試合

ナゲッツ 89-117 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズ 89-117 ナゲッツ

完勝!試合は終止ブルズが主導権を握っていましたね。シーズンハイとなる117得点で、ベンチから65点という素晴らしいチーム力を見せてくれました。ハイスコアながらも相手を平均失点以下の89点に抑えたのもナイス!

ジミーが第1Q終盤に肋骨に肘を受け負傷退場、診断の結果肋骨挫傷とのことです。調子上げて来ていたので長期離脱にならないことを祈ります。逆に良い休みになればいいけど。

そしてジミーの代わりに出場したスネルがスパーク!4本中3本のスリーを決める20得点の大活躍でした。オーガスティンも相変わらずシュートが当たりまくりで5本のスリーを含む22得点。他にはブーザー、ノア、ダンリービー、カーク、タージがそれぞれ二桁得点というバランスっぷり。

ブルズにしては珍しくブロウアウトだったので第4Q終わりにはエリック・マーフィー、シェンゲリア、新加入のヴァーナードも見られましたね。

これでブルズは今シーズン3度目となる5連勝!次はマイアミでヒートとの試合です。さーどうせだからこれも勝って今シーズン最長の6連勝といきましょう!

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Denver Nuggets (25-29) 19 27 23 20 89
Chicago Bulls (29-25) 32 37 25 23 117
Game Stats

以下AP記事翻訳

ジミー・バトラー

AP Photo/Charles Rex Arbogast

CHICAGO – この試合はジミー・バトラーが自身唯一のスリーを決め20点差にした辺りで終了していた。

シカゴ・ブルズがまたもやスタートダッシュを仕掛け、1年目ヘッドコーチのブライアン・ショー率いるデンバー・ナゲッツに大勝した。

D.J.オーガスティンが22得点8アシストしたブルズはナゲッツに117-89で勝利しこれで5連勝。

トム・シボドーHC「とても良いバランスがとれていたと思う。攻守共に堅実なプレイが出来た。」

ルーキーのトニー・スネルがキャリアハイとなる20得点でブルズは7選手が二桁得点。タージ・ギブソンが15得点10リバウンド、ジョアキム・ノアは14得点11リバウンド5アシストだった。

ここ7試合で6敗しているデンバーはランディ・フォイが23得点。ナゲッツでのデビューとなったアーロン・ブルックスは28分の出場で11本中7本のシュートを決め17得点。第3Qにはノアともみ合いになりテクニカルファウルを取られるシーンもあった。

ブルックス「終盤にいくにつれ自信が付いていった。チームはまだちょっと錆び付いている感じがわかったけど、全員でなんとか出来ると思うよ。」

デンバーは木曜日にブルックスとフォワードのヤン・ヴェスリーをトレードで獲得。213cmの長身ヴェスリーは16分の出場で5得点5リバウンドした。

新加入選手の活躍には満足していたショーHCは、残りの選手達のパフォーマンスには納得していない様子だった。

ショーHC「何人かの選手が今日はちゃんとプレイせず特に努力もしないと決めていたようだった。残念だ。この試合は全国放送で我々はプロフェッショナルだ。現在我々の選手達にスタッフとして頼むから頑張ってプレイしてくれと頼まないといけない状況だ。」

ブルズはシュート率50%でリバウンド戦でも50-40と勝利。1月1日から17勝7敗と好調だ。シカゴは23点リードでハーフタイムを迎え、第3Q終盤に16-5のランで勝利を決定的にした。

マイク・ダンリービー、カルロス・ブーザー、カーク・ハインリックがそれぞれ10得点したシカゴは、現地日曜に行われるマイアミ戦で今シーズン最長となる6連勝を狙う。

ギブソン「我々は今とても高いレベルでプレイできていると感じている。ディフェンスが凄いと思うよ。」

トレードや数々の怪我の影響で人手不足なデンバーは、先日のミルウォーキーへの101-90の勝利でわずか8選手しか起用しなかった。ブルックスとヴェスリーはこの日シカゴとプレイするのに間に合ったが、ブルズは序盤からナゲッツを攻め込んだ。

ショーHC「昨夜ミルウォーキー相手にはでかい悪いオオカミのような態度を取っていたのに、今夜ブルズとの全国放送される試合では尻尾を隠して隠れてしまった。」

シカゴは13-2と8-0のランで第1Q残り1分でバトラーがスリーを決め32-12と大きくリード。ブルックスがそこから7連続得点したが、ブルズは第1Qを32-19のリードで終えた。

STATSによると、現在好調なブルズはここ7試合で第1Qを平均29.9-18.3で相手をリードしている。

この試合唯一の懸念は第1Qに肋骨を挫傷したバトラーの健康状態となったシボドーHCによるとバトラーはその日判断で、土曜にチームとマイアミに帯同する可能性を示唆した。

シボドーHC「肋骨だからね、明日彼が起きた時の様子を伺ってみないと駄目だ。」

第2Qも変わらずブルズペースだった。スネルが5本中4本のシュートを決め10得点し、ブルズは69-46でハーフタイムを迎えた。1ハーフで69得点はブルズにとってシーズン記録で、デンバーにとっても1ハーフでの失点シーズン記録となってしまった。

