コラム

【コラム】by FOREVER 23 Vol.1

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

Short Column from FOREVER 23

はじめまして。
livedoorBlogで細々とブログやっております、ブルズファンのFOREVER 23と申します。
BFiJさんとのコラボという新しい試みの第1回です。
いやー何かですね、他紙に連載を持つ作家の気分です。←ハハッ作家ハハッ

それでは挨拶代りに少しだけ。

今シーズンここまでのブルズベンチ陣。

ここ2年、ベンチモブと恐れられた?ブルズのベンチメンバーはタージを残し全員が代わってしまいましたね。
残されたタージが「オレが引っ張る」という気満々でやや空回り気味だった状態から抜けて、ようやく現在のベンチもゲームを作れるようになってきているのかなぁと思っております。
昨シーズン、CJが果たしていた役割を今埋めてくれているのはネイトです。
スタッツを見ても、
ネイト:21.1分11.0得点3.5アシスト1.9リバウンド1.6TO(1/9現在)
CJ:23.7分9.7得点4.1アシスト2.1リバウンド2.0TO(2011-12シーズン)
と、個人だけ見たらネイトが上回る勢い。
シュート確率もネイトのが良いんですよね。
ディフェンスではローテーションの隙を付かれて穴になることもありますがw
ベリネッリといいカークといい、ローズ不在の間、バックコートは去年と遜色ない活躍をしてくれていると思います。
特にベリネッリはコーバーよりもオフボールで走りまくってフリーを作るシーンは少ないながら、ウイングでボールキープをしながらピック&ロールのボールハンドラーになれる点はネイトのように猪突猛進タイプのPGを支えるのに適役なのかもしれません。
また、ブリュワーの穴を埋めるジミーの成長も見逃せません。
2年目の若手にも関わらず、シボドーのコーチングの甲斐あってかベテランばりの渋いディフェンスしてくれてます。
ボールマンに対して自分とのスペースの潰し方が上手く、相手に合わせながらもその長所を潰す嫌らしい守備ですよね。
オフェンス面での向上も見られ、先日のヒート戦前半終了時に見せたターンアラウンドジャンパーは痺れました。

となるとやはり大きいのはアシクの分、フロントコート、特にセンターポジションに明確な控えが居ないことですかね。
リバウンドをもっとガッチリ獲りたいなとか、オフェンスでスペース作りの出来るスクリーナーが欲しいなという部分はアシクだったんだなぁと実感してます。
タージ、ノア、ブーザーの3人でほぼ回す現状ですが、スモールラインナップが流行の兆しを見せています。3人とデンさんに負担はかかりますが、うまく行けば各プレイヤーの起用の幅も広がりますし、新しい試みで面白いなぁと思っております。

移籍先の各チームでスターターとして活躍するブリュワーやコーバー、そしてアシクの姿を見るたび破壊力抜群だった去年の姿を思い出すボクなのでした。

ではこんなところで。
不定期にはなりますがよろしくお願いします!

FOREVER 23
http://blog.livedoor.jp/forever23/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.