ニュース

デリック・ローズ右膝半月板断裂、手術へ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

デリック・ローズ右膝半月板断裂、手術へ

昨日のポートランド戦第3Q途中で右膝を負傷し退場したローズ。詳細は現地土曜のMRIの結果待ちだったのですが、右膝半月板の断裂で手術が必要という悲しい結果になりました。

ローズがどれだけ今シーズンのために色々と犠牲にして打ち込んで来たかをずっと追っていただけに非常にショックです。

今はまだ復帰時期等も明確ではなく、ただ手術とリハビリを見守る事しか出来ません。デンさんの去就にも影響してくるかもしれません。もうダメだと諦める人も沢山いると思いますが、こういう時こそファンも結束を固め、ローズへのサポートを本人にも伝わるくらい見せたいと思います。昨シーズンもファンの声がかなりの支えになったと語っていました。

来日時には本人と「毎試合見るよ!応援してるよ!」「絶対だぞ。強くあれ(Be strong)」という会話を別れ際にしました。もちろん今もその気持ちは変わりません。

Be strong.

追記:
半月板を切除するなら1-2 2-4週間で復帰、ただし今後に影響あり(例:ドウェイン・ウェイド)。 つなげて治すのであれば今シーズン残り全休になるだろうと言われています。ローズの年齢を考えると後者な気もしますが、個人差もあると思うので手術の際に医師と話し合って決める形になるかと。

追記2:
ローズの手術は現地月曜に行われるようです。手術を行うのはACLの手術もおこなったブライアン・コール医師。

以下AP記事翻訳

CHICAGO – シカゴ・ブルズのスーパースターポイントガード、デリック・ローズが右膝の軟骨団列で手術を必要とするとチームが現地土曜に発表した。

元MVPは内側半月板を断裂。復帰時期は今の所はっきりとはしていない。

ローズは昨日ポートランドで負傷したのを受け、ロサンゼルスでMRI検査を受けていた。

3度オールスターにも出場しているローズは、昨シーズンを左膝の前十字靭帯の手術で全休していた。今度は逆の足だ。

怪我はブレイザーズ戦の第3Q途中に起こった。

ローズはジョアキム・ノアからのパスをニコラス・バトゥムがスティールした際に守備に戻るために方向転換した際に足場を崩した。ローズは足をひきずりながらコートを横切り、膝に力をいれらない様子だった。ブレイザーズが得点した後に、タイムアウトと共にベンチに下がった。

接触のあるプレイではなかったようだが、ローズが戻る事は無く、その後松葉杖をついていた。ローズはブルズのアウェイ6連戦の残りの4試合には帯同しない。

44 Comments

  1. ブルズマン

    私は何を生きがいに生きればいいんでしょうか…
    残念すぎる…

    • BFiJ

      ブルズマンさん、コメントありがとうございます。
      つらいですよね。とてもわかります、とても残念です。
      今はただブルズを引き続き応援し、ローズをサポートし続けようと思います。

  2. tsukiyomichi

    ローズ@六本木の時に少しやりとりさせていただいてた者です。こちらでもよろしくお願いいたします!
    このニュースはショックですね…。今回も接触ではないのですね。う~ん…。無事手術が成功して、またプレイが見られるまで、応援します!

    • BFiJ

      tsukiyomichiさん、コメントありがとうございます。
      六本木でお会いしているんですね!書き込みありがとるございます!
      ブルズファンにとってはとてもショッキングなニュースとなってしまいました。
      また彼が最善の形でプレイできるよう応援しましょう!

