試合

ブルズ 86-102 ウィザーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズ - ウィザーズ

連敗。ローズのシュートはだいぶ復調しましたが、チームとしての勢いは消えたままですね。特に先発陣がどうも調子わるいです。

2試合続けてあまりよくない内容。シーズンは長いのでこういった負けが混む時期もあるでしょう。ジャズ戦がひどかったのでこの試合でしっかりと持ち直してくるかなと思っていたのですが序盤から全然。シュートが全く入らず一気に20点差もつけられてしまいました。

ローズは序盤から積極的で、ドライブを仕掛けている間はとても良かったです。調子がよくなったところでスリーを乱発気味になってしまい、それでリズムが崩れてしまったのか積極性も失われてしまった感じがありました。よくはなっているので、何度もいっていますが本人の中でドライブとジャンプシュートのいい具合のバランスを見つけ出してほしいです。

その他の先発陣はまったくもってダメな感じでした。ガソルがここ2試合くらいシーズン序盤のちぐはぐな感じに戻ってしまっていますね。うちのガード陣がポストにボールを入れるのがあまりうまくないというのもあるのですが、この日はボールを持ってからもいまいちでした。ノアはここ数試合調子がとても悪く、あまりいいところがありません。本人もわかっているようで、試合終盤に苛立ちからボールを蹴飛ばしテクニカルをもらうシーンがありました。

ジミーが今季ワーストと言っていいような内容でしたね。シュートも入らずファウルももらえずターンオーバーもかさみ、ディフェンスではラスール・バトラーを何度もオープンにしてしまいコーナースリーを度々決められてしまいました。

良かったのはベンチ陣がしっかりと結果を出してくれたことでしょうか。タージ、ブルックス、ミロティッチはもうだいたいどれくらいやってくれるかわかっているのですが、この日はモアとスネルが頑張っていました。モアは落ち着いたプレイで得点を稼ぎ、スネルは攻守で非常にいい動きをしていました。

東の4強の一角であるウィザーズには是非勝っておきたかったのですが、しっかりとやられてしまいました。リベンジマッチが来週早速あるのでカレンダーに赤丸つけておきましょう。

休んでる暇もなく次は連戦で日本時間11日の午前10時からホームでバックス戦です。今までとは一味違う今季のバックス。連敗ストップといきましょう。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (25-12) 13 29 26 18 86
Washington Wizards (25-11) 30 30 20 22 102
Game Stats

以下AP記事翻訳

WASHINGTON – まずはクリス・ポール。次はデリック・ローズ。ジョン・ウォールがリーグ屈指のポイントガード相手にこれまで無勝だったのを一つづつクリアした。

ウォールは16得点12アシストの活躍でワシントン・ウィザーズがシカゴ・ブルズ相手に102-86と勝利し、自身のローズとの直接対決で初勝利をあげた。

オールスター投票東ガードでトップのウォールはこれまでローズとの直接対決で0勝5敗だった。両者とも大きな怪我を経験しているためなかなか直接対決は実現しなかた。しかしウォールは確実に気に留めており、先月クリッパーズに勝利し0勝6敗あったクリス・ポール相手の時も気にしていた。

ウォール「今年ようやくクリスとデリックに勝利できたんじゃない?良い年だ。いい始まり方だ。ようやく彼らに勝ててうれしい。」

ローズは2008年にドラフト1位でリーグ入り、そしてウォールもその2年後同じ形でリーグ入りした。ウィザーズは昨季のプレイオフに5試合でブルズに勝利したが、ローズは膝の手術のリハビリで欠場していた。

ローズ「彼がどれだけ練習してきたかよくわかるよ。今夜は相手に乗っけから飛びかかられた。マッチアップどうこうではなかった。序盤から一気にやられてしまった。」

ブルズはこの試合最初の24本中20本のシュートを外し、第1Q終了間際にトニー・スネルがスリーを決めるまで30-10と大きく負けていた。第1Qの得点面では今季ワーストを記録。

ここ6試合でシュート率わずか25.5%とシュート不調に陥っていたローズはこの日19本中8本決め19得点をあげた。

前半終了のブザーとともにウォールのシュートをブロックしたローズは「やらせねーよ!」と言わんばかりに大きく首を横に振った。ただその時点で既に17点ビハインドだったためあまり大きな効果はなかった。

来週シカゴでローズは再びウォール相手に連勝記録を作り始めるチャンスがくる。

ウォール「相手がこの試合を根に持つだろう事はわかっている、来週の水曜日また対戦するからね。」

ヒヤッとした
第4Q残り3分でブルズが10点ビハインドの中、ウォールが長いアウトレットを受け取ろうとした瞬間にアーロン・ブルックスがぶつかりウォールが床に倒れこんだ。NFLなら15ヤードのペナルティものだ。審判はビデオ判定の結果、フレイグラントへのアップグレードは行わなかった。

シカゴのミニスランプ
ブルズにとって11月末以来の連敗となった。先日ホームでユタ・ジャズ相手に20点差で敗戦している。
トム・シボドーHC「最近のプレイは気がかりだ、とてもきになる。しかしこういった状態は全員で陥るもの、そして全員で克服しなければならないものだ。」

