試合

セルティックス 103-104 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

セルティックス 103-104 ブルズ

オールスター休暇に入る前、最後の試合は今絶好調のセルティックスと。ウェイド(体調不良)とジプサー(足首)が欠場。

ブルズはリバウンドを支配し終盤まで接戦で持ち込みましたね。第4Qはさすがのアイザイアでしたが、最後はジミーがフリースローゲットで逆転勝利!微妙なコールでしたが、肘を触っていたのは確かなので吹いてもらえてラッキー。

第4Q途中から完全にジミー対トーマスのエース対決になりましたね。終盤ジミーがトーマスのディフェンスにもつき、見ごたえがありました。

ラプターズとセルティックスに連勝といい形で休暇に入れます。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Boston Celtics (37-20) 25 33 20 25 103
Chicago Bulls (28-29) 22 30 29 23 104
Game Stats

3 Comments

  1. 匿名

    ラッキーな勝利ですが、勝ちは勝ち!よかったです!

    強豪と当たるときの気迫をいつも出せればベストですが、なかなかそうはいかないものですね

  2. 匿名

    ロンドが出てる時間は躍動感がありますね!足とボールが動いていると特にいい

  3. 匿名

    今のCHIの問題はまさにOF、DF共にチームとしての動きが無いという点なんですよね。
    バトラーはスクリーンに来た選手以外にパスを出すことがとても少なく、またチーム全体でボールマン以外が動くことがほぼない。
    ロンドが入ると指示が飛ぶから一時的には動きが起こるんですけど、試合の後半に入るとやっぱり動きが止まりやすい。
    今回の試合でも後半特に第4Q試合が膠着したのはそのあたりのせいで相手が非常に守りやすくなったというのがあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.