試合

【サマーリーグ】ブルズ 61-80 キングス

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

トニー・スネル サマーリーグ

ぼろ負けー!うえーい!マクダーモットは左足痛で大事をとってお休み。大した怪我ではないようです。サマーリーグは4勝1敗で終わりました。

前半わずか2得点だったスネルがなんだかんだでゲームハイとなる20得点。しかし他からあまりサポートが得られずだったのと、チームディフェンスが今日は全然駄目でしたね。

もっと見たかったなー。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Sacramento Kings 16 26 16 22 80
Chicago Bulls 11 18 20 12 61
Game Stats

以下AP記事翻訳

ラスベガスで行われているSamsung NBAサマーリーグ 2014の準々決勝でサクラメント・キングスがシカゴ・ブルズに80-61で勝利。

この勝利でサクラメントは4勝1敗となり、現地日曜の5時からトーマス&マック・センターでスパーズとウィザーズのどちらかと試合を行う。

キングスはベン・マクレモア(11得点)、クインシー・エイシー(10)、マーション・ブルックス(11)、ジャレッド・カニングハム(10)、ブレンダン・レイン(10)がそれぞれ二桁得点した。

ブルズはサマーリーグで活躍中だったダグ・マクダーモットの欠場が影響し、オフェンスをうまく回す事にてこずった。第1Qはシュートが18本中5本しか入らず同Qを16-11とビハインドで終えた。試合も終わってみればシュート率わずか30.7%で、スリーは20本中5本しか決まらなかった。

サクラメントはハーフタイムを42-29のリードで迎えた。ブルックスが第2Qに6得点し、9本中4本のシュートを決め11得点で試合を終えた。

サクラメントは後半一度もリードされることなく、第4Q序盤には13-3のランで一気にリードを広げた。残り2分でこの日最大となる80-57と23点差のリードを奪った。

シカゴはトニー・スネルが6本中3本のスリーを含む14本中6本のシュートを決めゲームハイとなる20得点。このサマーリーグで平均20得点をマークし、この日までにサマーリーグの平均得点5位に位置づけている。

ブルズは今年のサマーリーグ成績を4勝1敗で終えた。

8 Comments

  1. 愕然・・・ 楽しかったな~サマーリーグ・・・
    もっと観たかった。 ただダグ君、ベアストウはレギュラーシーズンでも活躍してくれそう、
    スネルはジミーのライバルになってくれそうだし14-15シーズンのブルズには大いに期待が
    出来るに違いない。
    は~~~ 楽しい時間はすぐ終わってしまう・・・ ・・・

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      いつになく楽しいサマーリーグでしたね。というか今年はサマーリーグ自体がいつもより面白かった気がします。
      マクダーモット、ベアストウ、スネルの活躍はかなりの収穫になったと思います。これがどうレギュラーシーズンに落とし込めるかが彼に取っての課題となるので、引き続き頑張ってもらいたいです。

  2. 西嶋

    いやー今日はシュートセレクションが悪いこと悪いこと。
    でも今年のサマーリーグはかなり楽しめました。

    スネルはスターターの可能性も0じゃないのでプレシーズンゲームも引き続き結果残して欲しいですね。

    • BFiJ

      西嶋さん、コメントありがとうございます。
      この試合はなんかぽんぽん無駄なスリーの乱発が目立ちましたね。それが入らないうえにマクダーモットもいなかったのでコーオとがどんどん狭くなって行きました。

  3. 通りすがりのキングスファン

    ダグがいるブルズと戦いたかった…。

    • BFiJ

      通りすがりのキングスファンさん、コメントありがとうございます。
      スタウスカスとの対戦みたかったです!レギュラーシーズンで是非。

  4. MJ恋しDR待ち人

    4勝1敗は内容も含めて良かったのではないでしょうか。
    スネルとマクダーモットは予想はるか上回る結果出しましたし
    このサマーリーグから今季Rシーズンに確実に繋がるプレイ(ショット)
    見れました。このまま本選ですぐ通用するとは思えませんが
    この2人はこれからシーズン中にも何段階か伸びそうです。
    マクダーモットには新人とは思えない落ち着きと品のよさそうな知性と
    静かなる自信を感じます。インタビュー受け答えの雰囲気がとても良いです。
    プレイの度胸の良さ、ハートの強さもありそうです。
    やはりアーリーエントリーの連中とはちょっと異なりますね。
    T-コッチさんのように私も№3ジャージ欲しくなりました。
    ローズがミドルレーンを素早いドリブルで駆け上がり
    それに合わせてマクダーモットが一直線にディープウィングでパス受けて
    速攻からのスリーイン。こんなシーン早く見たいですね。

    • BFiJ

      MJ恋しDR待ち人さん、コメントありがとうございます。
      期待に応えるのって大変だと思うのですがスネルとマクダーモットはそれをこえてくれましたね。嬉しい限りです。
      マクダーモットはやはり大学で4年間常にスポットライトを浴びる形でプレイしていただけあって、既に落ち着きみたいなものがありますよね。その経験をうまくNBAレベルにもちこんでもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.