試合

ブルズ 95-86 バックス

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズ - バックス

3連勝!前半はなかなかリズムに乗れませんでしたが前半終盤から火がつき始め逃げ切る事ができました。

ローズが復帰しこの日の先発はローズ、ジミー、ダンリービー、タージ、ガソル。ノアがまだ病欠なのでまだフル面子にはなりませんが、ローズとジミーがレギュラーシーズンで一緒にプレイするのは昨年の11月18日以来。やっと一緒に見れましたよ。やっぱり二人の速攻とかはめちゃくちゃ速いから見てて盛り上がりますね。

先日大活躍だったセカンドユニットがこの日はいまいちだったのですが、タージとガソルがインサイドで活躍してくれました。タージが23得点10リバウンド、ガソルが22得点14リバウンドと二人揃ってダブルダブル。なんだかリズムがーと思っていたのですが終わってみれば先発全員二桁得点していました。

ローズは復帰戦序盤はジャンプシュートはパス回しに落ち着いている感じでなかなかドライブを見せませんでした。しかし前半終盤に一度ドライブからのフローターを決めてから積極的になり始め、オフェンスのヴァリエーションが広がった感じがしました。ドライブからのアシストを連続したりで13得点7アシスト。ターンオーバーが4回とケアレスミスがいくつかあったのでその辺はしっかりとしてもらいたいですね。前半終了間際、ブランドン・ナイトになんか言われたようで突然ローズが積極的になり活躍しナイトに吠えるシーンがありました。あれがきっかけになったのならナイトありがとう(笑)。

ジミーはローズが帰ってきたことでシュート数と得点が減りましたが、効果的なプレイを連発するのは変わらずでした。変態反射神経によるスティールや、ドライブからのアシストやフリースロー獲得。今日はプレイメイカー側に回る時間帯なんかもあって興味深かったです。

ディフェンスがまだだなーと思っていた今季ですが、この試合では後半バックスをFG30%の33得点に抑え込みました。逆に前半は結構やられてしまっていましたね。ハーフタイムで切り替えられて良かった。

見ていてチーム状態がまだ良いというイメージが湧かないのですが、それでも勝つべき相手には勝つ事が強いチームの最低条件なので、内容がどうあれ勝ち続けていることは大事だと思います。次戦は日本時間8日朝9時からアウェイでのシクサーズ戦。こちらも勝てるはずの相手なので、気を抜かずにしっかりと勝利してもらいたいです。

ノアはこの日ミルウォーキー入りして、チームと合流しフィラデルフィアに共に帯同するようです。そろそろ復帰するかな?

1Q 2Q 3Q 4Q Total
Chicago Bulls (4-1) 23 26 23 23 95
Milwaukee Bucks (2-3) 21 32 17 16 86
Game Stats

以下AP記事翻訳

MILWAUKEE – シカゴ・ブルズファンの不安を拭ってくれる光景がこの日見れた、デリック・ローズが故障者リストではなくコート上にいた事だ。

ローズが足首の怪我から復帰し、ブルズがミルウォーキー・バックス相手に95-86で勝利するのに貢献した。

ローズ「プレイしようとしていた。もちろん今夜100%の状態ではなかった。でもここで1勝しておくのは大事だなと感じたので、チームメイトと共に勝利をもたらすために何でもしようと思ったんだ。」

ブルズはタージ・ギブソンが23得点、パウ・ガソルが22得点、ローズが32分出場し13得点7アシストの活躍。バックスとのミルウォーキーでの対戦はこれで9連勝となった。

ここ2シーズンのほとんどを膝の怪我で欠場しているローズは、ここ2試合を両足首の捻挫で欠場していた。

トム・シボドーHC「プレイするのが大丈夫だと感じられる事が大事だった。この試合を乗り越える事ができたのは良いサインだね。ここからまた仕切り直せると良い。」

バックスはヤニス・アデトクンボが13得点8リバウンド。

バックスのジェイソン・キッドHCはチームのエネルギーが後半に落ちたことを指摘し、スコアボードもそれを示していた。バックスは後半わずか33得点。

キッドHC「我々はまだ若いチームだ。選手達は良くなってきている。何度もビデオを見てどういった間違いを犯したのかを勉強する必要がある。簡単に直せるようなものがほとんどだ。」

シカゴが1点リードする中、ガソルがジャンプシュートを決め、ジミー・バトラーがアクロバティックなレイアップをねじ込んだ。そこから残り2:16でカーク・ハインリックがスリーを決め9-2のランを展開した。

ローズの出場は試合数時間前の時点でも未定で、シボドーHCは試合前のウォームアップを行ってから判断すると話していた。ローズが先発することは試合開始の少し前に発表された。

