試合

ブルズ 100-92 マジック

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズ - マジック

今日はジェリン・グラントがPGで先発し、控えはロンド。MCWはなぜかローテ落ち。とは言え特にPG問題は解決された感じもありませんでしたが、試合の方は順当に勝利し5割復帰。終盤ウェイドとジミーがしっかりとクローズしてくれましたね。ジプサーとフェリシオの成長が見ていて嬉しいです。

ウェイドは出だしがFG0/6と心配だったのですが、途中から盛り返し、いつもの難しいフェイダウェイを連発していました。あまりあれに頼りすぎると入らない時痛い目に合うので、理想はもっとちゃんとオフェンスを作って得点なのですけどね。まあでも当たってる時はやはり頼りになりますよね。それよりも7スティールがすごかった。

今日の試合はだいぶ接戦が続いていたのですが、ジプサー、マクダ、ニコあたりがシュートを決め始めたら点差が開き始めました。やっぱりここなんですよね。シューターがいかにシュートを決めるかで、ブルズのオフェンスの広がりが全然変わってきます。空いたスペースにフェリシオが飛び込んでと、ベンチ陣はなかなかいい動きができいました。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (23-23) 20 32 26 22 100
Orlando Magic (18-29) 22 27 24 19 92
Game Stats

2 Comments

  1. 匿名

    5割復帰!!!と何度言ってきたか忘れるくらいになってきましたが笑、とりあえず勝てて良かった。

    MCWが欠場なのは事情があったわけではなくただのローテ落ちなのですね。裏では色々あるのでしょうが、起用の意図がよくわからないです笑

    なんとかこのまま5割以上をキープしてほしいです!

  2. オーランド戦の度に思うのだけれど、ペイトンの前髪邪魔にならないのだろうか。
    全体的に低調なゲームに感じましたが、勝てて良かったです。
    C・ウィリアムスは骨折欠場から復帰後のケアの為、お休みかと思っていました。
    またまた不可解なPGの扱いかとも感じますが、詳細が分からないので何とも・・・
    バレンタインはもっと出場させても良いと思うんだけど・・・

    それにしても何試合か観ていないなかったのですが、ジミー、ウエイドへの偏りが
    増していますね。 って言うか他が低調。
    ダグ君なんかDFがフリーパスなんだから、もっとFGAを増やさなきゃ!
    多彩なシュート持ってるんだから撃たなきゃ! オフェンスで輝かないで何で輝くの!
    と思う今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.