試合

ジャズ 73-97 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ジャズ 73-97 ブルズ

後半からやっと本来の姿であるべきブルズを見れた気がします。ジャズに圧勝!第2Q途中にTO連発でおいおいまたか。。と思わせる時間帯がありましたが、シボドーにこってりしぼられたのか、後半はTOもほとんどなく相手を圧倒。

今日のスターは間違いなくデンさん!19点11リバウンド9アシスト5スティールとあわやトリプルダブル達成というオールラウンドな活躍でした。第4Q中盤にデンさんを下げる前にナジーが2回ほどデンさんのアシストを完成させるチャンスがありましたが、どちらもミスしてしまいました(苦笑)。

ノアや、こないだのペイサーズ戦で不調だったブーザーもしっかりと得点とリバウンドで貢献。タージもごりごりインサイドを攻めて相手を困らせていましたね。とてもバランスのとれたオフェンスでした。

第2Qの大崩れは、相手がジャズではなくヒートやペイサーズだったら一気に逆転されて点差をつけられていたと思います。なんとなく思ったのが、ローズがいる時といない時でオフェンスのペースが違うんですよね。これはうまく使えばとても良い事なのですが、今はそれに自分たちが振り回されている印象。ローズがベンチに下がって、じっくりとパス回しをしながら組み立てるオフェンスになるのですが、ローズがベンチから戻ってくるとまた走り始めます。その切り替えがうまくいっていなくて、パスミスからTO連発という印象でした。

解決できない問題ではないと思うのでこういった試合でどんどん調整していってもらいたいですね。

次はホームで対キャブス!ローズvsアーヴィングがやっと見られます。楽しみです。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Utah Jazz (0-6) 18 22 16 17 73
Chicago Bulls (2-3) 30 21 27 19 97
Game Stats

以下AP記事翻訳

ジャズ 73-97 ブルズ

AP Photo/Kamil Krzaczynski

CHICAGO – シカゴ・ブルズはルオル・デンに自身初トリプルダブルを取らせようとしたが、達成する事はできなかった。

しかしそれでもブルズは難なく勝利した。

デンが19得点11リバウンド9アシスト5スティールと活躍したシカゴはユタに97-73で勝利し連敗を2で止め、ジャズに初勝利を与えなかった。

ブルズはカルロス・ブーザーが18得点、ジョアキム・ノアが14得点、デリック・ローズが12得点した。

ローズ「(デンのトリプルダブルを達成するのに)5回くらいチャンスがあったんだけどうまくいかなかった。ティブス(トム・シボドーHC)が彼をベンチに下げた時ファンは残念がっていたけど、それでも彼のパフォーマンスはとても誇らしいよ。」

ブルズはペイント内での得点を56-22とユタを圧倒。試合を通してのシュート率ではユタの29.8%に対して52.8%と圧倒しこれで対ジャズ6連勝。

シボドーHC「とても利他的なプレイが多く、全員がエクストラパスを出していた。スクリーンもだいぶ良くなっていたし、空いている選手を探し、フロアをしっかり走り、ディフェンスもしっかりとこなした。勝つにはそれが必要なんだ。」

ジャズ(0勝6敗)はニューオリンズで1974-75年にNBAデビューし開幕から11連敗して以来の悪スタート。

タイロン・コービンHC「自分たちがかわいそうだなんて思わない様にしなければならない。とにかく戦い続けなければいけない。今はてこずっている。とても悪い状況にいる。相手は守備がとても良いチームだ。我々も29%しか打てず相手を良く見せることに貢献してしまった。」

シカゴは第2Q残り8:10の時点で38-22と前半最大のリードを作ってから二度と振り返る事は無かった。試合残り8:39でこの日最大のリードとなる89-60とした。

決着がついた段階で、シボドーHCは控えに出場時間を与えブルズ先発の内4名(ローズ、ブーザー、ノア、ジミー・バトラー)が28分以内の出場時間に終わった。

ジャズはゴードン・ヘイワードが15得点、デリック・フェイバーズとアレック・バークスがそれぞれ10得点、ルディー・ゴベアーが12リバウンドした。

ヘイワード「(我々は)苛立っている、苛立っている。なんとか仕事をしっかりする術を見つけ出さないといけない。なんとかこのとてもつらい状況を脱さないといけない。得点する事ができないと守備での負荷がどんどん高まってしまう。」

シカゴは開始からローズの5得点で7-2と好スタートを切ったが、ジャズが9-7へと追い上げた。しかしそれがこの試合で唯一切迫した時だった。

そこからシカゴは21-11のランで第1Qを30-18と大きくリード。

第1Qにブルズのシュート率72.2%(18本中13本)に対し、ジャズは33.3%(21本中7本)。

シボドーHC「第1Qはとても素晴らしく、この試合の雰囲気を決めた。先発陣がうまく連携出来るように動いてくれ、それがとてもプラスに働いた。」

ユタはそれ行こう8点差以内に入る事が出来ず、前半はシュート率27.7%(47本中13本)に終わった。シカゴは前半に60.6%(33本中20本)決め、ハーフタイムを51-40のリードで迎えた。

