試合

レイカーズ 96-90 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
レイカーズ 96-90 ブルズ

Mike DiNovo-USA TODAY Sports

久々のホーム戦は残念ながら敗戦。第1Qに大きくリードを作りながらも、セカンドユニットでヤられてしまうというこれまでの良くないパターンが出てしまいました。MCWの長期離脱が決定したのもあって、なんとかしたい問題。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Los Angeles Lakers (10-10) 17 30 23 26 96
Chicago Bulls (10-7) 28 19 26 17 90
Game Stats

8 Comments

  1. 匿名

    ベンチが頼りないですね。ベンチにベテランがいたらまた違うんでしょうが。ニコラは3Pが当たってないと全く活躍できないのが辛い。そこらへんを改善すればまだまだいい選手になるのに勿体無い。マクダはまだ出れないんですかね?

  2. 匿名

    ダグ君帰ってきてくれ、前の人が言うように二コラは外れてる時はほかのプレーが雑で目も当てられん。ロンドも落ち着きがない。シュートもともと下手なんだからしっかりほかの選手にたいしてスペースつくる仕事をしろ!ヤングのいないレイカーズに負けるのは辛すぎるぞ。

  3. うどん

    セカンドユニットは心配ですね、スターターに負担を掛けない為にも奮起してもらいたい。後、最近思うのですがキャナンよりもバレンタインをもっと使ってほしいです、多少悪くても我慢してなんとか戦力になってもらいたいです。

  4. マイクダンリービーシニア

    こういう内容ならボコられるかギリで勝つかにしてほしいですね笑笑まあでも良いんじゃないでしょうか。相手は相手でジミー対策をしっかりやって来たし。昨季ブルズはプレイオフに出ていなかったので考えませんでしたが出ていたら間違いなく彼にダブルチームが来るのは当たり前です。だからこれを機にジミーはダブルチームをどう打開して行くかという課題がこんなにも早く出てくれたなら良い事じゃないでしょうか。みなさんニコラを批判していますが僕は割とポジティブに考えてます。といのもドライブだったりペイントエリアでの得点がちょこちょこ見れたので彼のそういうプレーって意外とやじゃないですか相手からしたら。だってPFですもん。それでスリーポイントも入ったらかなり脅威ですよ。試合で悪かったのはやっぱ2Qですかね。ポロポロミスってディフェンスではファウルを与えてしまう。それが続いていつのまにか僅差にされてスターターを戻してもレイカーズは勢いに乗ってしまっていて押されるという展開。確かにベンチプレーヤーをどう使うかは問題ですよね。ただポーティスもバレンタインもそんな悪かったか?という印象。ポーティスはリバウンドあんな取ってたし、バレンタインもそれなりにっつっても5分くらいしか出てないので見せ場はなかったですがディフェンスも良かったですし。カナンは明らかにスランプ入ったシューターみたいでしたね笑笑まあよくわかんないですけどホイバーグもうまくスターターとベンチプレーヤーを混ぜてほしいですね。次はカブスのユニフォームを着たレブロンジェームズ率いるキャブス。キャブスも昨日はアプセットしてますから。ブルズも今日はアプセットしました。強いチームにはこういうことがある。次が大事。っていう状況なんで両チームとも、、面白い試合が見れそうですね

  5. こういうゲームを落としちゃダメ、、といいたいところですが、今のブルズにそれを言うのは酷ですかね。。
    勝ちも負けも肥やしになる段階だと思うので、、負けからも大きく学んで成長してほしいです!

    次戦が憎きレブロン、キャブスなので、勝ってはずみをつけたかったところですが、しょうがないですね。

    次の試合は泥臭くても何がなんでも勝つ!意識でキャブスに勝ってほしい!!

  6. 匿名

    シクサーズ戦から数日空いたのがよくなかったのかな…

  7. 作シーズンに散々ホイバーグの戦術不足やメンバー構成の不味さ指導力に対し疑問を
    コメントしたので今季ホイバーグ留任と決まった時から、勝ち負けイーブン位なら
    まあ良いか。 文句言ってもしゃ~ないと思って今季を迎えているので、しゃ~ない。

    ただ、ロスターに関しては開幕前にもコメしましたがバランス良くない。
    キャナンは昨シーズン迄のブルックスと同じサイズはPG、メンタルSGな選手で
    得点で大当たりする事もあるけれどゲームメイクにはほぼ機能しないタイプなので
    リズムが悪くなると悪いまま。
    ガードの選手に偏り気味な割に展開力、打開力に欠ける構成、戦術。

    ロンドに関して自分はロンドに問題があると言うより、オフザボールの動きの質に
    問題がある様に見えます。 昨シーズンも散々コメしましたがホイバーグはハーフコート戦術が苦手なんだと思います。 逆に相手がトランジションの展開になるとDFの
    対応がグダグダになるのも昨シーズンと一緒なので、これもしゃ~ない。

    視野が広く精度の高いパスが得意なロンドとクイックテンポでサイズのある
    C・ウィリアムスのPGコンビが機能していた開幕数試合とキャナンが2ndPGの今とでは相手チームも対策が立て易いと思うし、スコアラーのダグ君も不在な現状僅差の
    ゲーム展開で競り負けるのも、しゃ~ない。 
    キャブスに勝つかもしれないけれど、負けてもしゃ~ない。
    ただ昨シーズンの様にジミーがホイバーグに癇癪起す事とロンドがゴネはじめない事を
    切に祈るばかりです・・・

  8. こじろー

    確かにベンチに不安があるのは感じます
    経験豊富なシューターでもいるといいのですが若いのが多いので期待はあるんですけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.