analyze

シーズン総評:ジョアキム・ノア

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Recap Noah

AP Photo/Nam Y. Huh

ポジション:センター|年齢:27|2011-12年棒:1000万ドル

シーズン総評
ノアのシーズンは浮き沈みの激しいものだった。シーズン序盤では、カルロス・ブーザーと共存してプレイすることに手こずり、オフシーズンに新しく結んだ6000万ドルの契約のプレッシャーが多少重荷になったことを認めた。コートでは苛立ちを店、怪我まみれだった昨シーズン以来、自慢の「トルネード」ジャンプシュートを打つのも躊躇気味に見えた。しかし2月当たりからノアのプレイは安定し、オフェンス面での向上が見えた。レギュラー・シーズン最後の2週間からシクサーズとのプレイオフ第3戦に激しく足首を捻挫するまではかなり好調だった。ここ2年間でレギュラー・シーズンを62試合欠場していたノアが、今シーズンわずか2試合しか欠場しなかったことは自身とブルズにとっても好材料となった。

シーズン・ハイライト
ノアのベストゲームは、2月22日に行われたミルウォーキー・バックス戦だろう。13得点13リバウンド10アシストを記録。プレイオフでのプレイも良く、足首を怪我するまでは平均14得点10リバウンドとブルズにとっては重要な選手だった。

シーズン・ローライト
シーズン序盤でのノアの不調は、昨シーズン序盤の活躍が素晴らしかっただけに、見過ごせるものではなかった。しかし今シーズンのローライトは間違いなくシクサーズとの第3戦での怪我だろう。第3Q終盤、速攻を先導するノアは、シクサーズのガード、アンドレ・イグダラの足を踏んでしまい自身の左足首を大きく捻った。その後治療を受けコートに一時戻ったが、痛そうに足をひきずりながらコートをかけまわる姿はブルズファンにとってこの夏忘れられない光景となったことだろう。その後復帰することはなく、第6戦のウォームアップに参加してみるも出場することはなかった。

ノート
シーズン中シボドーは、ブルズファンなら誰もが納得する事を指摘した:ブルズの選手はノアの仕上がり次第でかなり変化する。彼がエネルギー溢れるプレイをすると、他の選手達にも同様に伝染する。しかしそうでないときは、他の選手もフラットになってしまう。特にゲーム序盤にそれが顕著だ。
「彼は冒頭から準備ができていなければならない」とシボドーは4月8日のニューヨーク・ニックスへの敗戦後に語った。
「彼は(チームに)エネルギーをもたらす必要がある。エネルギータイプの選手は、毎試合それを実行しなければならない。彼が溢れんばかりのエネルギーで試合に挑むと、素晴らしいプレイを見せ、それに影響されチーム全体のエネルギーレベルが上がるんだ。しかし彼特有のことではなく、チーム全体に言えることだけどね」とシボドーは語った。

発言
ノア「今年の残念な所は、わからなかったってことだと思う。ライバル視していたチーム達の基準に達することができなかった。ただ個人的には、このチームはどんな相手とでも叩けると信じているよ。シーズン中つらい出来事が多くて、それは不運だったけど、それもこのゲームの一部なんだ。怪我をすることで学ぶこともある。つらい時期から学べることで、良い時期をより良くしてくれるはずだ。」
プレイオフ敗退が決まり今シーズン最後のインタビューより

これから
この夏行われるオリンピックでノアはフランス代表として参加するため、近々ヨーロッパにトレーニングしに行く予定だ。長年夢見てきた経験であるが、なるべく健康体で戻ってこれるよう注意しなければならないことは理解しているようだ。先日の最終インタビューでここ数年悩まされている足首の怪我について語った。
「足首をもっと鍛えなければならない。ここ数年足首の怪我を負いすぎている、もっと強くしなければ」とノアは語った。
ノアは夏の間はトレーナーのアレックス・ペリスとトレーニングを続ける予定だ。デリック・ローズともしかするとルオル・デンを欠く来シーズン、自身がオフェンス面ディフェンス面ともにノア頼みになることを覚悟しているようだ。

最終評価
レギュラー・シーズン:B-|プレイオフ:A

元記事:Bulls player recap: Joakim Noah|By Nick Friedell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.