  3. ローズファン

    復帰直後の怪我で悲しいですが1番悲しいのはローズだと思います。
    ファンとしては悲観的にならず前を見て応援するしかないと思います。
    僕はローズを、ブルズを信じています。
    Be strong

    • BFiJ

      ローズファンさん、コメントありがとうございます。
      ファンはもちろんつらいですが、本人が一番つらいですよね。
      同じく、ファンとしては前向きな姿勢を彼に見せていくことが大事だと思います。
      信じましょう。
      Be strong

  4. 今は我慢の時ですね。
    不幸中の幸いと言いますか、逆の膝だったということは、
    左膝が万全だったことには変わりないですよね。
    左膝を庇った結果なのかもしれないですが。
    両方治して万全にしてもらいたいですね。
    後のことはなるようにしかなりませんが、
    今はチームの皆とローズを応援します。

    • BFiJ

      Rockさん、コメントありがとうございます。
      逆足を庇った結果なのか、がむしゃらにプレイした結果なのかはわかりませんがそういう事になりましたね。
      今はただ彼がまたベストの状態で戻って来れるよう応援し、見守るしかないですね。

  5. ポラリス

    ちょっと辛抱の時間が続きますね。
    おっしゃる通り、ファンは結束して信じて待ちましょう。

    • BFiJ

      ポラリスさん、コメントありがとうございます。
      辛抱の時間続きますね。でも彼やブルズのためならいくらでも待ちます。
      ファンが見捨ててしまっては元も子もないので、信じて待ちましょう。

  6. アイク

    今朝、『手術必要』とか『無期限の欠場』等の記事を読んだ時、復帰記者会の時のローズが頭に浮かび上がりました。
    涙しながらファンへ、そして家族や仲間、神等へ深い感謝の気持ちをマイク握りしめて伝えてました。

    この状況はあまりにも酷いですね。
    ローズが可哀そう。
    言葉通り、血のにじむような努力とリハビリをやってきたのに…。残念でしかたないです。

    でも、前回の左膝と比べれば全然良いみたいですし、インタビューされてた医者とかの話を聞いてると、決してcareer ending ってわけでもないようなので、ちょっとだけ安心しました。
    そうなると、心配なのはメンタルの部分ですね。

    私はローズを信じてます。
    絶対にまた強くなって帰ってくることを。
    そして、ブルズのチーム力も信じてます。
    プレイオフが始まれば、いやいや、ローズがいなくても十分に戦えるでしょう。困難でしょうし、マイアミやペイサーズにシリーズ勝ち出来る可能性はゼロに近いかもしれません。
    でも、ブルズは1.6%の可能性でローズのドラフト権を手に入れたんですから、試合の勝敗だってこの強運で、そしてノアやブーザー、デンやカークやジミー、ジボドーの参謀力で何とかなるかもしれまん。

    Go Bulls.

    • BFiJ

      アイクさん、コメントありがとうございます。
      ローズの生い立ちや、積んで来た努力等を考えると本当につらいですよね。
      思わず朝アメリカにいる友人に「There is no hoop god」というメールを打ってしまいましたが、本当にそういう気持ちでした。

      しかしおっしゃる通り、最悪の事態は前十字靭帯の断裂だったのでそれでは無かっただけでも良かったのかもしれません。

      これまでも様々の逆境を乗り越えてきたブルズです。今回もチーム、ファン共々乗り越えていきましょう!

      Go Bulls!

  7. デリックロズ男ブルジャバー3世

    あーあ・・・w ほらw 私、一ファンですけど、これはもう無理ですわ。
    復帰したときに「もうローズは終わったと周囲からは言われたさ」とか語り再起にかける姿が今にも目には浮かびはしますが、怪我ってほんとにどうしようもないですからね。
    同じく膝やっちゃったINDのウェストとは違うんですよねー役割というか動きが。
    ウェストもインサイドの激しい修羅場でぶつかりあったりしてますけど、ローズってガード。
    今はスコアリングGが主流でローズ並みの選手はいっぱいいるわけです。人よりも飛んだり跳ねたりですよね。しかも全速力、フルパワーであるからこそ怖いわけじゃないですか。
    そのローズが両膝に爆弾かかえちゃったらもうダメじゃないですかね。
    あ、ダメっていっても、エリック・スノウみたいにはなれますよ? 地味だけど守備とかパス回しで
    チームを支える感じの。
    でも、MVPローズではなくなりましたよねw 笑ってるけどコレ笑えないですけどね。
    とりあえずブルズ王朝もどきはこれで終了しました。デンさんだけじゃない、チームメイトも勝ちたいでしょう。デンさんはいい条件求めて出て行きますよ。勝てるチームに。
    ブーザーは潮時。ノアやハインリックも酷使されればもたないでしょう。
    ジミーは明るい話題ですけど、いつ本当に復帰できるかわからないローズを支えるのはあまりにも
    負担が大きいですよね。
    3~4,5年かけて再建。もういっかい、ドラフトからやりなおしだ。