序盤は躊躇することもあったローズは前半終盤に本来の姿を取り戻し始め、第2Q最後の3分でドライブから2本のレイアップを決めtあ。

バトラー「(ローズがいると)色々な事が楽になるよ。彼はとても良いパスを出しているし、守備も得点力も以前のようにしてくれている。リーダーが戻ってきてくれるのは嬉しいね。」

試合終盤には観客からローズに対して「MVP!」コールがわき起こった。

ギブソン「とても良かったね。彼は皆に”とにかく戦い続けろ、最終Q全力でいく”って言ったんだ。実際それをやってくれた。第4Qにギアをあげ、良いプレイを作り出してくれた。」

TIP-INS
ブルズ

  • ブルズはセンターのジョアキム・ノアが病気のため2試合連続欠場した。ノアは現地火曜のオーランド戦を欠場後、ミルウォーキーでチームと合流する予定だった。
  • バトラーが第3Qに4分以内で3スティールを奪うという時間帯があった。

バックス

  • 第2Q終盤にラリー・サンダーズのブロックをきっかけに、ブランドン・ナイトのノールックパスからアデトクンボがアリウープダンクを決め観客を盛り上げるシーンがあった。

次戦

  • ブルズ:日本時間土曜にアウェイでシクサーズ戦
  • バックス:日本時間土曜にアウェイでピストンズ戦

落ち着け
ローズの怪我歴から心配するファンが多いなか、シボドーHCがあまり過剰に反応しなくても大丈夫だとコメントした。

シボドーHC「とにかく彼はプレイする必要がある。そして彼はそのための準備を怠っておらず、今の状況をうまく管理できていると思う。」

空飛ぶゴミ注意報
第4Qの重要な局面でバックスが連続でオフェンシブファウルを取られた事に対して、苛立ったファンが物をコートに投げ込み始め場内アナウンサーが辞めるよう呼びかけるシーンがあった。キッドHCはファウルを取られたことを気に掛ける様子はなく、若い選手達の学習経験として受け止めていたようだ。

パーカーの成長
バックスのルーキーであるジャバリ・パーカーは12本中4本しかシュートが入らず8得点6リバウンドに終わった。

パーカー「とにかく今はもっと上手くならないとダメだ。言い訳はもうできない。もう5試合経験した、こっからはもう上手くなるしかない。」

母校に立ち寄り
試合前にバトラーはミルウォーキーの都心にある母校であるマーケット大学に立ち寄り、卒業証書を受け取った。

バトラー「卒業してるから当然あったんだけど、受け取りにいっていなかったんだよね。今日それを受け取りにいってきたんだ。嬉しいものだね。そのうち修士号もとろうかな。」

10 Comments

  1. k23

    こんばんは!リーグパス悩んでましたがとうとう購入してしまいました。
    これは良いですね。いろんなチームの試合も見れるし、ブルズも見落とすこともありません。
    これでブルズ&NBAにどっぷりつかりそうで嫁の逆鱗にふれそうですが楽しみいっぱいですw
    今日の試合ですが勝利とローズの復帰は嬉しいですが内容は…
    まぁ徐々に良くなっていくことを祈るのみですね!

    • BFiJ

      k23さん、コメントありがとうございます。
      おー加入しましたかリーグパス!世界が変わりますよー気をつけて下さいね(笑)。
      もうここ数年すっかりNBA漬けな毎日で困って(?)います。

  2. きりん

    強いですねブルズ^_^ノアがいなくてもギブソンがこれだけやれるってのはいいですね。なんかキャブスの完成度がまだまだな感じなんで今のうちに勝ちをためといてシーズン終盤は余裕を見せつつイースト1位をしっかりゲットってのが理想(≧∇≦)あとはあとはスネルがちゃんと使えるようになれば完璧だと思います。本当に強いチームは取りこぼさないチームだと思うので次も勝ってほしいです!

    • BFiJ

      きりんさん、コメントありがとうございます。
      タージがだいぶステップアップしてくれていますね。頼もしい!
      キャブスとは今季の1巡目指名を交換する権利もあるので、負けてくれると指名権の価値があがっていくのでどんどん差をつけてもらいたいです。
      勝てる試合は確実に勝っていって成績を伸ばしていきましょうー。

  3. いや~何はともあれ連勝、連勝!(笑) そにしてもバックス酷ぇ~な 大丈夫かキッド?!