第2Qにナゲッツのダレル・アーサーが腰の痛みで下がり、その後試合に戻る事はなかった。チームの発表によると以前の怪我の再発とのことだ。

ショーHC「鼠径部、臀部エリアの怪我だ。試合から出て来た時に臀部が気になると言っていた。以前の怪我と全く同じものかはわからないけど、その辺ではある。」

Game Notes

  • ショーはPGのタイ・ローソン(左肋骨の骨折)は練習で特定の動きをするとまだ少し痛みを感じると話した。
    ショーHC「まだ復帰が近いのかそうでもないのかわからない。よくはなってきていると話していた。」
    ローソンはデンバーのここ5試合を欠場している。
  • ブルズにとって今シーズン1ハーフでの得点は11月2日のフィラデルフィアへの107-104の敗戦で記録した64が一番高かった。
  • ナゲッツのフォワード、ケネス・ファリードは第3Q残り3:42でスネルへのハードファルでフレイグラント1を取られた。その後軽いもみ合いになりノアとブルックスがそれぞれテクニカルファウルを取られた。

19 Comments

  1. 先ずはジミーのケガが軽傷である事を祈りつつ。
    こんなにもハマるゲームがあるんですな~ もう無敵のチームと錯覚してしまいそう(笑)
    ブルズ・ファンなら多分誰でも思うであろう、この鉄壁のDFに得点力が加わったらと。
    観られましたね~ 気分爽快ですね~ 最高の休日を送れますね~!

    最近、地味に感動しているのがダンリービーJrです。
    彼自身、自分はシューターであるという自負が絶対にあるはずのベテラン選手なのに
    シュート%が落ちても長時間、献身的なDFとチームプレーに徹する姿はかなり
    グッと来てしまいますね。 特に今日みたいなゲーム展開でも常にハードマークと
    スティールを狙い続けながら要所でロング、ミドルのシュートを決める事が出来る
    ダンリービーJrは間違いなく頼りなる存在だなと言えると思います。

    そして我等が守護神ノアは今日も、スネルへのフレグラントに対して真っ先に
    助けに飛んできて仲間想いの姿を魅せてくれる。
    ブルズ・ファンが求めるものを今日は全部見せてくれたゲームだと思います!

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      いやーはまってましたねー。いつものディフェンスに得点力も加わって最高でした。いつもこれが出来ると錯覚してしまうとあぶないですがw

      ダンリービーいいですよね。シューターとしてのイメージが強いのでシュート入ってるか入ってないかで判断されがちですが、テイクチャージやパスやリバウンドなんかで常に貢献してくれているタイプの選手だと思います。

  2. kkマンバ

    もうノアはCのオールラウンダーとかいう新しいタイプの選手ですね(笑)
    ハワードやドラモンドなど身体能力やパワーを持ったタイプのCが重宝されるNBAでノアは独自のポジションを確立しかけていると思います。

    • BFiJ

      kkマンバさん、コメントありがとうございます。
      もう完全にポイントセンターみたいな選手になりましたね。下手なPGより全然パスやゲームメイクが上手いのが凄いです。

  3. 蛍石

    無事に連勝を継続。貯金も順調に増えています。
    今日はオフェンスの出来が良く、ディフェンスはいつも通りの質の高さ。
    ローズが復帰して、オフェンスが改善された来期以降を夢想せずにはいられませんでした。
    ええ、昨季と同じわけですがw

    幸いジミーは骨折はしていなかったようで、Day-to-day。
    今日も調子が良さそうだっただけに途中降板は残念ですが、ゆっくりと休養してもらいましょう。
    戻ってきたら、また休めないわけですしw

    カーク、DJのPGコンビも活躍。
    カークは珍しくスリー試投数0。しかし、ドライブを果敢にしかけていたのは好印象です。
    DJは今日の成功したFGはすべてスリー。5/7の高確率で沈めてもらえると、フロアが広がって良いですね。
    DJのブルズに来てからのスリー確率は43%前後。手放してくれてありがとう、トロント。

    スネルはジミーの代理としては十分過ぎるほどの大活躍。
    ファールが多かったのは気になりますが、経験を積んで少しずつ減らしていってもらいましょう。

    次はヒート戦ですが、ゴリさん出てくるんですかね?鼻骨折ってるらしいですけど。
    出てこないならその隙を突けそうですし、出てくるなら珍しいマスク姿を目に焼き付けますw

    • BFiJ

      蛍石さん、コメントありがとうございます。
      カークとオーガスティンの併用は安定するからいいですよね。見ていて楽しいです。色んな方向からプレイを組み立てる事が出来るのが頼もしい。ローズとカーク併用時も同様に見ていて楽しかったのでそれを思い出します。

      スネルはどんどん経験を積んでいってもらって、安定してプレイできる事を証明してもらいたいですね。

  4. ポケッチ♪

    長文失礼します( ̄□ ̄;)!!試合はみてないのですが、Twitterなどを見る限り、ブルズかなり好調そうなのですごい嬉しいです。

    ジミーの怪我も軽ければいいのですが…(´;ω;`)

    次のヒート戦、絶対にかってほしいですね♪

    話が変わりますが、ビッグベイビーがFAになりますが、ブルズに来ることは無理ですかね?インディアナがインサイドの補強抜群なので、ギブソン、ブーザー、ノア、モハメドじゃ今のインディアナにはかなりきついとおもいます。ベイビーとると、インサイドがさらに強くなるおもうのですが、どうなんでしょうか?

