試合

キャブス 84-100 ブルズ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

キャブス 84-100 ブルズ

久々に心地よい勝利!!純粋に嬉しい!!先発全員+タージが二桁得点と非常にバランスのとれた良いオフェンスでした。最近酷かったシュート率も53.6%、スリーが当たりまくりの66.7%(10/15)。特にオーガスティンとスネルが当たってましたね。

オーガスティンが最後に2分退く以外はフル出場とすげえ頑張ってくれました。18得点10アシスト。ダブルダブルは2012年以来だとか。毎回これには頼れないのですが、ゲームを通して選手達が良いオフェンスのイメージを持つためには必要だったのかもしれません。超おつかれ、ありがとう。

今日はパスがよくまわっていた。オーガスティンがオープンな選手をみつけてくれていたのもありますが、それよりもインサイドのパス回しが復活してました。ノアとブーザーがいい感じにお互いを使えていて昨シーズンまでのブルズをみているようでした。

先日無茶なシュートしすぎと指摘したスネル、この日はかなり落ち着いていました。打つシュートはほとんどが高確率なシュートばかり。ドライブから無茶シュートでなくパスを出すなど良い感じでしたね。あの高い弧を描くシュートいいなあ。

良い事ばかりでなく、相変わらずターンオーバーが多かったり(21回!)、せっかくのフリースローを外しまくったり(16/24)と改善ポイントは沢山ありましたのでそこは修正頼みます。オーガスティン以外に頼れるPGがいないのも依然大問題。

ブルズ幸いクリスマスのネッツ戦まで試合がありません。だからオーガスティンこんだけ出せたんでしょうね。しっかり休んで、練習で連携を確認し、良いクリスマスプレゼントを頼みます。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Cleveland Cavaliers (10-16) 26 17 22 19 84
Chicago Bulls (10-16) 33 27 21 19 100
Game Stats

以下AP記事翻訳

トニー・スネル

17得点したトニー・スネル

CHICAGO – D.J.オーガスティンは大きな期待を持ってリーグ入りした。そして今、新たなチャンスを求めてシカゴ入りした。

オーガスティンが18得点の活躍で人手不足のブルズをクリーブランド・キャバリアーズ相手に100-84の勝利へと導き4連敗を止めた。

カルロス・ブーザーが19得点、トニー・スネルが力強い後半を元に17得点した。シカゴは今シーズン最長、そしてトム・シボドー政権4年目にして最長の4連敗を止めた。

シボドーHC「人が戻ってくるまでにD.J.も安定してくる。ずっと良い続けているが、私はこのチームを信じている。」

オーガスティンは正に新しい場所に慣れ始めているようなプレイだった。46分強プレイし、6本中4本のスリーを決め10アシストの活躍。

5ターンオーバーも犯したが、元第1ラウンド指名選手でなかなか望んでいたようなキャリアをまっとう出来ていない彼にとっては全体的に良い活躍を見せた夜だった。

4年間シャーロットで過ごし、昨シーズンインディアナで限られた役割しか見れなかったオーガスティンは、今季始めにトロントに放出され、先週ブルズに加入した。

オーガスティン「インディアナではいくつか良い試合があった。しかし同時にとても辛かった。プレイスタイルがあまり自分とはまらなかったのかもしれない。コーチヴォーゲルはプレイする選手達がある程度決まっていて、彼らがほとんどプレイしていた。加入する時からわかっていた事ではあった。トロントでは、何が起きたのかよくわからない。でもとにかくプロフェッショナルに受け止めていつでもプレイ出来る準備をしていた。」

ブーザーとオーガスティンが序盤から調子良く、ブルズは17点差のリードでハーフタイムを迎えた。シカゴはその後何度か脅かされるもリードを維持し勝利。16戦中13敗からの勝利となった。

