ニュース

ブルズ最近のニュースまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズ最近のニュースまとめ

復帰した割に色々と更新おいついてなくてすみません!最近謝ってばかりだ。。どうもタイミングがあわず。色々あったのでまとめてここに集約しますね。

マイク・ダンリービーが顕微鏡的ヘルニア摘出術
まずはダンリービーの腰の手術。夏の間に状態があまりよくなく色々と治療してみたもののよくならず、手術に踏み切ったそうです。開幕前ということであまりタイミングはよくありませんが、シーズン中に悪化されてしまうよりはいいのかなと。若手成長のチャンス!と捉えたいと思います。9月25日に手術したニュースが出て、そこから8~10週間欠場とのことです。

ジョーダン・クロフォードの他にマーカス・シモンズとジェイク・アンダーソンとキャンプ契約
先日記事にしたジョーダン・クロフォードとのキャンプ契約の他に、マーカス・シモンズとジェイク・アンダーソンと契約しました。シモンズは昨季Dリーグでプレイウィング選手。2013-14には日本のbjリーグで横浜ビー・コルセアーズの一員としてプレイしていました。アンダーソンはシカゴ出身のガードで大学卒業後はDリーグやだったりドイツだったりでプレイ。2012年にブルズのサマーリーグチームでもプレイしています。

デリック・ローズがキャンプ初日に左眼窩骨折
キャンプ初日(日本時間9月30日)に練習中おそらくタージと接触してしまい肘が顔に入り左眼窩を骨折。翌日手術を受け、そこからバスケ再開まで2週間とされています。これまでのような膝の怪我とかではないので身体的な影響はないにしろ、嫌な立ち上がりですね。ホイバーグHC曰くシーズン初戦は欠場という判断はまだ出されておらず、経過を見ながらの判断となりそうです。とりあえずマスクマン・ローズとなりそうですね。カイリーやウェストブルックなんかもマスク経験者でしっかりと活躍できていたので、そこまで影響がないことに期待したいです。

健康な人もいるよ
シーズン終盤に足首の手術をしたタージは、キャンプ中しっかりと練習に参加できているということなので朗報。昨季怪我と戦いながらのシーズンとなってしまったノアもだいぶ健康そうでぴょんぴょん跳ね回ってるという報告が出ているのもプラス材料。昨季の感じからしてガソルとノアの組み合わせは減るのかなーと思っていましたが、ノア的には昨季の自分で評価して欲しくないようでもう一度ガソルとの組み合わせを試したがっていました。ラインナップの幅が広がるかもしれません。マックス契約したジミーも、色々と証明しないといけない昨季よりもリラックスした感じでいい状態だと報道されていました。

ステフォン・ハンナとトレーニングキャンプ契約
こちらもシカゴ出身のガード選手。おそらくローズが怪我してキャンプに参加できない間ガードの人数合わせとして契約した形だと思います。これまでの感じからするとキャンプ契約選手はだいたいシーズンに残ることはないです。そしてブルズってだいたいシカゴ出身者かコーチやフロントの出身校とかと縁のある選手を引っ張ってきますよね。これがいいのだか悪いのだか。

 
といった具合です。プレシーズン初戦は明後日7日の午前9時からバックスとです!とても楽しみ。ローズがいないので本来の姿のブルズが見られないのは残念ですが、ホイバーグ・ブルズがどういったプレイをするかの大枠は見られるはずです。

2 Comments

  1. 匿名

    すいません。
    内視鏡では?→ダンリービー

    • BFiJ

      匿名さん、コメントありがとうございます。
      すみません、microdisectomyなんですが日本語がわからないのでNBA Japanの表記にならっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.