押し合い
昨季のプレイオフの因縁もあって、誰もがこの試合が平和に終わるとは思っていなかった。そのためこの試合でジョアキム・ノアがボールを蹴ってもらったテクニカルが唯一だったことは驚きだった。
マーチン・ゴルタット「NBAは短期でエゴの強い奴らが多いんだ。俺とネネは確実にエゴと短期さを持ち合わせている。どんな奴でもここに来て好き勝手にはさせないよ。この試合は待ち遠しかったんだ。」

TIP-INS
ブルズ

  • 右足首の怪我で4試合連続で欠場となったマイク・ダンリービーは土曜にMRIを受ける予定だ。

ブルズ

  • ゴルタットが21得点13リバウンドと活躍したウィザーズはこれで3連勝となり、順位でもブルズを抜いた。
  • フランス代表のフォワード、ケヴィン・セラフィンはウォームアップ中に「Je Suis Charlie」と書かれたTシャツを着用。フランス人のテニスチャンピオンであるヤニック・ノアを父親にノアはミッドコートで彼に向かって胸をたたき彼に合図した。同スローガンは水曜にあったパリの週刊紙シャルリー・エブド本社襲撃事件で12名が殺されたテロ事件に対する抗議として世界的に取り上げられている。

次戦

  • ブルズ:日本時間日曜にホームでバックス戦
  • ブルズ:日本時間月曜にアウェイでホークス戦

6 Comments

  1. うどん

    最初から追い上げる展開だと、今の状態では厳しいですね。途中一桁差までいくんですがTOからの失点などミスが大きかったです。FGが決まらないのでアシストが少ないのはわかるんですが、PGのゲームメイクの差も感じました。あと、スネルがよかったので後半スタートから出してカークをベンチでもよかった気もします、次のバックス戦ホームで恥ずかしい試合はできません、チーム一丸となって戦ってもらいたいです。

    • BFiJ

      うどんさん、コメントありがとうございます。
      最初の点差がでかすぎましたね。試合を作るのは先発陣の仕事なのでそこはしっかりしてもらいたいです。
      おっしゃる通りチーム一丸となって戦う事が大事なので、なんとか全員でこのスランプを脱してもらいたいです。

  2. ポケッチ♪

    2試合続けて厳しいですねー…シーズン長いのでこーいうことよくありますが、点がとれないよりもディフェンスが気になります…

    試合みれないので、点数だけリアルタイムでみてるのですが、悪いときは点差をいきなり開けられ、流れに乗れて、こっからや!!っておもうと、途端にやられだしてしまう。そんな感じじゃないかなぁとおもいます。

    今シーズンはオフェンスがここ数年よりとてもいいですがやっぱりブルズはディフェンスからが大事だとおもうので、がんばってほしぃ笑笑ノアがもっと吠え出したらいい気が…笑笑

    ローズも2年半のブランクがあるので、期待してしまいますが、ゆっくりと時間をかけて、プレーオフに調子が合うようにしてるとおもうのでまだまだこれからですね♪

    ここ最近トレードなどあってますが、ブルズの獲得候補などはあるのでしょうか?誰もでていってほしくはないですが…

    個人的にジェラルドグリーンはとてもブルズにフィットしそうにおもいます。獲得してほしい!!

    • BFiJ

      ポケッチさん、コメントありがとうございます。
      この試合は追い上げてるなーって時にコーナーを空けてしまいスリーをぼかぼか入れられてまた点差が開くっていう展開が多かったです。

      トレード情報はよそは最近賑やかになってきましたが、ブルズはまだ出てこないですね。ダンリービー不在でウィングが今欲しいところですが、どうなりますかね。

  3. アキ

    完全にローズがウォールに食われてましたね!
    以前の状態に戻してるローズと以前から成長したウォールの差が出た感じです。
    ローズは
    コービーと同じでらしさを見せることもあるんですがまだまだ以前の状態とまではいかなさそうですね…。ローズの強みはあのスピードのドライブなのに本当3Pを乱発しすぎですね…あれが結構オフェンスの流れを崩してるように思います。あとアシスト2本もいくらスコアリングPGとはいえ少なすぎますね。ウォールくらいのスタッツを残せたらいいんですが!
    何気にダンリービーの穴がデカイですね!代わりにスターターのハインリックはシュート入らないし、空回りでもうひどかった…波が大きく、ハインリックにSGスタートは厳しいような。
    やはりズット言われてるSGかSFが穴かなと思いますね!フロントコートはノア、ガソル、ギブソン、ミロと
    逆に少し飽和状態でミロもギブソンももう少しプレイタイム与えたらもっと数字を残せるのに勿体無いかなと。贅沢ではありますが、逆にsg、SFがバトラー、ダンリービー以外が少し弱いかなと…ハインリックはゲームメイクにパスの選手なんでSGはあまり合ってないような気がしますが、またこれから少しテコ入れもアリかと思いますね!

    • BFiJ

      アキさん、コメントありがとうございます。
      アシストは一緒に出てた先発人が総じてダメだったのも影響してるとは思いますが、もう少し増えるといいですね。ドライブしてから生まれるプレイが沢山あるはずなのでその辺を活かせるとまたぐっと良くなりそうです。
      SG/SFはスネルに是非頑張ってもらいたいですが、移籍市場も注視してたほうが良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.