試合

ブルズ 100-94 ピストンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Chicago Bulls 100 – 94 Detroit Pistons

試合スタッツ(ESPN)

Associated Pressを翻訳

デンの活躍でホークスを圧倒!

Rose tying three

AP Photo/Paul Sancya

オーバーン・ヒルズ-(現地:2012年4月15日) チームは3点差で負けていた。デリック・ローズがボールを敵陣に運んでいた。

タイムアウトはもう無く、シカゴは時間をとめて作戦を練るチャンスはもう無かった。しかし今シーズン怪我に苦しんでいるブルズのスターPGは作戦を練る時間なんていらなかった。ローズはハイスクリーンをドリブルでまわりこみ、試合終了残り6.4秒で同点スリーを沈めた。

「フラーランス(その場で判断した)。ピック・アンド・ロール、トランジションで何が生まれるか、向こうがひいたのでシュートした」とローズはプレイを振り返った。

シカゴは延長戦の末デトロイトに100-94と勝利し、これで同チーム相手に15連勝となった。右足首の怪我にまだ悩まされながらも、ローズは24得点した。試合終盤には、チャーリー・ビラヌエバから受けたファウルで切れた鼻を覆う小さなバンドエイドもしていた。

ピストンズはロドニー・スタッキーが32得点したが、第4Q終盤に重要なフリースローを2本外してしまった。ローズのスリーで試合は86-86の同点となり、延長戦に突入した。

「勝つ為に必要なことは全てやったよ。実際勝つ事以外はね。勝つためのプレイをいくつも決めた。しかしこのリーグでは結果が全てだ。最終的には黒星がついただけだ」とピストンズのローレンス・フランクHCは語った。

ジョアキム・ノアが20得点17リバウンドしたブルズはマイアミ相手に3.5ゲーム差で東カンファレンス首位に立っている。シカゴはリーグトップの46勝14敗だ。西カンファレンス1位のオクラホマ・シティーは2ゲーム差で追いかける。

第4Qのこり1分でシカゴは3点ビハインドだった。残り56.4秒でカルロス・ブーザーがベースラインからのジャンプシュートを決め84-83と1点差まで詰めよった。その後テイショーン・プリンスがドライブを外すがブーザーもインサイドから得点を決められずスコアは変わらず。

残り16.1秒でスタッキーが2本中1本フリースローを決めシカゴはタイムアウトを取る。しかしその後のインバウンドプレイでルオル・デンが5秒バイオレーションを取られてしまいシクサーズボールに。残り14.2秒でスタッキーはまたもや2本中1本しかフリースローを決められず、結果的にローズの同点スリーへとつながってしまう。

スタッキーのフリースローライン近くから放たれた最終ショットは決まらず延長戦に突入した。

Noah rebound

J. Dennis/Einstein/NBAE via Getty Images

「もっと良い試合をしないといけないことはわかっている。しかしシーズン終盤にもなるとどんな勝利でも重要になってくる。デリックがあのスリーを決めた時、うちのチームは生き返って、そのまま延長戦でいつも通りの仕事をすることができた」とノアは述べた。

延長戦では1点差からカイル・コーバーがスリーを決めリードを95-91へと広げた。グレッグ・モンローがその後レイアップを外し、ブルズはそのまま試合終了までリードを保った。

ローズは先日のマイアミ戦で右足首の怪我に悩まされ、13本中1本しかシュートを決められずに終わった。このピストンズ戦では序盤から積極的に攻め、ドライブからのレイアップとジャンプシュートを決め好スタートを切った。

前半ローズとノアがそれぞれ12得点したが、ピストンズはビラヌエバが予想外の活躍。

怪我に悩まされわずか40分しか出場できていなかったビラヌエバは、前半ベンチからの出場ながらも11得点と大暴れ。デトロイトにとってシカゴの堅守に対抗する武器となった。

ブルズはハーフタイムを49-41のリードで迎え、元ピストンズのスター選手リチャード・ハミルトンのスリーで一時は60-46と大きくリードしていた。しかし第3Q終盤からピストンズが良い守備を見せ、シカゴはその後4点しかとれずピストンズは66-64とリードを奪い第4Qを迎えた。

第4Q冒頭もピストンズはとまらず、ビラヌエバのレイアップとデイミエン・ウィルキンズのダンクでリードを6点差にした。しかし、ビラヌエバがローズの顔を激しくファウルしフレイグラント・ファウルを取られてから流れはブルズにかたむいた。

「ボールをめがけていたよ。彼の鼻を当てるつもりなんて全く無かった。彼が何か行って来たから俺も言い返したら、俺がテクニカルをとられたんだ。その場の勢いだよ」とビラヌエバはコメントした。

「怒っていたよ。卑劣なプレイで止められるのはもういい加減うんざりなんだ。ボールすら狙ってなかったんじゃないか彼は」とローズは怒りをあらわにした。

Game Notes

  • 17,450人の観衆の中にはブルズファンも多くいたようで、第3Qにブルズがフリースローを打っているときに「MVP」コールが鳴り響いた。
  • デトロイトが最後にブルズに勝利したのは2008年12月23日。
  • ノアは13本ものオフェンス・リバウンドを奪取。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.