    • BFiJ

      デリックロズ男ブルジャバー3世さん、コメントありがとうございます。
      しつこいようですが、デリックロズ男さんほど悲観的に僕はなれません。
      アンチには笑われるのかもしれませんが、諦めずに引き続き僕は応援し続けます。
      ファンが今後出来る事は前向きに、ポジティブな姿勢をローズに、ブルズに見せサポートしていくことだと真剣に思っています。

  8. ('-'*)

    そんなに難しいケガではないと思うし,今シーズン中に復帰できると思います!
    自分も同じケガで,半月板の2/3を切除しましたが2週間で復帰できました,
    ケガした際の骨挫傷や捻挫がひどくないことを祈ります‥;Д;

    • BFiJ

      (‘-‘*)さん、コメントありがとうございます。
      危惧していた前十字靭帯でなかったのがせめてもの救いですね。
      (‘-‘*)さんも同じ怪我を経験されているのですね。痛さやつらさなどは経験していない僕よりもはるかに理解していると思います。
      個人差があると思いますので復帰時期がいつになりかはわかりませんが、(‘-‘*)さんのような声がきっと本人の励みになるのだと思います。

  9. デリックロズ男ブルジャバー3世

    >そんなに難しいケガではないと思うし,今シーズン中に復帰できる

    ローズの怪我は世界トップレベルのプロの話。そこらの一般ピープルが怪我して数週間で復帰できた!、ローズなら大丈夫!って話にはならないから。
    数字に残らないプレーだけでなく本当にスタッツからチームの成績から何から数字、結果が求められる
    世界に置いて、バスケットという膝をもろに使うスポーツで選手が膝やっちゃったらどんな軽くても致命傷なんすわ。

    管理人さんもいってるでしょ?
    >半月板を切除するなら1-2週間で復帰、ただし今後に影響あり(例:ドウェイン・ウェイド)

    仮にそうだとしてもウェイドですら(手術の影響か年齢の影響かは定かではないが)衰えるわけですよ。怪我以降はどうも膝に爆弾を抱えて痛々しい感じでプレーしてる。たまに爆発するけど。

    復帰できるだなんて甘いもんじゃないと思うけどね。

    • BFiJ

      デリックロズ男ブルジャバー3世さん、度々コメントありがとうございます。
      NBA選手とそうでない人の怪我を比べるなというのは正論なのかもしれませんが、シーズン中の復帰を願いたいという希望を込めてのコメントでもあったと思うので頭ごなしに否定する必要はないかと思います。

      すぐに復帰するのは甘い事なんてみんなわかっています。それでも応援したいという気持ちはみんな一緒です。

  10. al

    私は、ブルズが大好き。ローズが大好き。
    だから、どんな状況でも応援し続けます!

    • BFiJ

      alさん、コメントありがとうございます。
      ブルズが大好き、ローズが大好きという人がコメントを残してくれた事がとても嬉しいです。応援し続けましょうね!

  11. まもる

    万全を期して挑んだ結果・・本人も悔しいでしょうね・・
    一度大きな怪我をして復活されたティムハーダウェイに指南を乞うってのもありかもしれませんね。

    • BFiJ

      まもるさん、コメントありがとうございます。
      本人が一番悔しいと思います。
      おっしゃる通り大きな怪我から復帰した選手も確実にいるので、希望を捨てずに復活を信じましょう。