    サラリーのことが全然わからなくて…(;_・)

    • BFiJ

      ポケッチ♪さん、コメントありがとうございます。
      ブルズはあと$650,000かそこらで贅沢税にひっかかってしまうので、新しい選手の追加はなかなかトリッキーなんですよね。ただバイアウトされた選手は安くきてくれる事に期待ができるのでグレン・デイビスも一応ブルズとリンクされていますね。シボドーのボストン時代のコネクションもありますし。ただ今の所クリッパーズかネッツが有力とされています。

  5. 汗かきスター

    ブルズに似合わない(!?)得点力爆発でしたね。
    観ててニヤニヤしてました。
    オーガスティン、相変わらず合ってますね!ラプターズは、どんな気持ちかなぁなんて思いつつ、見返してやれってめっちゃ応援中です。
    スネル良かったですね!こんな良いの初めて観たので、嬉しいッス(^-^)
    後は、ジミーが軽傷で有ることを祈りつつ…ヒートにも勝っちゃいましょう!
    でも、こんなに大差で完勝しつつも、試合中一切気を抜かない選手のコメント、いいですね!ティボドーがきっちり締めてるのが、わかります!

    • BFiJ

      汗かきスターさん、コメントありがとうございます。
      オーガスティンは当たってる時は本当に乗ってますよね。
      スネルは出場時間が長ければ長いほどリズムが出て来て活躍してくれますね。もっと安定して出れる様になってくれると嬉しいですね。まだまだやはりルーキーなりのムラみたいのがあるので、その辺がとれてくればもっと見れるようになると思います。
      シボドーの徹底したスタイルを選手達もしっかりと継承しているのがブルズの強さですね!

  6. こう えいけつ30

    いやあ〜
    DJさらに良いですね〜

    あんだけスリー決めるとつい
    背番号からしてクレイグホッジス選手、
    思いだしました笑

    後、ヤングピペンことスネル選手!
    ついつい、往年の選手と被らして楽しんでしまいます笑

    • BFiJ

      こう えいけつ30さん、コメントありがとうございます。
      オーガスティンのスリーは武器ですよねー。14番のホッジスオマージュで是非スリーポイントコンテストに出ていただきたかったw
      スネルは是非ディフェンスももっと良くしてピッペンタイプの選手になってもらいたいですね!

  7. Dice-k

    この試合見て今シーズンはじめて前向きな気持ちになれました!いつの間にか昨シーズンのネイトみたいにDJが出てるとワクワクしてる自分がいました。はまらない時のTOはネイトのとき同様諸刃の剣ですがそれ以上の物をもたらしてくれてますね!
    それと昨年のプレーオフでナジーがレブロンにハードファールして以来ナジーの危なっかしいファールが頻度を増してる気がします^^; そして相手につっかかる姿を見ますがナジーってもともと気の短い感じの選手なんですかね?

    • BFiJ

      Dice-kさん、コメントありがとうございます。
      オーガスティンの爆発力は昨年のネイトみたいなところありますよね。ネイトほど意味のわからないシュートはしないのもシボドー的にはプラスかもしれませんw
      ナジーはだいぶ年数の長い選手ですからね、近年では危険とされるファウルも昔はしょっちゅうだったので、たまにその癖が出てしまうんですかね。最近よくもめてますね(苦笑)

  8. まもる

    ローズがスネルを鼓舞してるシーンはなんか心にグッとくるものがありましたね。

    • BFiJ

      まもるさん、コメントありがとうございます。
      タイムアウト中ローズがスネルに必死に声かけていましたね。ジミーも昨年それがとても心強かったと語っていたので、スネルも同じ様に吸収していってもらいたいです。

  9. ブーザー大好き

    快勝ですね。最高です!!がバトラーのケガは少し心配ですね。トレード期限もすぎて僕自身はほっとしています。今のチームケミストリーならば今シーズンは心配ないでしょうし後はけが人が出ない事を祈るばかりです。前半いろんな事もありましたがもうフッキレタと思いますので頑張ってほしいと思います。一部では今オフの話も出てますね。ハインリック・DJ・ナジーがFAになるので今後の方針もあるでしょうしね第一はやはりミロティチですかね。動画見てからファンになりました。BFiJさんはミロティッチの印象はいかがですか?

    • BFiJ

      ブーザー大好きさん、コメントありがとうございます。
      ミロティッチはとても良い選手になりそうなので是非きてもらいたいですね。ただあまり今オフに来る!と決め込んでしまうとこれない時のダメージがでかいので、過剰な期待はしないようにしています。今の所2015オフの方が有力なんじゃないかとも言われています。とりあえず今オフの彼の動向は注目ですね。

Trackbacks / Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.