ニュース

【追記】デリック・ローズが右ひざの内側半月板断裂、手術へ

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

デリック・ローズが右ひざの内側半月板断裂、手術へ

先ほどブルズPRから発表がありました。ローズがMRIを受けた結果、右ひざの内側半月板断裂が確認され手術することが決まりました。前回と同じ膝です。今後のタイムテーブルはまだ未発表です。

とにかく辛いニュースです。何度も復帰してるウェストブルックみたいなケースもあるのでなんとか。。とか思いたいですが、とりあえず今は彼の健康を祈りたいです。

以下追記:2015.2.27

手術日は現地金曜に決まりました、なので日本的には土曜日ですね。手術を行うのは前回と同じくチーム医師のDr.ブライアン・コール。復帰までのスケジュールは手術を行ってから決まります。

発表としては「meniscectomy」を行うとされています。これは日本語にすると半月切除術にあたるので、当初から期待されていたように断裂は軽微なもので部分的な切除で対処できるものなのかもしれないというのが現地メディアの見方のようです。この場合復帰までの期間は前回よりも大幅に短縮され、今季中の復帰もあり得るかもしれません。

元々前回の手術後、多少の断裂の可能性はありその場合は除去する事が多いということをローズもチームも説明受けていたようです。完全除去と部分的な除去でまた今後の状況も変わってくると思うので、とにかく軽微である事を切に願います。

追記:12月にマクダーモットが受けた手術も同様のもので、その時は手術時間20分で松葉杖もなく歩く事ができていました。

ジョン・パクソンVP「彼があのレベルのアスリートである事も考えると、キャリアの早い段階で3度も手術をしなければならないのはとても辛い事だ。デリックはとても素晴らしい人間だ、きっとこの逆境もなんとか乗り越えると信じている。簡単な手術なんてものはないけど、ここはしっかりとケアしていきたい所。そして彼が今年またプレイ出来ることを望んでいる。この手術でしっかり治し、彼が久しぶりに体調万全だと感じられるようになると嬉しい。」

ガー・フォアマンGM「明日(現地金曜)また手術の経過と、彼のリハビリや復帰に関してアップデートをする。(Dr.コールが)手術を行うまで推測で発表とかはしたくないが、もちろん彼の復帰を望んでいる。」

とにかく明日の手術後にまだメディア対応があるようなので、そこからですね。手術頑張れ!

30 Comments

  1. アキ

    やりましたね…
    もう正直彼については考えないといけないでしょうね
    ローズはもちろん好きですが、それよりブルズのファンなので強いブルズが見たいし、優勝してもらいたいです!
    これ以上彼に振り回されるのはどうかと思いますね

  2. ポケッチ♪

    いま、Twitter除いて、なんか時間がとんだ気分でした…

    ほんとショックです。なんとかまたがんばって復活してほしいです。

  3. Dnove

    一瞬あたま真っ白になりました。
    辛すぎます。

    彼は僕がNBAを見るきっかけとなった選手です。

    僕はブルズファンですが、それ以上にローズファンです。
    辛すぎます。

  4. ガナーズ

    まさか、、、またこんな事が起こってしまうとは。
    辛い、辛すぎます。
    ローズ中心のチーム構成は今後厳しいかもしれませんね。とにかく残念です。

  5. かつ

    彼の離脱は悲しすぎます、正直またかと思いました
    だけどローズなら何度でも這い上がってくると信じてます、来シーズンまた元気な姿が見たいです

  6. ゆーき

    本当にショックです。
    めちゃくちゃ悔しいです。
    だけど、ドラフトであの確率で1位指名を獲得して、ローズをピックした時点でブルズとローズの運命は同じだと思ってます。
    ローズがいない優勝は本当の優勝ではないと思っているので球団にもローズの復帰を待って欲しいです。
    それにまだ全休とも発表してないし、ウエストブルック的なこともあると思うのでローズを信じて待ちましょう!

