試合

ブルズ 114-91 レイカーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
パウ・ガソルとコービー・ブライアント|ブルズ - レイカーズ

AP Photo/Mark J. Terrill

アウェイ連戦を無事に白星スタート!

強いチームに勝ち弱いチームに負ける今季のことを考えると、いい勝利と言ってもいいのではないでしょうか。ローズとモアがそれぞれ復帰し、モアはそのままスネルに代わって先発出場。

この日オールスター控えに選出されたジミーが17本中11本のシュートを決め26得点10アシスト5リバウンドと大活躍。ローズも16得点と、ローズへのアリウープパスやモアへの凄まじいパスなど安定した活躍を見せてくれました。

古巣レイカーズ相手にガソルも活躍。移籍後コービーと対戦するのは初めてだったのですが、試合前に二人は熱い抱擁を交わし会場からも歓声が沸き起こっていました。ガソルはやはりレイカーズにはとても特別な感情を持っていますね。

今季最長となるアウェイ7連戦を勝利で開始することができてよかったです。次戦は日本時間2月1日午前5時半から、好調ながらもブレイクを失ってゴタゴタしているクリッパーズ相手です。LAスウィープしたいですね。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (26-19) 32 26 32 24 114
Los Angeles Lakers (9-39) 15 25 31 20 91
Game Stats

以下AP記事翻訳

LOS ANGELES – レイカーズで7シーズン共に過ごしたパウ・ガソルとコービー・ブライアントは、移籍や引退では失われないほどの絆を作り上げている。

ロサンゼルスで二人が同じコートでプレイする最後の試合はシカゴ・ブルズの圧勝に終わった。

ジミー・バトラーが26得点10アシストの活躍で、ブルズは今季最長となるアウェイ連戦の1試合目をレイカーズ相手に114-91の勝利で白星発進とした。

ステイプルズ・センターでコービーと対戦するのが最後となるガソルは21得点12リバウンド7アシスト。2014年にガソルがレイカーズを去って以来、ガソルとコービーは対戦したことがなかった。ガソルはレイカーズ時代に2度優勝、3度決勝進出、そして無数の素晴らしい時を過ごした。

「これまで一緒に経験してきたことを全て振り返ると、それらが混ざり合うんだ。この会場にはとても特別な思いがある。私とってはとても長い間ホームだった。あらゆることを経験した。この街、このチームでのことは何よりも強烈だった。とても熱心に取り組んでいた。」
パウ・ガソル

前試合を欠場したコービーはこの日13本中4本のシュートを決め10得点。レイカーズは今季ワーストとなる8連敗で成績を9勝39敗に落とした。数々の怪我で欠場していたコービーはブルズと対戦するのは2012-13シーズン以来だった。

コービーはガソルとは特別なパートナーであったことを理解している。

「彼の知性、クリアにコミュニケーションが取れる能力。落ち着いた身のこなし、仲間への包容力、仲間と笑い、叱責し、勇気づける。彼のそれらの特性だよ。そして単純に彼は素晴らしい選手でもある。」
コービー・ブライアント

この日オールスター控えの選出から漏れたガソルは、ここまでのワンサイドゲームでなければトリプルダブル達成もありえた。

「今日は余分なモチベーションは何も必要なかった。いいプレイがしたかった。このフロアに戻ってくれるのはいつも興奮する。もう自分を証明しなければならないようなキャリアの段階ではない。まだこのリーグで自分はエリートな選手の一人であると思っているし、できる限りそうでありたいと思っているよ。」
パウ・ガソル

ジミーの証明
2度目のオールスター選出が発表されたバトラーもいいプレイを見せた。17本中11本のシュートを決め10アシスト5リバウンドの活躍で、シカゴはアウェイ7連戦をレイカーズへの圧勝でスタートさせた。

ダグ・マクダーモットが3本スリーを決め15得点。ブルズは第1Qに最大18点差のリードをつけ、途中バトラーがわずか29秒の間に2スティールと3本のシュートを決めた。

レイカーズ、続く欠場者
ジョーダン・クラークソンが16得点、ニック・ヤングが14得点したレイカーズは、先発ガードのルー・ウィリアムズが呼吸器感染で欠場。ロサンゼルスは今季唯一の連勝以降13試合で12敗している。