ブルズは相手の守備の弱さを突きシュート率54%、15本中10本ものスリーを決めた。

ブーザーが14本中8本のシュートを決めた。スネルは後半の4本を含む5本のスリーを決めキャリアハイにわずか1点届かないものの活躍を見せた。

タージ・ギブソンが15得点、ジョアキム・ノアが18リバウンドしシカゴは多くの怪我を乗り越え勝利をものにした。

デリック・ローズの他に、ブルズはルオル・デン(左アキレス腱痛)、ジミー・バトラー(右足首捻挫)、カーク・ハインリック(背中)が欠場。それでもクリーブランドに勝つには充分な戦力だった。

マイク・ブラウンHC「何度も「これ本当にうちのチームか?」と思ってしまうようなミスを何度も目撃した。」

キャブスはアンドリュー・バイナムが19得点したが、カリー・アーヴィングが不調に終わった。

アーヴィングは先日風邪をひきながらミルウォーキーとの延長戦勝利で39得点したが、この日は16本中5本しかシュートが決まらず14得点に終わった。キャブスはここ4試合で3敗目。

チーム得点2位のディオン・ウェイターズが2試合連続で右手首の痛みで欠場したのも響いた。

アーヴィング「言い訳はない、攻守共にしっかりとプレイが出来なかった。」

ブルズは第3Q序盤に19点リードしていが、同Q終盤に68-61まで追い上げられた。しかしギブソンの得点とスネルの連続スリーでリードを81-65まで広げた。

キャブスは第4Qに反撃を見せマシュー・デラヴェドーヴァのスリーで85-76まで追い上げたが、シカゴは屈する事がなかった。

Game Notes

  • ブラウンHCはレイカーズのスター選手コービー・ブライアントの怪我に同情の声を出した。
    ブラウンHC「彼はもの凄く努力をし勝利への渇望が凄まじいから気の毒だ。キャリアのこの段階で2度の怪我を経験しているのを見るのはとてもとても辛い。とても気の毒だよ。」
    ブラウンは昨シーズン序盤にレイカーズを解雇され4月にクリーブランドに復帰した。
  • ドラフト1位指名であるクリーブランドのアンソニー・ベネットは病気で2試合連続欠場した。
  • 19.6得点平均しているデンは左アキレス腱痛で2試合連続欠場。バトラーは木曜のオクラホマシティー戦途中に右足首を捻挫して退場した。ブルズはハインリックがクリーブランド戦で復帰できる事に来たいしていたが、5試合連続の欠場となった。

12 Comments

  1. jt

    久々の勝利ですね!
    スネル、オーガスティンよかった!スネルはこのまま成長してくれたらいいシューターになってくれるのではないでしょうか^_^オーガスティンもまだきて1週間くらいなのにチームを引っ張ってくれています!
    昨シーズンのベリネリ、ネイトもですがこういう選手こそ再契約してあげてください。こんだけがんばってくれてるのにまた契約折り合いつかずさよならはファンとして寂しいです。ローズのバックアップにピッタリだと思います!

    • BFiJ

      jtさん、コメントありがとうございます。
      いやー久々!バックスへのブザビいれなかったらそうとうですよね。嬉しいです。
      スネルはシボドーがべた褒めでした。キャリアベストな試合なんじゃないかって言っていましたね。このまま成長していただきたい。
      オーガスティンもだいぶ上手くはまり始めましたね。ベースラインにいる選手の動きを見極めて良いパスを沢山出していました。ターンオーバーも多いのでここは注意してもらいたい。今日のような活躍をコンスタントに出せるようになれば再契約という選択肢は出てくると思うのでここで満足せず、カークや他の選手が戻って来ても頑張ってもらいたいです。

  2. kaiman

    先発はメンバー見た時はまずいと思ったんですけど勝ってくれましたね。スネルは外のシュートがこの試合だけじゃなく結構入るもんでドラフト順位の割りに良い感じでオーガスティンはロビンソンくらいになってくれるかな・・・?