  12. 昨日この事を知って愕然とした。 マジで凹む・・・
    ただ医学の進歩は凄まじく、半月板の再生医療が現在はあるから
    ローズが受けるかまでは分からないけれど・・・
    どのスポーツでも1回膝のケガをすると不思議と連鎖的にケガをする選手が多い
    NFLのエイドリアン・ピーターソンみたいのは例外中の例外。
    スピード・スターは関節のケガが特に多い、ローズが復帰した今季も見ていて
    ずっと怖かった。 愛するブルズも心配だし、ローズも可哀想でたまらない・・・

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      やはり怪我はスポーツにつきものですね。それ共に医療も発達し選手の体のケアも変わって来ています。ずっと付き合っていくものなのだと思います。
      ローズはACLの手術後もプレイスタイルを変えずにプレイする事を選びました。それはやはりブルズのため、ファンのために最高のプレイをみせてシカゴにトロフィーをもたらしたいという気持ちからなのだと思います。きっとその気持ちは今でもかわらないと思います。
      そんな中で僕の出来る事は彼を信じて応援し続けることなんだと思っています。

  13. tbb

    あれだけ血の滲むようなリハビリをしてきたローズ
    彼には厳しいかもしれないけど、今は我慢の時期だと思います!
    彼なら怪我を乗り越えてまたMVPデリックローズを見せてくれると信じてます。
    そしてブルズに優勝をもたらす偉大な男だと今でも信じてます!
    がんばってくれ!!!ローズ!!!

    • BFiJ

      tbbさん、コメントありがとうございます。
      つらいリハビリや非難を浴びながらの昨シーズンからのこれで、本当に本人はつらいと思います。それでもきっと彼ならそこを乗り越えてまた活躍してくれるんだと信じています。
      がんばれローズ!

  14. トモ

    あぁ、残念なニュースだなあ。
    私は彼がこの先、パフォーマンスが衰え、もしジャーニーマンとなっても・・・、ずうーーっと応援するでしょうね。彼が好きなんで。
    どうかゆっくり休んで、復帰してくださいな。

    • BFiJ

      トモさん、コメントありがとうございます。
      とても残念なニュースですよね。
      僕も今後もずーっとローズの事を応援し続けます。

  15. 銀座カリー

    彼のプレーに何度も勇気をもらったのでつらいです。これからも彼を応援し続けます!

    • BFiJ

      銀座カリーさん、コメントありがとうございます。
      彼に勇気づけられたファンは多いですよね。
      また復帰して多くのファンを魅了してもらいたいです。

  16. にゃんこ

    本当に愕然として、どうしたらいいのか分からなくなるほどショックでした。
    AppleTVの機嫌が悪くて、その日は試合を観ることが出来ず、次の日に試合を観る事に…。
    そして試合を観る前にローズの怪我を知りました。
    神様は時に意地悪をしますね。
    彼がどんな思いでこの1年半を過ごしてきたんだろうと考えると、辛くて悔しいです。
    悲しくて悲しくて明日から何を支えに頑張ればいいんだろうと思ってました。

    でも、今朝このサイトの皆さんのコメントを読んで、彼を信じて復帰を待つ事が1人のファンとして出来る事だと分かりました。
    ローズはきっと乗り越えてくれますよね。
    そして素晴らしいチームメイトも彼を支えてくれますよね。

    Be strong!!

    • BFiJ

      にゃんこさん、コメントありがとうございます。
      僕も同じく愕然としました。
      その分、このサイトにコメントしてくれている皆さんが彼を信じようというスタンスが多いのがとても嬉しかったです。この気持ちが彼にも届くといいですね。
      Be strong!

  17. ひでざいる

    真面目で、優しい青年に神はなんて試練を与えるんだ…。しばらくはブルズの試合を見るのが辛いから見ないと思いますが、これらを乗り越えて優勝した時はきっとレブロンがマイアミで優勝した時よりも感動ものだと思います。

    心の底でブルズを応援します!!

    • BFiJ

      ひでざいるさん、コメントありがとうございます。
      本当に過酷な過酷な道ですよね。
      しかし過酷な道ほど乗り越えたときの喜びは凄まじいと思います。
      ともに心の底から応援しましょう!

