試合

キャブズ 113-91 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

しっかりと力の差を見せつけられました。レブロンにはいいようにあしらわれ、ウェイドはうちでもそういう効率のいいプレイしてくれれば良かったのにっていうプレイをされた感じですね。レブロン、ウェイド、ラブがそれぞれ20得点オーバー。

ブルズはスリーを31本打つも9本しか入らず不発。シュートセレクションは現代バスケっぽいんですが入る気配がないです(苦笑)。現代バスケとはいえそれでも打ち急ぎな感じがまだまだありますからね、その辺やっぱり改善が必須ですね。

これで9連敗!ブルズ先生の次回作にご期待ください!

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Cleveland Cavaliers (17-7) 29 32 25 27 113
Chicago Bulls (3-19) 22 23 26 20 91
Game Stats

4 Comments

  1. go bulls

    順調に負けていますね
    今季に限っては、誰か書いていましたが負けるが勝ちです
    今後はラビーンが復帰して、中途半端に勝ちだすことだけは、避けてほしいものです。あと、ゴールデンルーキーはオートバイに乗ることも禁止で。

  2. 匿名

    いつも見てます。これってこのサイト(自分はGooogleでシカゴブルズと検索して見てます)でしか見られませんか? ブログを見れるアプリとかありませんか?

  3. 匿名

    オートバイはトラウマなのでNG。
    しかしレブロンのダンクミスからのマルカネンのダンクミスは笑ってしまいました。

  4. 匿名

    書き込むにはかなり遅いけど、一応、
    ウェイドに、それを去年やれって? ムリムリ。
    CLEで出来てるのは好きな場所で持たせてくれる周囲、ウェイドの動きに合わせて動くシューターと飛び込み要員、同レベルでバスケを考えられる選手、その全部が揃ってるからですからね。
    好きな場所を理解してくれていたのも、同レベルだったのもロンドだけで、そのロンドとやり方がかみ合ってなかったんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.