ニュース

ネネの第4戦出場停止が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ネネの第4戦出場停止が決定

昨日の第3戦でジミーと揉め合いになり手を出したネネの第4戦出場停止が決定しました。ネネは良くも悪くもこのシリーズのキーマンになっていたので、彼の不在はワシントンにとって大きな痛手になると思います。シリーズの流れがこちらに傾き始めています。

しかし相手がフィジカルなプレイを続ける事は変わらないはずです。ゴルタットは積極的にオフェンスリバウンドを狙ってきますし、昨日の試合でネネ退場後に出場したブッカーやグッデンも同様でした。あまり出場していないアル・ハリントンもいます。ブルズのフロントラインは次の試合でリバウンドと守備を徹底して最近見られていなかった勢いを取り戻すきっかけにしてもらいたいですね。

これで楽になるとかではなく、今までと変わらず一試合ずつ集中して戦ってもらいましょう。ネネ不在のワシントンに対するゲームプランはシーズン終盤に良い参考例があります。この時のイメージを元に第4戦をものにしてもらいたい!

ノア「我々の意識は何も変わらないよ。重要なゲームな事はみんな理解している。ここ3試合全部最後の最後まで競り合いだった。細かい事への集中が非常に大事なんだ。こういった状況での試合はメンタル面が大きい。だから我々はとにかく自分たちがコントロール出来る事に集中する事が大事なんだだ。」

昨日のネネ対ジミー

11 Comments

  1. hide-mi

    当然ですね!リーグの判断は妥当だと思います。罰金はなかったんですか?

    • BFiJ

      hide-miさん、コメントありがとうございます。
      罰金はないようですねー。

  2. スカラブリ煮

    いやぁーネネもお金もらっているプロの選手として底辺ランクですね、これは。
    コートでぶちきれてロッカールームなりベンチなりに下がることってチームにとって何の助けにもならないんですよねー。
    それもわからず戦士だから、とは懲りない。残念です非常に。

    • BFiJ

      スカラブリ煮さん、コメントありがとうございます。
      ワシントン的には追い上げている状況でのあれだったので尚更いらないアクションでしたね。更に1試合欠場で擁護しようがありません。

  3. 蛍石

    第3Q残り3分くらいにベンチに下がった時にタオルを床に叩きつけてるのを見て、猛ってるなーとは思ってました。良くない方向に闘志を見せちゃいましたね。
    マッチアップ相手でもないジミーに絡みに行ったのは本当に謎ですね。何かトラッシュトークとかやり合っていたんですかね。

    本日インディアナ、オクラホマとHCAを取り戻す勝利を飾っているので、それに是非続きたいところです。
    出来ればギリギリの勝負ではなく、ブローアウト希望。

    • BFiJ

      蛍石さん、コメントありがとうございます。
      なんか異常に興奮してるなとは思っていたのですが、やっちゃいけない方向に爆発させてしまいましたね。

      勝利でタイに戻してシカゴに帰りましょう!

  4. jt

    ネネ欠場は確実にウィザーズにとっては痛いのでせっかくのチャンスをものにしたいですね!
    逆にその状況で勝てない場合は…。つぎは大きな試合になりそうです!

    • BFiJ

      jtさん、コメントありがとうございます。
      確実にチャンスなのでものにしたいですね。かと言って油断してもいけません、いる時と変わらない姿勢で挑んでもらいましょう!

  5. ブルズがローズを失ってチームのモチベーションが上がった様に、ネネがチームメイト
    からの人望が厚い様なら返ってウィザースの選手に火が点くなんて事がチームスポーツではよくあるから尚更、気を引き締めないといけませんね。

    兎に角、ウィザーズはブルズの事をよくスカウティングして対策を立ててるなと思います。
    ノアのポイントセンターを機能させない様な、TOを引き出す様なノアを乗せない
    ゲームプランで来ていると思います。
    それでも、強豪チームは相手の思惑を抑え込んで自分達の戦い方で結果を出しています。
    自分がブルズのスタイル、ブルズの勝ちパターンで勝ち切る事に拘っているのは、
    ラッキーボーイや偶発的な要因、付け焼刃なプランで勝っても、長くは続かないと
    思っているからです。
    ブルズが更に上を目指すためには、積み重ねて来たモノをベースに勝たなければ
    仮にウィザースを突破しても、ペイサーズやヒートには勝機は薄いと考えます。
    故に次戦は石に噛り付いてでも、DF、リバウンドで圧倒してハーフコート・オフェンスを
    機能させてのブルズ・スタイルで勝てるかが試金石となるとみています。

  6. キッド

    いやーあそこでジミーが我慢してネネーに手を出さなかったのは偉かった!
    このチャンスをものにして勝利へ近づいていこう!

Trackbacks / Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.