ジャズにとって後半も事態は好転しなかった。試合前に、コービンHCはこの若いチームにとって疲労が問題になっていると述べていたが、この日も最後の2Qでそれが見え隠れした。

勝利はしたものの、シボドーHCは完全に満足はしていなかった。特にターンオーバーが酷かった。シカゴは21ターンオーバーを犯し、そこからユタに13得点与えてしまった。

シボドーHC「まだまだ答えを出さないといけない問題が沢山ある。1試合で全てが解決するという訳ではない。自分たちをしっかりと見つめ直し、必要な修正をしていかなければならない。」

ローズ「今はとにかくシワにアイロンをかけている状態だ。これは良いチームだと信じているよ。」

Game Notes

  • 試合前にシボドーは古い友人であるシャーロット・ボブキャッツのスティーブ・クリフォードHCの事を気にかけていた。先日胸の痛みを訴えていたクリフォードはこの日心臓に2本のステント(管状の医療機器)を挿入する手術を受けていた。
    シボドー「メールのやり取りをしていたんだ。幸い状態は良くなって来ているようだよ。とても良い友人なんだ。長い間一緒に仕事してきた。とても気にしているよ。」
    ボブキャッツはこの日アシスタント・コーチのパトリック・ユーイングが代理でニックス戦の指揮を取った。
  • シカゴのデポール大で活躍したコービンHCは、自身のチームの不調を辛抱強く受け止めている。
    コービンHC「勝利には一連の作業が必要なんだ。何人かの選手には状況によってもっと求めているし、多くの連戦が続いている。疲労が結構たてこみ始めているようだ。」

10 Comments

  1. まもる

    そういやローズの首にしてたテーピングなくなってますね。
    あれってなんか効果あったんです?

    • BFiJ

      まもるさんコメントありがとう ございます。
      あれはキネジオテープと言って、痛みなどの治療を助ける効果があるんですが、こないだ何故かリーグからローズに使用禁止が出ました。
      そしてまた後日リーグが思い直したのかやっぱり良いよって事になったそうです。

  2. pip

    初コメ。やはりブルズにはローズが必要だ!と言ってもローズだけじゃ話にならないんだけどね…
    もちろんブルズを昔から応援してます。
    ブルズ愛してます。ローズ愛してます。
    ローズがブルズにきたときは奇跡だと感じました。今年はいけると思います。

    まだローズに合わせられない感が周りに感じます。しかしブルズはローズだけのチームじゃないのでこれから色んな面で+−が出ると思います。
    はっきり言ってデンが本当に縁の下の力持ちと言うかあの人無しじゃ優勝はきついと思います。

    カルロスはこの勢いでオールスターに初出場してほしいものですね。前から中々ヒート相手だとやられる感が強いし。ノアもアシストに逃げないでゴール下なら勝負してへしいし…今年は優勝してうまい酒を飲ましてくれ!キブソンやカークにも頑張ってほしいものです。しかしカーク様スリー最近きまらんな。これから修正してくれ!
    今年はブルズ優勝するぞ!

    • BFiJ

      pipさん、コメントありがとうございます。
      熱いブルズ愛、しかと感じさせていただきました!
      チームとしてはまだがっちりはまってない感じが非常にありますが、はまり始めるとかなりいけるんじゃないかと個人的には思っています。勢いに乗り始めて、パスが回ってるときは本当に素晴らしいプレイが続くので、あれをもっとコンスタントに出せるようにどんどん修正していってもらいたいですね。
      優勝しましょう!

  3. 相変わらずスタートはものすごく良いんですよね。
    この試合は立て直せたから良いですが、2Qみたいなのを無くして欲しいですね。
    圧勝していたのに、課題が山積みなせいで浮かれていられませんでした^^;
    それでも、格下のジャズにしっかり勝てたのは大きいですね。
    次はアービングとの対決ですね。
    手ごわい相手ですが、きっちり勝っておきたいですね。

    • BFiJ

      Rockさん、コメントありがとうございます。
      2Qはほんと酷かったですね。ああいった空回りを無くしていってもらいたい。
      まあでもあそこまでやれば本人達もさすがにわかっていると思うので、しっかりとやってくれると信じております。
      次のキャブス戦しっかり勝っておきたいです。

  4. BJA

    デンさんの活躍は凄かったですね
    始めのノアに出したパスとかお手本の様でした
    しかし、チームを全体的に見るとまだボールが手についていない感があり
    イージーなTOを連発し、ティボドーの頭を禿げ上がらせてましたね
    でも所々でブルズらしいプレイが出来ていたので、TOを減らしていけば
    安定して勝ち進んでいけると思います!

    次も勝って連勝だ!

    • BFiJ

      BJAさん、コメントありがとうございます。
      シボドーの禿はもともt(ry
      どうしてもイージーミス連発が続いているので、その辺のケアをもう少ししっかりとやってもらいたいです。手を抜いてるというよりも、頑張ろうとしすぎた結果から回ってTOという印象なので修正できないものでは無いと思います。

      連勝しましょう!

  5. cdc

    ローズ「今はとにかくシワにアイロンをかけている状態だ」…史上初家庭的MVP現る。

    • BFiJ

      cdcさん、コメントありがとうございます。
      英語だとよく使う表現なんだけど、日本語にした途端なんか残念な感じにw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.