その他

NBAドラフト2017 予想

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

NBAドラフト2017 予想

こちらは予想です!結果は「NBAドラフト2017 結果 icon-arrow-circle-right」をご確認ください。

NBAファイナルも終わって、次はNBAドラフト!忙しい時期がやってまいりました。僕の予想ではなく、ESPNのドラフト博士(今年で最後!)、チャド・フォード氏のモックドラフトと他のサイトの情報などを抄訳しています。参考程度にどうぞ!

  • フィラデルフィア・76ers ロゴ

    1位 マーケル・フルツ Markelle Fultz

    フィラデルフィア・76ers
    BOS経由
    Washington 1年|19歳|193cm|88kg|PG

    身体能力が高くディフェンスもできる多才なガード。現代NBAに必要なトランジションでのプレイメイクもすでにできる。ボストンから1位指名権をトレードで獲得し、フルツを獲りに行くと予想される。アイザイア・トーマスよりもベン・シモンズとプレイした方が確実にフィットするのでフルツにとってもプラス材料では。

  • ロサンゼルス・レイカーズ ロゴ

    2位 ロンゾ・ボール Lonzo Ball

    ロサンゼルス・レイカーズ
    UCLA 1年|19歳|198cm|86kg|PG

    NBA一のパサーになれる可能性があるほどの視野。レイカーズ入りが既定路線のように報じられているが、レイカーズ側はそんなことないアピールに必死。まだ内部で意見は割れている様子。フォックスとジャクソンもまだあり得る。お父さんが亀田父を彷彿とさせる。

  • ボストン・セルティックス ロゴ

    3位 ジョシュ・ジャクソン Josh Jackson

    ボストン・セルティックス
    PHI経由
    Kansas 1年|20歳|203cm|92kg|SF

    攻守ともに活躍できる身体能力の高いウィングマン。獲りたい選手が3位でも残っているという判断でシクサーズと指名権交換。ジャクソンを獲るのではと言われているが、肝心のジャクソンは最後までボストンでワークアウトせず、もしかしたらここでテイタムに行くかもという話も出ています。もしくは、指名権を使ってスター選手をトレードで獲得というシナリオもあり得ます。

  • フェニックス・サンズ ロゴ

    4位 ディアロン・フォックス De’Aaron Fox

    フェニックス・サンズ
    Kentucky 1年|19歳|191cm|77.5kg|PG

    とても素早いポイントガードで、ディフェンスもいい。サンズはデヴィン・ブッカーと相性が良さそうなボールが4位まで落ちてくるのを望んでいる。いない場合は、ジャクソン、フォックス、テイタムの3択。サンズはオフェンス力はあるので、フォックスのようなディフェンスに優れた選手はフィットするだろう。

  • サクラメント・キングス ロゴ

    5位 ジェイソン・テイタム Jayson Tatum

    サクラメント・キングス
    PHI経由
    Duke 1年|19歳|203cm|92.5kg|SF

    得点能力の高いコンボガード。他のスキルを高める必要はある。キングスはフォックスをかなり気に入っており、5,10位指名権を使って上に行こうとしている噂もちらほら。テイタムなら長期的に見て、ルディ・ゲイの穴を埋めてくれるだろう。

  • オーランド・マジック ロゴ

    6位 ジョナサン・アイザーク Jonathan Isaac

    オーランド・マジック
    Florida St 1年|19歳|211cm|93kg|SF

    背が高く複数ポジションをこなせる3-Dフォワード。荒削りだがポテンシャルは高い。オーランドの首脳陣がジェフ・ウェルトマンとジョン・ハモンドに変わり、二人はドラフトでギャンブルすることを怖がらない。アデトクンボを引き当てた過去もあり、アイザークのようなポテンシャルタイプに賭けるのもありかもしれない。

  • ミネソタ・ティンバーウルヴス

    7位 ロウリー・マルケネン Lauri Markkanen

    ミネソタ・ティンバーウルヴス
    Arizona 1年|20歳|213cm|102kg|PF

    ビッグマンながらもシュート力があるストレッチフォワード。ディフェンスが課題。ストレッチフォワードが必要なウルヴズにハマる。アイザークよりも今通用するタイプの選手。

  • ニューヨーク・ニックス ロゴ

    8位 マリーク・モンク Malik Monk

    ニューヨーク・ニックス
    Kentucky 1年|19歳|191cm|89kg|SG

    身体能力の高いスコアラー。2番としては身長が低いが、ポイントガードとして成長するためのスキルは持ち合わせている。ガードを欲しているニックスとしてはこの順位で一番ポテンシャルが高そう。

