analyze

シーズン総評:ジョン・ルーカス三世

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
Recap Lucas

Dennis Wierzbicki/US Presswire

ポジション:ポイントガード|年齢:29|2011-12年棒:94万7千ドル

シーズン総評
ルーカスは、シーズン冒頭のほとんどユニフォームを着ることもなくベンチで観戦する選手から、プレイオフで重要な控え選手として多くの出場時間を得る選手へと変貌を遂げた。自分のオフェンス力を信頼し攻めることを躊躇しないブルズの選手の中では珍しいタイプだった。トム・シボドーHCにとってそれは時には良い結果をもたらしたが、その反面彼を苛立たせる要因にもなった。

シーズン・ハイライト
ローズが鼠径部の怪我で欠場した3月14日のマイアミ戦でルーカスはわずか27分間の出場時間で24得点と大暴れ。12本中9本のシュートを決め、ゲーム終盤で貴重なゴールを幾度もあげた。今シーズンいくつか好成績を残す試合をしたルーカスだが、シボドーの信頼を勝ち取りその後のプレイタイムへ大きく影響したのは確実にこの試合だろう。

シーズン・ローライト
対シクサーズの第3-5戦。ルーカスはいつものようにブルズにオフェンスをもたらすことが出来なかった。シュート率も23本中わずか8本で、ターンオーバーも5回犯した。

ノート
ルーカスはそのプロ意識の高さと今シーズンへの姿勢からチームメート内での評価は非常に高かった。プレイしていようがしていまいが、常に前向きな態度を示した。他のチームメート同様、ルーカスはローズが怪我をした際に大きく動揺を見せた。第1戦後、まだ怪我の深刻さを誰も知らない段階ですでにルーカスは涙ぐんでいた。

発言
デン「みんだ大好きだよ。うちらより年上なんだけど、本当に良い奴なんだ。みんな大好きだしみんな彼が成功して欲しいと願っている。いつもベンチから全員を激励してくれ、常にハードワーカーだ。だから彼の出番の時もうちらは全力で彼をサポートして彼のいつもの姿勢を感謝していることを知らせたいんだ」
三月にルーカスについて語ったデンの発言より

これから
ルーカスはとりあえずブルズが来シーズンの契約を提示してくれるか待つしかない。ローズの復帰時期が未定なのと、CJ・ワトソンのオプションを行使するか判断中なのを考慮すると、他チームが契約オファーをするか次第ではあるものの、ルーカスのほうが控えガードとしては安上がりになるかもしれない。その間ルーカスは夏中練習に励み、自分の実力を証明するチャンスを待つことになるだろう。少なくとも今シーズンで、リーグに生き残れるだけの選手であることは証明できたはずだ。

最終評価
レギュラー・シーズン:B-|プレイオフ:C

元記事:Bulls player recap: John Lucas III|By Nick Friedell

1 Comment

  1. BFiJ

    彼の活躍はNYKのジェレミー・リンに次ぐくらいの良い話しだったと思います。
    色んな国のリーグやDリーグなどを経験していたルーカス。
    2009年にはヒートにプレシーズンまで在籍したものの解雇。
    そんなヒート相手に大活躍したのは彼にとっても非常に意味のある試合だったんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.