ニュース

ブルズ、SGデイクワン・クック選手と契約

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

ブルズがデイクワン・クックとベテランズ・ミニマム契約したようです。クック(25)は2007年にドラフトされた196cmのシューティング・ガードで先日ヒューストンに放出されたばかりです。昨年までのサンダーのメンバーでスリーポイントのスペシャリストとして在籍、ファイナルにも出場しています。今オフのジェームズ・ハーデンのトレードで一緒にヒューストンに移籍したばかりでした。

2009年ヒート在籍時にはオールスターのスリーポイントコンテストで優勝もしていることから、今年のブルズの弱点であるスリーポイントの補強であることは間違いありません。コーバーに似た起用方法になる感じでしょうか。

しかしガード陣はそれなりにいるので、しばらくはカークやハミルトンが怪我した時のための保険という印象です。シボドー監督もすぐ起用はしないといった発言をしていました。

シボドー監督「今ローテーションは固まりつつある。まだ彼は新しいっシステムやチームメートを学んだり準備しないといけない。しかしシーズン全体で見ると全員必要だからね。何年かリーグにいる選手だ。彼がどういう事が出来るのかはわかっている。試合に入って短い時間でも何本かスリーを決めることが出来る。今いる選手をうまく補填してくれると思う。」

外からのシュート力は欲しかったところなので良い選手を拾えたなという印象です。しかしフロントコートが手薄なのもあるので、ガードとの契約で少しびっくりはしました。ハミルトンのトレードの噂も耐えないので、そへの布石という可能性もあります。

ちなみに背番号は14番になるようです。ブルズのシューターで14番と言えばクレッグ・ホッジスを思い出します。一応次のクリーブランド戦から出場は可能なようなので、試合展開によっては見れるかもしれませんね。

海外記事:Bulls sign guard Daequan Cook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.