試合

ブルズ 96-117 ウィザーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

BFIJ



1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (33-33) 25 27 22 22 96
Washington Wizards (32-35) 32 31 29 25 117
Game Stats

9 Comments

  1. 2k

    バトラーが不調だったのが痛かったですね…ただウォールから8to奪えたのは良かったんじゃないですかねー。
    相変わらずアシストが少ないのでオフェンスでボール持ってる選手以外の動きが悪い。
    連勝が遠いですね。

  2. けん

    あと12試合。もう自力でPFは厳しい気がしてきましたね(._.) 他のチームが負けることを願うだけなのか…

  3. GoBulls

    ハイポスト付近のディフェンス以外はしっかり守れていたように思います。
    オフェンスでも、ヘルプサイドの動きも少しずつ出てきていますがボールが回っていない印象を受けました。

  4. JT

    全体の動きが悪いのか、ローズの復帰によってローズの保持率が高く、前戦のような全員バスケでボール回しが上手くいかなかったのかはわからないですが、ローズが復帰しても相手にとって脅威でなく勝てないのは痛いですね。なかなか上にいけず、過小評価されているウォールに完敗ぢゃないですか…
    ローズはPGなのにゲームメイクが元々いいわけではなかったですが、あのスコアリング力が魅力で試合を支配してましたがその魅力のスコアリング力が薄れてしまった今ローズの魅力はなんなんでしょう。スコアリング力が薄れ、決定力も以前程ないがボール保持率は高くパス回しがいいわけではないのでチーム全体のオフェンスが機能してないように思います。1stオプションがコービーのレイカーズが勝てないのと同じような状況なんでしょうね!

  5. 匿名

    言いたいことはわかりますが仮にも1stオプションで撃ちまくった結果二連覇したコービーと比べちゃいかん。今日本では叩かれてる印象だけど、実績を考えたらローズが張りあえるのはSMVPくらいで後は足元にも及ばない実績ですよ。そしておそらくローズに関しては今後1stオプションでリングを取ることはないでしょう。

  6. ber

    個人の選手を叩くより、バスケそのものの方向性ではないですか?

    オフェンス>ディフェンスのスタイルになったものの機能していませんよね、明らかに。

    今期のブルズは、ディフェンスが崩壊しているのがとても目に付きます。

  7. 長太

    スネル=リアルガチャピン

  8. 匿名

    匿名さん
    今のコービー核のレイカーズが勝てない状況とローズ核のブルズが勝てないのが同じチーム状況では?と言ってます。あとコービが今日本で叩かれてるんですか?叩かれてたのは数年前で今は引退するんで賛辞を送られてると思ってましたしし、引退を決意した今のコービーを叩いてるのを目にしたことはなかったです。
    berさん
    ティボドー時ディフェンスに重きをおき、カンファレンスファイナルまで行ったこともありますがここ数年はPO1.2回戦負けが続き、上を目指した補強したくても選手の補強ができない状況なのでローズを合わせた180度方向転換し、アップテンポなオフェンシブなチームにシフトしたのだと思います。自分も全盛期のローズが浮かびシーズン前はローズに合わせてアップテンポなスタイルはいいのでは?と思いましたが、そのメインのローズが今の現状で思い描いてたバスケができない上に怪我人も出てどうにもこうにもならない状態なんでしょうね!ローズに合わせたチームスタイルにしてみたが、そのローズがこけてるんでチームが機能しないんでしょうし、フロントも困惑してるはずですよ。ディフェンスがリーグトップクラスによかった以前でもPO1.2回戦負けだったんでもう戦術うんぬんで今のメンバーで優勝はできないとフロントは思ったと思いますよ!次はチームスタイルではなく選手の改革をオフに行うと思います。

  9. ブルズ大好き!

    更新お疲れさまです。ローズってそんなにボール保持率高いですかね?今季はむしろ球離れいい方じゃないでしょうか?ダギーは相変わらずいいですね。もう立派なスコアラーだと僕は思っています。それにしてもそろそろPO厳しいですね…頑張れ!Go Bulls!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.