analyze

シーズン総評:タージ・ギブソン

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

Recap Taj

ポジション:パワーフォワード|年齢:26|2011-12年棒:119万5680ドル

シーズン総評
エネルギー溢れるプレイという意味では、ギブソンはブルズ選手の中ではもっとも一貫したシーズンを送った選手だ。数字だけ見ると昨シーズンとあまり代わり映えしないが、ほとんどの試合で彼は存在感を見せつけた。プレイオフでは特に、ローズとノアをほとんどの試合で欠いたブルズの中でギブソンの存在は非常に大きかった。

シーズン・ハイライト
プレイオフ全体。ギブソンはブルズが必要としていたオフェンスをもたらす時もあれば、シリーズを通して39リバウンドも記録した。ベストゲームはおそらくフィラデルフィアとの第4戦、14得点12リバウンド4ブロックとノアのいない中奮闘した。

シーズン・ローライト
1月下旬に足首を怪我し3試合欠場した。ここ2シーズンでわずか2試合しか欠場していなかったこともあり、3年目のフォワードにとってベンチからの観戦はつらかったようだ。復帰後数試合は苦戦したが、すぐ調子を戻し活躍した。

ノート
シクサーズとの第5戦でギブソンは足首を怪我するが、第6戦に出場し14得点6リバウンドを記録した。彼以上に選手やコーチ陣に愛されている選手を探すのは難しいだろう。ギブソンのハート溢れるプレイはファンの心もがっちり掴んでいる。

発言
ギブソン「チームの為になるなら何でもする。デリックやカイルにボールを回して良いシュートを打ってもらえるならいつでも回すよ。チームにエネルギーをもたらすことが出来るだけでも嬉しいんだ。それが俺の仕事だ。出場して、エネルギーをもたらし、小さなプレイをすることで大きいプレイへとつながえる。コートのどこにでも行く。それが俺の仕事だ。」
3月のニックス戦勝利後のコメントより

これから
ギブソンはUSA代表選抜チームの一員に選ばれた。ロンドン五輪へ向けて練習する代表チームの相手をすることになる。ギブソンにとっては良い経験になり、沢山学ぶことができるだろう。シボドーHCはカルロス・ブーザーが先発で出ることは基本的に変わりないと常々言ってきているが、ギブソンの来シーズンの出場時間は増えるだろうと最近述べた。

最終評価
レギュラー・シーズン:B|プレイオフ:A

元記事:Bulls player recap: Taj Gibson|By Nick Friedell

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.