  18. ゆーまパパ

    初めてコメントさせて頂きます。
    私もローズと同じ時期に膝のケガをして今だ完治しておりません。しかし、ローズの努力している姿を見て、必ず復帰することを目指し頑張っております。

    今回の怪我もどうパフォーマンスに影響が出るか分かりませんが、諦めずに頑張ってほしいです。
    それが同じ怪我をした人たちへの勇気になるはずです!

    だから、またコートに立てる日まで応援し続けましょう!!

    • BFiJ

      ゆーまパパさん、コメントありがとうございます。
      はじめまして!同じ怪我をされているんですね。なおさら彼の苦しみがわかりますよね。
      同じく諦めずに頑張ってほしいです。彼のプレイは多くの人達に勇気を与えるものだと思っています。今後もきっとそうだと思います。
      ゆーまパパさんもリハビリ頑張ってくださいね!

  19. longyi

    ショックですね。
    神に愛されていないローズ。
    でも、ファンは復帰するまでいつまでも待っていたいです。
    そして、ブルズには昨年のようにチーム一丸となって戦う姿を期待したいです。

    • BFiJ

      longyiさん、コメントありがとうございます。
      とてもショックですね。
      しかしそれでも戦うのがブルズだって事をここ数年見せつけられています。チームメイトもシボドーもそのつもりだと思います!

  20. kaiman

    これでドアマットチームに逆戻りですかね・・・

    皆さんには釈迦に説法ですがローズのプレイスタイルじゃもう元には戻れませんし、またリハビリで来シーズンも全休?・・・とか考えると悲しくなりますね

    チーム一丸になって勝ち上がってく!と言ってもロビンソンもいないし現実的じゃないですし

    かと言って、諦めても次はないんじゃないかとも思えますけど、また強いチームにするには、次のドラフトにかけるしかないんですかね・・・

    • BFiJ

      kaimanさん、コメントありがとうございます。
      いきなりドアマットに転落ってことはないと思いますよ。
      どんな状況でも戦うんだという精神がこのチームには詰まっていると思います。
      元のプレイスタイルに戻れないという確証もありません。同じ怪我から復帰を果たしている前例もありますからね。リハビリで来シーズン全休はないと思います。今の所の報道を読む限りでは長くて今シーズンと言われています。手術してみないとわかりませんが。

  21. 黒田

    昔話をしても何もならないってのはわかっていますが、ローズの怪我を見ているとMJがどれだけ凄かったのかってのがわかりますね。
    あれだけのドライブをしていて、欠場が少ないっていうのは若いうちからしっかり体を作っていたんだろうという事ですかね。

    ローズはまだ若い。一から肉体改造して怪我に強い体を作ってから、来シーズン復活して欲しいなと思います。

    • BFiJ

      黒田さん、コメントありがとうございます。
      ジョーダンは本当にタフでしたよね。どんな消化試合でも自分を見に来るファンがいる限りは出場するというスタンスも大好きでした。

      しかしジョーダンも若い頃、正確には22歳でリーグ2年目の時に足を骨折して長期離脱(64試合)しています。夏にローズとともにBJが来日した時にその事に触れ、
      「マイケルのキャリアにとって最も良かった事は一度骨折して長期離脱したことだ。あれで自分の体をどのように使うべきか、使うべきではないのかを学ぶ事ができたんだ。」と語っていました。

      ローズもまだまだ若い選手で将来のある選手です。同様に今回の怪我から学べる事が沢山あると思いますので、力強い復活ができるよう見守りたいと思います。

  22. ryo

    ローズがシカゴにチャンピオンシップを
    取り戻す日がはやく見たくてしょうがないです。
    ローズの言葉を聞いていると彼には間違いなく勝者のメンタリティがあると思います。
    90年代の栄光を再びもたらすことができるのは、ローズ以外には誰もいないでしょう。

    • BFiJ

      ryoさん、コメントありがとうございます。
      是非ローズ率いいるブルズがシカゴの街にチャンピオンチップトロフィーを持ち帰ってきてくれるのを見たいですね。彼を始めとした、ブルズの面々の勝利へのひたむきは本当に大好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.