パウ大好き
ガソルはこの日何度か大きな歓声を浴びた。レイカーズ在籍時最後の数年はあまりレイカーズファンからは愛情を注がれていなかった。コービーはガソルがレイカーズが優勝から遠ざかってしまったことの罪を負わされてしまったと述べ、「LAは彼のやってきたこと、我々が持っていたものの真価を認めることができなかった」と話した。

2度目のオールスター
バトラーは2年連続でオールスター選出されたことを喜んだ。昨年とは何が変わるか問われたバトラーは「もっとたくさん人を連れて行くと思うよ。今回は支払う余裕があるからね(笑)」と答えた。

TIP-INS
ブルズ

  • マイアミ戦の後半を腰とハムストリングの怪我で欠場したデリック・ローズはこの試合16得点。
  • コービーは2月21日にシカゴでの、そしてガソルとの最終戦を迎える。

レイカーズ

  • テニスのレジェンド、ジミー・コナーズがレイカーズ重役のジーニー・バスと観戦した。コナーズは過去にバスが運営していたLA・ストリングスと言うテニスチームでプレイしていた。
  • 第2Qにジュリアス・ランドルがハードファウルを受け倒れこんだが、欠場はしなかった。この日は14得点8リバウンド。

次戦

  • ブルズ:日本時間月曜にアウェイでクリッパーズ戦
  • レイカーズ:日本時間土曜にアウェイでクリッパーズ戦

10 Comments

  1. テレビのコメンテーターはファンが言いたくても我慢している事をあっさり言って
    くれますね。 そう!ホイバーグはシボドーの遺産ディフェンスで食い繋いでいる
    と自分も強く思ってますよ!
    ただ軽率にノアの動向を語って欲しくないですけどね! 不快極まりなくなってPCの
    小さな画面に変えちゃいました。 せっかく数少ないTVの画面で日本語放送を
    観る機会なのに・・・

    今日のゲームで自分がビックリする程コービーに思い入れが無い事に驚いちゃいました
    ジミーに無慈悲な程、捻じ伏せて欲しいとずっと思っていまいしたから・・・
    そしてジミーは無慈悲な程ルーキー・ラッセルを捻じ伏せちゃいましたね。
    連続スティールからの速攻はラッセルにPGとしての自信を打ち砕いちゃったかも。

    ただブルズが点差程に良かったかと言うと・・・

  2. うどん

    低迷しているレイカーズ相手とはいえいい形で勝てた事が重要で、大事なのはこの状態を継続する事じゃないですかね。T-コッチさんのコメントはブルズファンから見ればそう思えるかもしれないですが、NBAはビジネスと考えればノアについてそのような意見があるのも当然だと思います、個人的には再契約してくれれば嬉しいです。ホイバーグはシボドーの作ったディフェンスに新しいオフェンスを融合させるのを目的にフロントが選んだHCだと思います、怪我人やシステムの浸透に時間がかかっていた為、成果がまだ出ていませんが、若手の起用や結果が出なくても辛抱強く続けていく事でブルズをいい方向に導いて欲しいです。

  3. うどんさんへ。
    ご意見ありがとうございます。(笑)
    ここでの返信は決して煽りや反論では無い事を御理解ください。

    先ず、ルーキー、2年目等の経験の浅い、おそらく今オフからチーム再編に向かう
    であろう今のレイカーズに今日の内容で強豪、中堅チームに状態を維持出来るのでしょうか? 正直今季の今現在カンファレンス3位のブルズと作季迄のブルズでは自分の
    目には順位は下でも作季迄のブルズの方が戦術面でも選手のモチベーションも充実していた様に見えるのです。
    実際ジミーも同様に感じるからこそホイバーグに意見したんじゃないでしょうか?

    確かにNBA始めプロスポーツはビッグビジネスなのは承知していますし、ファンの
    心情が必ずしもビジネス面と一致するとは限らない事は自分も社会人ですので分かります。
    だからと言って自分は気持ちでブルズファンをやっているので、そう簡単に分別臭く
    なる気もないのです。 特にノアには信じられない位に思い入れがあるので尚更
    中途半端な「物分りの良い大人」になれないのです。そうなる気も無いのです。
    幼稚なバカと笑ってくんなさい(笑)