  • ダラス・マーベリックス ロゴ

    9位 デニス・スミス Dennis Smith

    ダラス・マーベリックス
    North Carolina St 1年|19歳|191cm|88kg|PG

    身体能力がとても高いポイントガード。しかしパスやガードとしての感覚はニリキナの方が上か。マブスは二人で悩んでいるようだが、スミスのポテンシャルの高さは魅力。ACL断裂経験者。

  • サクラメント・キングス ロゴ

    10位 フランク・ニリキナ Frank Ntilikina

    サクラメント・キングス
    NOP経由
    France|18歳|195cm|77kg|PG

    ディフェンス力が高く、ガードとして大事なフィーリングを持っている。まだ荒削りなため不安定さもある。

  • シャーロット・ホーネッツ ロゴ

    11位 ドノヴァン・ミッチェル Donovan Mitchell

    シャーロット・ホーネッツ
    Louisville 2年|20歳|191cm|95kg|SG

    身体能力が高く、ウィングスパンもある。ドラフト前の評価がどんどん上がっている。ポイントガードとしてはまだ成長中。ここでザック・コリンズやケナードもあり得る。

  • デトロイト・ピストンズ ロゴ

    12位 ルーク・ケナード Luke Kennard

    デトロイト・ピストンズ
    Duke 2年|21歳|196cm|91.5kg|PG

    基礎のできたシュート力の高いコンボガード。ディフェンスが少し弱いか。ドラフトワークアウトで素晴らしいシュート力を見せつけ、想定されていたよりも高い身体能力を記録。ピストンズはベテラン獲得のために指名権のトレードも考えている。

  • デンバー・ナゲッツ ロゴ

    13位 OG・アヌノービ OG Anunoby

    デンバー・ナゲッツ
    Indiana 2年|19歳|203cm|97.5kg|SF

    膝の手術明けなのが心配ではあるが、ポテンシャルはとても高く、5ポジション全て守れるサイズと身体能力を持ち合わせる。カワイ・レナードと比較されることも。

  • マイアミ・ヒート ロゴ

    14位 ザック・コリンズ Zach Collins

    マイアミ・ヒート
    Gonzaga 1年|19歳|213cm|104kg|C

    攻守ともに活躍できるセンター。コートをストレッチできてゴール下も守れるタイプで、ロールプレイヤーとしては間違いなし。八村塁のチームメイトで同級生。

  • ポートランド・トレイルブレイザーズ ロゴ

    15位 ハリー・ジャイルズ Harry Giles

    ポートランド・トレイルブレイザーズ
    Duke 1年|19歳|211cm|100.5kg|C

    怪我でドラフトの評価はあまり高くないが、身体能力の高いビッグマンとして注目されている。膝の怪我の影響は感じさせないワークアウトを見せ、過去に1位候補でもあった理由を見せつけた。メディカルチェック次第で評価が上下するだろう。

  • シカゴ・ブルズ ロゴ

    16位 ジョン・コリンズ John Collins

    シカゴ・ブルズ
    Wake Forest 2年|19歳|208cm|102kg|PF

    基礎をもっと磨く必要があるが、アドバンススタッツはずば抜けている。ワークアウトではシュート力もよく、ストレッチ4になれるのであれば評価はさらに上がるだろう。ブルズに来ればタージ・ギブソンの穴を埋められる。

  • ミルウォーキー・バックス ロゴ

    17位 イケ・アニボグ Ike Anigbogu

    ボストン・セルティックス
    UCLA 1年|18歳|208cm|104kg|C

    ゴール下を守れ、スウィッチもでき、ロブパスを叩き込むこともできる現代センター。ディフェンスのいいセンターとしてポテンシャルは高い。

  • インディアナ・ペイサーズ ロゴ

    18位 TJ・リーフ TJ Leaf

    インディアナ・ペイサーズ
    UCLA 1年|20歳|208cm|98kg|PF

    スキルの高いスコアラー。力をもっとつける必要がある。横の動きも遅いのでディフェンスで穴になりかねない。ドラフト前の評価は割れているが、これくらいの順位だと誰もが一つや二つ弱点を持っているので、ペイサーズにとって得点力を買うのはあり。

  • アトランタ・ホークス ロゴ

    19位 ジャレット・アレン Jarrett Allen

    アトランタ・ホークス
    Texas 1年|19歳|208cm|101.5kg|C

    長い柔軟なセンター。リバウンドとブロックも強いが、オフェンスはまだまだ。アフロ。

  • ポートランド・トレイルブレイザーズ ロゴ

    20位 イドリス・アデバヨ Edrice Adebayo

    ポートランド・トレイルブレイザーズ
    Kentucky 1年|19歳|208cm|113kg|C

    あだ名はバム。エナジー系のビッグマン。足をしっかりと動かせることから複数ポジション守れるが、基礎をもっと伸ばす必要あり。ブレイザーズはこの指名権をトレードする噂も。

