試合

ブルズ 94-103 レイカーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

前半はバレンタインとブレイクニーが大当たりで二桁リード。特にブレイクニーは何打っても入る感じで見ててすごかったですね。ボールもうまく周りアシスト付きの得点を重ねていたのですが、後半になると一変。早打ち、無駄なファウルを積み重ね、一時は19点差もあったリードを食いつぶし逆転されてしまいました。またもや勝てる試合を落とす形に。

ホリデーのオフェンス力は頼もしいこともあるのですが、やはりシュートセレクションが良くないですね。ショットクロックがまだだいぶ残ってる段階で早打ちスリーで外すっていうのがとても多い。ジェリンもこねすぎて何も生まれないというシーンが散見されます。ガード陣の不安定さがやっぱり気になりますねー。

マルケネンは今日は不発。いい形でシュートできていたのですが、残念ながらあまりはいりませんでした。それでも4オフェンシブリバウンドを含む14リバウンドと、違う形で貢献できていました。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (3-12) 27 29 19 19 94
Orlando Magic (8-10) 23 19 30 31 103
Game Stats

3 Comments

  1. 匿名

    ブレイクニー凄し。ルーウィリアムズかと思いました打ったら入る気がしてて。マルケネンは素晴らし過ぎるルーキーだなと今日はシュートはいらないなりにビッグマンとしてのリバウンドは凄かった新人王に一票!

  2. 匿名

    ロンゾボール髪型あんなんでしたっけ?

  3. 匿名

    勝っても負けても、楽しめるシーズン。
    来年のルーキーも5位以内が獲得出来れば
    有望株が獲得出来そうだし。
    ダン、ラビーン、マルネケン、ロペスは残して。
    ケガは不安だがポータージュニアを獲得出来れば
    いいな。
    腐ってるオカファー獲得してくれんかな。
    2順目➕ミロティッチでトレードして欲しいのだか、
    ミロティッチの2年契約が仇になってる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.