  7. ('-'*)

    縫合修復がうまくいってないんでしょうね〜,
    3回目となれば思いきって部分切除してしまったほうがいいように思いますが‥

  8. 通りすがり

    いつもTwitter、ブログを拝見させて頂いてます。
    さきほどTLを見て驚きました。

    バトラーの覚醒シーズンとなり、MDJも戻ってきた矢先でこの出来事はショックです。
    プレイを見た感じ、少しずつ試合勘を取り戻しながらのシーズンを送っていたと思われたので、
    プレイオフでの活躍を楽しみにしていました。

    でも起きてしまったことは仕方がない。。
    正直、アーロン・ブルックスを獲っていて良かったなー、と。
    ブルズの選手たちがこの件でモチベーションを下げることはあり得ないと思いますので、
    このままさらにチームが結束し、良い状態でプレイオフを戦える事を期待しています。

  9. おーゆー

    ローズ、、、
    最近調子を取り戻しつつあったのに、、

    手術が上手くいくことを、ローズが完全復帰することを祈るのみです。

  10. めろ

    ブルズファンではないけれど
    NBAのファンとしてドラフト1位の地元選手を獲得して育てたブルズのチーム作りは成功してほしいと思う。

  11. う~~ん・・・
    自分も半月板損傷で剥離手術をしましたが、今はダンパク質のシールを培養したシールを
    作って軟骨を再生する治療もあると記憶しているのですがローズはどんな治療法を選択するんだろう。

    ケガの度合いによりますが剥離するだけならシーズン中の復帰も有り得るかもしれませんが
    前回と同じ治療法だとシーズン終了の上に今回の様に再発する可能性が高くなるんだろうし
    根本的に治療法自体を見直さなければならないかもしれませんね・・・
    なんかグラント・ヒルの可哀想過ぎるキャリアが頭を過ぎってしまいます(泣)

  12. ゼットン

    ローズは、僕がNBAを好きになり、
    ブルズファンになったきっかけをくれた
    選手です。
    そして、最も大好きなプレイヤーです。
    そんなローズが怪我をしたと知り、
    正直かなり辛いです。
    でも、ローズならより素晴らしいプレイヤーになり、復活してくれると信じています。
    そして、これからもブルズを応援し続けます。
    Pray for Drose!

  13. 匿名

    もう終わってるね
    すごいよね、ローズが2年で10試合しか出てない中、試合に出続けたデンには3年30milをつきつけた挙句サラリー削減のために切り捨てて、ローズには毎年20mil近くを払い続けるブルズって

    ローズファンは毎年のように「ローズがいないと優勝は無理だから残念」とか言ってるけど
    いいかげん気づいてほしい

    「 ロ ー ズ が い る か ら 優 勝 は 無 理」

  14. 匿名

    糞ローズもういらねえ。
    カークもいらねえ。

  15. takumi

    彼は何度でも這い上がる!
    そして僕等はただただ待ち続ける!
    ファンとして彼を、ブルズを応援し続ける!

  16. ぎゅーとら

    匿名さんは一体何がしたいんですかね、、、
    それはともかく、ローズは今年は時折目を見張るプレーをしていたので怪我は残念です。今年中に復帰できることを祈ります

  17. 匿名

    目を見張るって手術したら意味ないじゃん。
    マジ受ける。

  18. 2K7

    ローズファンの意見も、匿名さんの意見も、両方の考えが頭をよぎり、今はただ呆然とするのみ。

  19. 黒田

    正直、ここまで怪我が多いエースっていうのはどうかと思います。
    ジョーダンも骨折して1度長期的に休んでいますが、以降は大きく故障することはなかったわけで。

    来期はさすがにローズ抜きでの戦い方をメインに考えるべきなんじゃないかと思います。
    匿名さんの言い方は好きではないけど、でもこの怪我の多さで年20M払い続ける価値があるのか…
    今は復帰するのを待つしかないのでしょうが、今期の残りは今のメンバーで頑張ってもらいたいですね。

  20. used

    魔法が解けた。
    ローズの報に触れ、そんな気持ちです。

    地元出身のスーパースター。
    最年少MVP。
    彼が繰り出すムーヴに酔いしれ、驚愕し、豪快なプレイに幾度も熱狂しました。
    彼が再びブルズを頂点へ導くに違いないと、信じることは難しくありませんでした。