  • オクラホマシティ・サンダー ロゴ

    21位 ジャスティン・ジャクソン Justin Jackson

    オクラホマシティー・サンダー
    UNC 3年|22歳|203cm|87.5kg|SF

    あらゆることを平均以上のレベルでこなせるウィング。シュート力も上がっている。身体能力が高いわけではなく、ものすごい成長も見込めないと感じるチームも多数。

  • ブルックリン・ネッツ ロゴ

    22位 ジャスティン・パットン Justin Patton

    ブルックリン・ネッツ
    WAS経由
    Creighton 1年|20歳|211cm|102.5kg|C

    かなり荒削りだがポテンシャルが非常に高い、成長次第では攻守ともに活躍できるビッグマン。

  • トロント・ラプターズ ロゴ

    23位 アンジェス・パセジニクス Andzejs Pasecniks

    トロント・ラプターズ
    Latvia|21歳|218cm|104kg|C

    4,5番どちらもできる動けるビッグマン。先週LAのワークアウトで評価が上がった。海外に置いておく選手として考えるチームも多いが、今来ても通用するレベル。

  • ユタ・ジャズ ロゴ

    24位 トニー・ブラッドリー Tony Bradley

    ユタ・ジャズ
    UNC 1年|19歳|211cm|112kg|SG

    身長もウィングスパンもあり、リバウンドも強い。今のNBAにハマりそうなビッグマンだが、どれくらい動けるかという懸念も。

  • オーランド・マジック ロゴ

    25位 フランク・ジャクソン Frank Jackson

    オーランド・マジック
    TOR経由
    Duke 1年|19歳|193cm|94kg|SG

    身体能力の高いコンボガード。ポイントガードとしてのスキルはもう少し成長が必要。足の手術の影響でドラフトの評価はあまり上がっていないが、ポテンシャルは高い。

  • ポートランド・トレイルブレイザーズ ロゴ

    26位 アザイア・ハーテンスタイン Isaiah Hartenstein

    ポートランド・トレイルブレイザーズ
    CLE経由
    Germany|19歳|216cm|102kg|C

    シュート力のあるビッグマンで、まだ育成が必要。ブレイザーズなら3つ目の指名で獲得して海外に置いておける。

  • ブルックリン・ネッツ ロゴ

    27位 テレンス・ファーガソン Terrance Ferguson

    ブルックリン・ネッツ
    BOS経由
    Australia|19歳|201cm|84kg|SG

    シュート力のあるアスリートだがまだ育成が必要。ケナードらと一緒に行なわれたワークアウトで少し評価が落ちた。

  • ロサンゼルス・レイカーズ ロゴ

    28位 DJ・ウィルソン DJ Wilson

    ロサンゼルス・クリッパーズ
    HOU経由
    Michigan 3年|21歳|208cm|109kg|PF

    身体能力の高いストレッチ4。レイカーズは高く評価している。ダンクとスリー以外あまりできないが、それでも第1ラウンドに食い込めるレベル。

  • サンアントニオ・スパーズ ロゴ

    29位 ジョーダン・ベル Jordan Bell

    サンアントニオ・スパーズ
    Oregon 3年|22歳|206cm|103kg|PF

    身体能力が高くエネルギー溢れるビッグマン。ディフェンスがとてもよく、NCAAトーナメントのスターの一人。オフェンス面ではまだまだだが、ディフェンスは武器になる。

  • ユタ・ジャズ ロゴ

    30位 タイラー・ライドン Tyler Lydon

    サンアントニオ・スパーズ
    GSW経由
    Syracuse 2年|21歳|208cm|102kg|PF

    シュートの打ててゴール下も守れるパワーフォワード。安定感がまだないのと、筋力を増やす必要あり。

1 Comment

  1. ヤベえ! 自分は以前うどんさんとのドラフト記事でウエィク・フォレストの
    ジョン・コリンズを挙げたのだけれどダグ君ヒャッホ~した過去があるので
    自粛しよう・・・

    パクソンは否定しているけれどセルティックスとの間でジミーと指名権のトレードが
    未だに噂として出ているのが怖い。 
    何せ意味不明なトレード、ホイバーグを続投させるフロントの言う事なんか信じられん
    訳で、またまたブルズ弱体化計画を発動させそうで怖過ぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.