    ローズの両足首は心配ですね。 ジャンプしてパスカットに行って着地後、少し座り込んで
    痛そうにしていましたね。 片足なら出場しながら治す事もあるでしょうが両足ですからね。

    されどPGとして本来の役割であるゲームメイクに比重を置いてプレイしていた様に見えた
    のは好印象でした。 スピードスター&スコアラータイプのPGはウエストブルックや
    ウォール、偶にローズも自分で何とか出来ちゃう為、ムキになってテンポを上げ過ぎて
    チームバランスを壊してしまう事が間々ありますが、今のローズは「災い転じて福と成す」
    と云うかPGとして1ランクアップ出来る環境とも言えるのではないでしょうか。

    今日ウォリアーズのゲームも観たのですがS・カリーのゲームメイカー&スコアラーとして
    バランスの良さとクレバーさに溜め息が出てしまいました! ありゃあ素晴らしい選手だ!
    対戦相手のC・ポールが並の選手に見えたもの・・・
    負けるな俺らのMVP!!

    蛇足ですが、今日のダグ君サッパリでしたがスーパールーキーのパーカー、ウィギンスも
    えらく苦労してますね。 ダグ君の新人王の芽もまだまだあるんじゃないでしょうか(笑)
    あ、ミロティッチにも・・・

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      第2Qで少し痛がっていましたよね。しばらくは何もない時でも様子見で欠場とか全然あっていいと思うので、慎重にやってもらえると嬉しいです。

      この試合ではゲームメイカーとしてのローズも見れた感じでしたね。ドライブからのフローターよりもドライブからのアシストのほうが印象に残りました。今後チームがまとまっていくにつれどういったプレイをしていくのか楽しみです。

      マクダーモットとミロティッチはこのまま頑張ればローテーションに入れるはずなので、いろいろと期待してしまいますね。

  4. MJ32

    管理人さん仰るとおり、終わってみたら勝ってるし、2桁得点選手が多いしあれ?って感じのゲームでした。誰かの調子が悪い時他の選手の調子が良い、という状態はチームの層の厚さを感じさせてくれます。エースの一人でありディフェンスMVPがいなくてもなんとかなるチームって他にあるでしょうか。あ、オフェンスRは取られ過ぎですけどね。

    1週間経って色々浮き彫りにされてきましたね。ガソルはスタッツ的に申し分ないし、居てくれて助かってるのは勿論なんですが、良いプレイとダメなプレイがはっきりしていて、ダメなプレイは本当にダメだったりするんで評価に困ります。あとミロ君のディフェンスは如何でしょうか。バックスの選手は自分にマッチアップしているのがミロだと判ったらスピードと当たり強さで躊躇無くアタックを仕掛けていたように見えました。

    といいますか今回のゲームはブルズよりもバックスの野武士っぷりに度肝を抜かれっ放しでした。あんまり見ないチームなんで、こんなことになってたのか、と。ノッている時はもう手がつけられないですね。恐怖感無しにガンガン挑んでくるし。サンダーズのブロックからの速攻アリウープは敵ながらすげえ!と思ってしまいました。ナイトなんて3年目なのにルーキーのような粗さだし。かと思えば後半は信じられないほど低レベルなミスを連発。クンポ君だったかな、始めてバスケをやった人かのような3秒バイオレーション。これからもバックスを目にすることはあまりないと思いますが、このチームがどんな感じになるのかちょっと興味を持ちました。

    余談ですが、バイロン・スコットがブーザーにディフェンスを改善する事を要求しているらしく、評論家みたいな人が「ブーザーのディフェンスのひどさはこれまでのキャリアで実証済みで、それを判って獲得したんじゃないのか」みたいな論調で、ちょっと笑ってしまいました。

    • BFiJ

      MJ32さん、コメントありがとうございます。
      なんか気づいたら二桁近いリードでバランスよくみんな得点しているっていう試合でしたね。ノア抜きにしてこれができるのはでかいですね。昨季はノアいないともうなんだかどうしましょうみたいな試合が多かっただけに、余計そう感じます。

      ミロティッチのディフェンスは、すごい良いわけではありませんが自分が想像していたよりも全然いいのでそこまで気になっていません。割と吸収が速そうな選手なので、だんだんこのスピードに慣れてくれば最低限ここに動くみたいのはやってくれそうだなと思っています。

      バックスは面白い選手がいろいろといるので見ていて飽きないですね。荒削り具合もものすごいですが(笑)。クンボやサンダーズ、そしてジャバリといった見ててファンが楽しめるような選手もいるので、これまでよりもバックスファンが多くいる気がしました。いつもならブルズファンだらけですからね、ミルウォーキー戦って。ここにキッドHCが加わってどういう風に仕上げていってくれるのかとても興味深いです。

      バイロン・スコットのコメント僕も見て盛大につっこみました(笑)。

  5. 匿名

    ブルズ良いですね。90年からずっとずっと応援してます。今年こそブルズに優勝して欲しいです。

    • BFiJ

      匿名さん、コメントありがとうございます。
      また優勝する姿みたいですね!今後もともよろしく御願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.