    どんなスター選手でも必ず衰えて、いつかは引退していく。
    それは摂理です。

    ただ、終わりが訪れるのがあまりにも早過ぎたのではないかと。

    もう少しだけ、ローズの輝きを見ていたかった。
    もう少しだけ、夢を見ていたかった。

    おかしいですね、ローズが引退したわけでもないのに。
    何故こんな気持ちになるのか。
    答えが見つからないです。

    祈ることしか出来ないのが辛いです。
    乱文、申し訳ありません。

  21. みちよ

    今のローズに20M払う価値が無いとかデンとの契約を渋ったとかの発言はナンセンスですな。
    当時のローズにマックス契約結ばない無能なGMはいないでしょうし、
    成長株のバトラーがいるのにタックス払ってまでデンと再契約する無能なGMもいないでしょうしね。
    ローズ獲得以降チームとして間違えた選択は何一つとして無いはず。
    ただ不運としかいいようがないですね。
    ローズは絶望的ですがまだ楽しみな若手がいてるのでプレーオフも少しは楽しめるでしょう。

  22. いんそむにあ

    彼のようなスラッシャータイプのガードだとやっぱり膝をやりやすいんですね…

    知り合いにも靭帯切った人が何人か居ますし、そういう人はCかそうでなければバリバリの切り込み隊長でした。

    ウェイドやレブロンのような恵まれた肉体があればさほど問題にはならないのでしょうが、やはりNBAの屈強な選手達とのコンタクトは想像できないくらいハードなんでしょう。

    僕自身も膝のケガにはずっと悩まされていて、あれって全然治らないんですよね…本当に。全盛期にそんなケガをしてしまったローズは本当に辛い思いをしていると思います。

    ケガのくせなどは人それぞれだと思うので、~と比較して、などはあまり意味がないのではないのではないでしょうか?

    とはいえ、今後のチーム方針についてはまた考え直さなきゃいけないと思います。幸い今のブルズにはタレントが揃っているので柔軟に対応してくれたらなと思います。

  23. Nikkou

    残念です。
    誰もが才能を認める中、度重なるケガでの戦線離脱は、
    ブランドンロイを思い出します。

  24. サンドイッチ・ハンター

    いちNBAファンとして、本当に残念でなりません。
    一番辛いのは本人でしょうが、無限の可能性を秘めた選手が若くして怪我に泣く姿は、本当に見ていて辛い。
    ブルズも、あくまでローズ中心のチーム編成を行ってきましたが、そろそろ方向転換を迫られる時期になりそうですね…

    今後彼の「耐心」が報われるかは判りませんが、ファンとしては彼の輝く姿がもう一度見たいです。

  25. 190

    残念ですね。
    本人が一番辛いでしょう。
    また活躍してくれるのを期待してます。

    ケガしない身体って重要ですね。
    欠場少ない選手は素晴らしいと思います。

  26. ('-'*)

    部分切除ですね,ムリに保存するよりもいいと思います,
    PRP療法も進んできてますしブランドンロイの
    ようなことにはならないはず‥と
    思います,

  27. ('-'*)

    切除なのでほんの少し選手寿命は縮むかもしれませんがうまく戻れるはずです,もう終わったなんてことは絶対にないです・∀・

  28. longyi

    本人が一番辛いでしょう。
    こちらはただ復帰を待つしかないですね。
    とりあえず無事に手術が終わることを祈ります。

  29. NBA15

    ローズの怪我の情報を見ると、正直”またきたか…”と思ってしまいますね。選手が怪我する場合ほとんどが不運なものであるが故、とても残念です。早期の回復を願うばかりです。
    ここのコメントでも2通りの意見がありますね。ローズはCHIの象徴だからという意見も納得ですが、ここまで怪我で欠場が多いエースは正直どうなのかという意見も正しい考えでしょう。1stオプションを担うとは、チームがそこを中心にバスケットをするということですので、やはり欠場数が多いというのは見過ごせない箇所ではありますからね。

  30. 匿名

    復帰を待つとかまだそんな馬鹿なこと言ってんのかよ。
    もうローズはトレード要因だ。
    ろくにパス捌けん、ターンオーバー多い一番はいらねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.