    連勝してこそ今回の勝利も価値が増すし次も勝ってくれ

    • BFiJ

      kaimanさん、コメントありがとうございます。
      ブルズは大学で数年経験を積んでいる選手で良いのを見つけてくるのに長けていますね。
      オーガスティンは今後どれくらい活躍してくれるかわかりませんが、今日は自らシュートを作り出し回りも活かせていたのポイントガードスキルのあるネイトを見ているようでした。
      次のネッツ戦で是非連勝してもらいたいですね。

  3. スカラブリ煮

    スネルよかったですね。まあいい日もあるし、悪い日だってありますからね。あのクワミブラウンだってダブルダブルした試合は何試合かありますし。でもだからといってドラ1の活躍はしなかった。一喜一憂ができないということです。
    あと、ナジーが7分弱って見て笑っちゃいました。どう考えても怪我がちなノアのバックアップにはならないでしょう。タージって言いたいんでしょうけど、タージはウィングスパンは長くてもアンダーサイズです。
    とすればPFがベスト。これ、ノアがまた怪我するフラグ・・・

    あとティーグはいい加減みたくないですが、動けるだけの資金がないならあの選手でもいないと今度誰が怪我するかわからないし・・。

    • BFiJ

      スカラブリ煮さん、コメントありがとうございます。
      怪我には気をつけてもらいたいですね。
      そういう意味ではこの日ノア、ブーザー、タージのビッグマン3人がそれぞれ30分前後に抑えられたのは良かったです。うまく回してくれました。
      ナジーの7分弱も別に笑っちゃうような内容ではなかったですよ。第2Qで先発陣が下がってリードを失いたくない所でむしろ得点やオフェンスリバウンドで貢献してくれました。

  4. taka.mi

    スネルいいですね~♪これから楽しみな選手です!いいシューターとして成長していって、ブルズに必要不可欠な選手となってくれる事に期待です!

    • BFiJ

      taka.miさん、コメントありがとうございます。
      スネルのシュート力はかなりのプラスですね。たまに無茶しようとするのですが今日は非常に安定していました。無茶も、ドラフト前は積極性が無いと言われていたのでそこを否定するためのプレイなのかもしれません。これで安定してくれると非常に頼もしいですね。

  5. ブルズマン

    スネルとオーガスティンいいですねー!
    まあまだまだ荒削りではありますが…
    相手が相手だったにしろ、これから期待してもいいんですかね?笑
    個人的にオーガスティンにはビラップスのように開花してほしいなーなんて思ってます。
    期待しすぎかな。
    スネルはなんか顔がブルズっぽいから好きです。笑
    BFIJさんがいうようにスネルの高いアーチいいですよね!
    昨年同様ではありますが、ローズがいない間控えの選手の出場機会が増え、選手層の厚いチームになってほしいですね。
    そうなれば怪我に苦しまれることも少なくなるんじゃないかな
    苦悩が続く今シーズンこれが最大のポジティブシンキングです。

    スカラブリニさん、たしかに次はノアが怪我しそうな臭いプンプンしますね…
    ナジー気合い出せ‼

    • BFiJ

      ブルズマンさん、コメントありがとうございます。
      スネルはまだまだ荒削りですが、シボドーのシステムでルーキーながらこんなに出場してる選手は初めてなのでミスしながらでも成長してもらいたいですね!
      オーガスティンはこのレベルでのプレイを維持出来るのであれば期待したくなりますよね。元々ドラフト9位指名の選手ですし、大学時代はケビン・デュラントとタッグを組んでたりとポテンシャルはあるんですよね。ブルズで開花してもらえると嬉しいですね。

  6. スカラブリ煮

    ブルズマンさん

    そうなんですよ、どこのチームの先発が20分程度で済むことなんてそうないんですが、それでも怪我がちなインサイド陣だけにタージくらい出れるぞっていう高身長の選手がもう一人ほしいなと感じています。
    JAZZのベンチ、カンターなんか贅沢使いすぎる・・・(笑)

    管理人様

    内容が、じゃなくて時間です。もうちょっと出れるだろ、もしくは出れる誰かを入れないと怪我すっぞ、的なことがフロントにいいたいがための笑みです^^;

Trackbacks / Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.