ニュース

トーマス・ウォーカップとトレーニングキャンプ契約

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

トーマス・ウォーカップとトレーニングキャンプ契約

ブルズがSFA大(Stephen F. Austin State University)の4年生ガード、トーマス・ウォーカップとトレーニングキャンプ契約を交わしましt。先日のデヴォンテス・スミス=リベラヴィンス・ハンター、JJ・アヴィラに続いて4人目となります。

ウォーカップは193cmのスコアリングタイプのガード。得点能力、ハンドリング、バスケIQが高く、2016年のNCAAトーナメントでは第3シード相手にジャイアントキリングしたりと話題になりました。

身体能力がそこまで高くはなく、同サイズのアスレチックなガード選手相手を守るのがなかなか厳しいのではないかと言われています。サマーリーグではウォリアーズのチームでプレイしていましたが、そこまで結果は残せていません。

しかしこうして契約しておくことで今季からDリーグ配下にしておけるのがいいですね。プレイスタイル的にはホイボールにあってるような気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.