試合

【サマーリーグ】ブルズ 86-70 クリッパーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

【サマーリーグ】ブルズ 86-70 クリッパーズ

サマーリーグ初戦勝利!!スネルが5本のスリーを含む27得点と大活躍!スリーをズバズバ決めたり、ドライブからきりこんでダンクしにいったりと素晴らしかったです。完全に自信にあふれるプレイをしてくれていました。

マクダーモットはまだまだ勉強中感あふれる感じでしたが10得点5リバウンド4アシストと一応数字は残す形になりました。身体能力系の選手ではないので戦術やらNBAのスタイルやらを勉強するのに少し時間はかかると思っていたので見れただけでも充分です。最初のポゼッションでしっかりヘルプディフェンスできていたのも良かった。頑張れ。

ベアストウも荒削りながら、結構がつがつとパワーを使って攻めてくれるのでよさそうですね。トップオブザキーからステップスルーでレイアップにいくシーンなんかもあって色々できそうなタイプですね。

他にもビリー・バロンとかなかなか良い動きをしていたと思います。

次は日本時間で7/14の朝9時からデンバー戦です!マクダーモットのトレード相手だったので向こうのルーキーには勝ちたいなー。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls 22 24 19 21 86
Los Angeles Clippers 19 16 16 19 70
Game Stats

以下AP記事翻訳

UNLVのキャンパスで行われているSamsung NBAサマーリーグ2014の2日目、シカゴ・ブルズがロサンゼルス・クリッパーズに86-70で勝利。ブルズはトニー・スネルの27得点、新人のダグ・マクダーモットの10得点、ビリー・バートンの11得点に導かれた。

ブルズは試合序盤から7連続得点し主導権を握り、第1Q残り3:33で18-6と12点差のリードをつけた。しかしクリッパーズはそこで終わらず、第1Q終盤に13-4のランで22-19まで追い上げた。その後はランの応酬となった。

第2Q序盤にマクダーモットのスリーをきっかけにブルズは9-1のランを展開し、同Q残り8:03で31-19とリードした。クリッパーズは第2Q中に不調が続きシュート率わずか30%でシカゴに24-16とQを落とした。前半を終えてシカゴはスネルの17得点に導かれる形で46-35とリード。

後半開始から点の取り合いになりブルズのリードは10点差近辺で保たれていた。第3Q残り5分くらいまでにロサンゼルスが8-0のランで59-54まで追い上げた。しかしシカゴはまたもや反撃し、再びリードを14点差まで広げ65-51で最終Qを迎えた。

この日絶好調だったスネルは最終Qでも得点を続け、最初の4分でシカゴの9得点中7点をスネルが獲得。同Qで6本中4本のシュートを決め10得点。ブルズが21得点クリッパーズが19得点と拮抗したQだったが、クリッパーズは14点差を乗り越える事ができなかった。

クリッパーズはロレンゾ・ブラウンが17得点、エムベイェが14得点した。

6 Comments

  1. カエル王ピクルス

    これがSLだとわかっていながら、失点70点を見てニヤニヤするのがCHIクラスタ。

    • BFiJ

      カエル王ピクルスさん、コメントありがとうございまーす!
      ディフェンス最初からがっつりやってましたねw エイドリアン・グリッフィンぐっじょぶ。

  2. ROSEfj40

    更新お疲れ様です。

    スネル素晴らしかったですね‼︎
    5kg近く増量したらしく見た目が逞しくなってて少し驚きました。
    ハンドリングが覚束ないところもありましたが3P、クロスオーバー、ドライブからのフローター、ダンクと格の違いを見せつけてくれましたね。
    メロ獲得も失敗に終わりウイングどうするんだろうと思ってましたが、このパフォーマンスを継続してくれたら開幕スターターにスネル期待してしまいます。

    マクダーモットは今日に関してはまたまだかなーと思いましたがノーマークのダウンタウンはしっかり沈めるあたり前評判通りのシュート力の片鱗は見ることはできました。
    またまだチャンスはあるのでティボドーに上手くアピールして欲しいです。

    ベアストゥもあのイケメンぷりに似つかわしくなくガッチリしていてディフェンスの意識も高そうですね。ハードワークが出来るブルズカラーの選手のようで今後楽しみです。

    オフの動きについてはDJ、カークとの再契約、ミロティッチの招集とまだまだ目が離せないので引き続き追いかけていきたいです。

    • BFiJ

      ROSEfj40さん、コメントありがとうございます。
      スネルは元々体脂肪4.9%と驚異的だったのに更に筋肉つけて5.5kgアップでどんどんムキムキになっていきます(笑)。肩幅とか凄いことになっていましたね。

      選手として自信をつけたプレイを見せてくれたのは本当にプラスですね。1年の経験ってこんなに凄いものなのかと改めて思いました。

      ルーキー2人は良い所も悪い所もだしてくれた感じなので今後どういう風に見て行けばいいかなんとなくわかってきました。次の試合がとても楽しみです。

  3. スネルが凄いぞ! デカくなってる! 相当フィジカルを鍛えたと見える!
    特に体幹が強くなった様に見えます。 ルーキーシーズンのフニャっとした感じが消えて
    当たりにも強くなって、空中姿勢にも一本芯が入った様に安定していますね!
    この短期間で凄いね! 下手するとジミーからスターターを奪う勢いか?!

    夢と希望を託したマクダーモットは現時点で予想より良くやったと思います。
    ゲームを積み重ねる毎に良くなると思っているので、1つでもストロングポイントが見せられれば最初の段階は良いのです。 これからバスケIQの高さが発揮されて行く訳!

    ベアストウも良いですな~(笑) 結構、器用なのかな。 強さもあって男前! イイじゃない!
    SLでメンバーが異なっても鉄壁の守備にニンマリ(笑) スネルの成長に感激!

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      スネル自信にあふれていましたね。サマーリーグはやっぱりNBA経験者の動きは違うっていうのを毎度思い知らされます。スネルは何度もダンクを仕掛けるなど、シューターだけじゃないぞっていうのをアピールしてくれていてよかったです。

      マクダーモットは試合後に試合のスピード感が大学とは比べ物にならないと語っていました。どんどん慣れて行ってもらいたいですね。IQは仰る通り高いので、慣れて行けばどんどん良くなっていくと期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.