイト・マクミラン監督をクビにした翌日にブレイザーズはブルズと3Q接戦を繰り広げ、最終Qに引き離し勝利した。

「マット(マシューズ)にNBAでプレイした中で一番楽しい試合だって話してたんだ」とアルドリッジはコメントした。

第3Q終盤に、ジャマール・クロフォードがブザービーターとなるスリーを沈め、ブレイザーズは79-78と1点差ににじみよった。その後クロフォードはテクニカル・ファウルから得たフリースローを決め同点とした。

更にマシューズがスリーを決めリードを84-79と広げた。アルドリッジの連続得点やマシューズのスリーなどの追加得点で、試合終了残り3:01でスコアを96-87とした。

マクミランの代役として暫定監督に就いたカレブ・カナレス監督はデビュー戦での初勝利となった。現在34歳でNBAでもっとも若い監督だ。

「若いやつが監督になるチャンスを得たらぜひ勝利をあげてやりたいと思うもんだよ」と5歳年上のカート・トーマスは述べた。

ブルズは先日デリック・ローズを欠きながらもヒート相手に勝利をあげたばかりだったが、2試合連続スター抜きでの勝利とはならなかった。

12得点9リバウンドしたジョアキム・ノアは、落ち込んだりはしないと語った。

「そんなことはありえない。弱いチームに負け、トップのチームに買った。それが現実だ。今は痛いかもしれないが、明日またフィラデルフィアとの重要な試合があるからそれの準備をするだけだ」とノアは語った。

ブルズは第4Qに23本中3本しかシュートを決められず、得点も同Qに22-10とやられた。

「しばらくディフェンスがしっかりできていない。チームとして全員がしっかりディフェンスをしないといけないな」とノアはコメントした。

ポートランドは先日ニックス相手に42点差の惨敗を喫したばかりだった。

「今はチームに、組織に、そしてファミリーにとってとても特殊な時期だ。選手達は賞賛に値するうよ。色々起こってる中での貴重な勝利だった。こんな機会を得られてとても光栄に思っているよ」と新監督のカナレスは語った。

ポートランドはレイモンド・フェルトンが16得点、ニコラス・バトゥムが15得点。マシューズが最終Qだけで9得点するなか、ブルズはわずか10得点に終わった。

ブルズはカルロス・ブーザーが22得点14リバウンド、ルオル・デンが19得点だった。

ローズは今シーズン12試合目の欠場となった。

Game Notes

  • トレードで加入したジョニー・フリン、メメット・オカー、ショーン・ウィリアムズ、ハシーム・サビートはプレイしなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.