    そして1番の問題はホイバーグ・システムが、怪我人が多発しているにしても
    これだけの時間と試合数をこなしながら未だ兆候さえ見えず、ローズ、ミロティッチ
    ノア辺りからシステムに馴染めていないとの声が出ている事です。
    勿論、ダグ君みたいに現システムの方がやり易いとの意見もありますが
    ホイバーグ就任の記事でコメントしましたが相対的に現行のメンバーがトランジション
    戦術に向くのか疑問を投げ掛けました。
    最近のチームに関わったHCで見ると、デル・ネグロ、シボドー、ホイバーグになると
    思いますが自分の感覚ではホイバーグが一番良いロスターを持っている割に一番
    散漫で覇気に欠ける様に思えて仕方がないのです。

    ホイバーグのシステムを続けるならば現行のロスターを再編しないと結果が出ないと
    自分は感じています。
    しかし自分は今のメンバーがMJ時代以上に好きなのです!
    今のチームを導き、チャンピオンを狙えるレベルに引き上げてくれる事を願って
    いるのです。 自分の目にはホイバーグがその人には思えないのです。
    辛抱強く続けて行く事が最善とは思えないのです。 辛抱強くっていつまでだよ?!と、
    今迄だって辛抱強く待ちましたよ。 と思ってしまうのです。
    今のチームに時間があるとも思っていません。 もうノアはFAで30代、タージも同い年ですし、カークもダンリービー兄貴も時間が無い。 このチームに時間は無いんです。

  4. うどん

    T-コッチさん自分の周りには意見交換できる人が居ないので、自分のコメントに返信して頂いてもらえて嬉しかったです。年齢、契約年数、ロスターの充実度からして優勝するには今シーズンがラストチャンスかもしれない、ホイバーグがウォリアーズのカーの様にチームを変えてくれるかもしれない、そう信じて臨んだ今シーズン、今の状況では優勝できないと思って弱気になりあの様なコメントになってしまいすいませんでした。私も今のブルズが好きです、特に生え抜きの選手にはブルズで優勝して欲しいと願っています。

  5. うどんさんへ。
    度々すみません。 御気分を害されたのではないかと心配しておりました。
    どうぞ謝らないで下さい。 どう考えても、うどんさんの方が正論です。

    冷静に返信する様に気を付けたのですが、読み返してみると所々、感情的になっていて
    申し訳ない気持ちです。 自分の方こそ、すみませんでした。

    最近、常連さんが減る中で、うどんさんの冷静でポジティブなコメントに好感を
    持って拝見させて頂いておりました。
    つい思いの丈をぶつける様な無礼をしてしまい反省しております。
    出来ますれば、これに懲りず「うどんさん視点」の意見交換をまたして頂ければ
    幸いに思います。 
    管理人さんも御多忙の様ですので、御手を煩わせない様これで失礼致します。
    ありがとうございました。

  6. そうた

    昨日の試合私はポジティブに受け取っています。オフェンスの核が3本しっかりとあり、3人のコンビネーションあり、派手なプレイありと楽しんでバスケットをしているように感じました。控えもダグ君を筆頭にそれぞれ見せ場を作ってくれました。怪我人、病人がいるときこそ団結して闘うのがブルズです。相手がレイカーズとは言え、しっかり勝ちきったことは評価に値すると思います。

  7. あれん

    確かに、ノアの契約について触れていたのを聞いていて、有り得ないだろと思いましたね。
    最終年、今季絶望、トレードデットライン間近、とメディアにとっては絶好のネタになるでしょうね。彼無しのシカゴとか考えられませんね。
    そんな馬鹿げた判断をしないのを信じています。

    しかし、このチームに何らかの変革が必要なのかなとも同時に思います。
    HCを変えないのであれば。
    ホイバーグがどうしたいのか明確には分からないのですが、その辺りはガーを信じます。
    今いるメンバーを応援したいですね。

    個人的には最近のローズの動きには満足しています。雑音をシャットアウトして、怪我なくやってもらいたいです。

  8. 2K

    うーん、浸透しないのであればそれなりの対策をいい加減考えてほしいところ。

  9. こじろー

    珍しくコメ欄で意見交換がされてますね。私も身近にはそこまでNBAに詳しい人はいないのでこういうのは貴重だと思います。
    それはともかく、これからダンリービーも戻ってくるブルズの後半戦に注目します。現HCの評価を下すのは1シーズンではまだ難しいですよね

  10. 匿名

    僕的になのですが。試合のキーマンは常にマグダーモットやスネル、ミロティッチに掛かってるとおもうんですよね。ジミーやローズもだけど、やっぱスネル、マグダーモット、ニコラの3がポンポン決まってくるようになっていったら試合もいい感じに勝てるとおもうんですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.