試合

ペリカンズ 106-116 ウォリアーズ【DAZN】

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket
ペリカンズ 106-116 ウォリアーズ【DAZN】

Photo by Ezra Shaw/Getty Images

ステフィン・カリーがNBA記録となる1試合13本のスリー成功でオラクル・アリーナ大盛り上がり!前の試合でステフはスリーを10本全て外してしまい、スリー成功連続試合記録を157で止めてしまっていただけに、次の試合で新記録を打ち立てるあたりがさすがというからしいというか。

1Q 2Q 3Q 4Q Total
New Orleans Pelicans (0-7) 24 25 29 28 106
Golden State Warriors (5-2) 28 35 21 32 116
Game Stats

以下AP記事翻訳

OAKLAND, Calif. – ステフィン・カリーはスリーポイントラインの先からシュートを放ち後ずさりをし、記録を塗り替えるスリーが決まると頭を縦に揺らしながらMVPらしい自信あふれる出で立ちでコートを舞った。

カリーの数々の記録に新しい項目が追加された。1試合最多スリー成功数。

スターガードは13本決めNBA新記録を打ち立てた。その前の試合では2年ぶりに1試合で全てのスリーを外したばかりだった。ゴールデンステイト・ウォリアーズはカリーの活躍もあり、ここまで無勝のニューオリンズ・ペリカンズに116-106で勝利した。

「特別な夜だった」ステフィン・カリー

3日前のロサンゼルス・レイカーズへの117-97の敗戦では10本全てのスリーを外し、リーグ記録だった157試合連続スリー成功が途絶えていた。その試合から立ち直ったカリーはこの日46得点。

「この2日間、練習ではかなり自分に厳しかった。なかなかいいシュート練習になったよ。0/10だったり2/12だったりすり試合には過剰反応はしない。自分の中でのプロセスは変わらないけど、ここ二日間は集中力のレベルを上げてボールが入っていくのを見ることによってリズムを取り戻していた」ステフィン・カリー

カリーはこの日スリーを17本中13本決め、スリー成功数が二桁に登るのはキャリアで7度目。試合残り2:23で記録を破り、観客が総立ちで歓声を送った。

これまでの記録の12本もカリーが保持しており、他にコービー・ブライアントとドニエル・マーシャルも記録していた。

「何もできないさ。ステフがステフだった」アンソニー・デイヴィス

ゴールデンステイトの新たなスターであるケヴィン・デュラントからスポットライトを奪い返したカリーは、試合を通して右腕を振りかざし胸を叩く仕草を続け、シュートが決まり続ける旅に雄叫びをあげた。シュートは26本中16本決め、昨季リーグ最多となる13度の40得点以上パフォーマンスを今季初披露した。

ウォリアーズはファンは「M-V-P!」チャントを浴びせ続け、この夜を楽しんだ。

「大したショーだったね。ステフは悪い試合からいつもしっかりと立て直してくるから驚きはないよ」スティーブ・カーHC

クレイ・トンプソンが2本のスリーを含む24得点で、この日のスプラッシュ・ブラザーズはよりらしさを取り戻しているようだった。ウォリアーズは他のデュラントが22得点した。

デイヴィスが33得点したニューオリンズ(0勝7敗)はシクサーズ(0勝6敗)とともにリーグ唯一まだ白星をあげていない。第3Q残り4:14でデイヴィスのターンアラウンドからのフックショットでペリカンズは73-72とリードを奪っていた。

デイヴィスは10月28日のウォリアーズとの対戦でも45得点17リバウンド3アシスト2スティール2ブロックと大活躍していた。

ウォリアーズはドレイモンド・グリーンが12リバウンド11アシストで今季2度目となるダブルダブルを達成。ホームで戦うのは先週の木曜にデュラントの古巣であるオクラホマシティー・サンダー相手に122-96と圧勝して以来だった。

トンプソン(レイカーズ戦でスリー2/10、サンズとブレイザーズ戦で合わせて0/13、シーズン通して9/46(19.6%))は最初のスリー3本を外し、第2Q終盤にようやくベースラインから一本決め、観客が沸いた。

カリーの一本目のスリーは第1Q残り7:29でのことだった。第3Q残り1:45ではデイヴィスにファウルされたことをアピールしテクニカルファウルを取られた。

TIP-INS
ペリカンズ

  • イートワン・モアが15得点。
  • ペリカンズは股関節の手術が必要となったランス・スティーブンソンをウェイヴし、アーチー・グッドウィンと契約した。
  • ニューオリンズはゴールデンステイト相手に16戦中15敗目となった。

ウォリアーズ

  • デイヴィッド・ウェストが900試合目となるレギュラーシーズンゲームに出場し、現役選手の中では22人目となった。
  • カリーはホームで81試合連続スリーを決めている。金曜にロサンゼルスで一本も決めなかったことにより、2014年11月11日以来となった。
  • 前回のペリカンズとの対戦で左足首の捻挫し、4試合連続欠場していたルーキーのパトリック・マコーが復帰した。代わりにアンダーソン・ヴァレジャオが欠場した。
  • 元ウォリアーズ選手でコーチのアル・アトルズがこの日80歳の誕生日を迎え、第1Q終わりにトリビュートビデオとバースデーソングとカップケーキをもらっていた。

デュラントの記録
デュラントは71試合連続で20得点以上しており、カリーム・アブドゥル・ジャバーと並ぶNBA史上5番目に長い記録だ。

記念日
ウォリアーズがフランチャイズとして初試合を行った日から70周年だった。70年前、4,185人の観衆の前でフィラデルフィア・ウォリアーズがピッツバーグ・アイアンメン相手に81-75で勝利した。

次戦

  • ペリカンズ:日本時間水曜にアウェイでキングス戦
  • ウォリアーズ:日本時間木曜にホームでマブス戦

1 Comment

  1. さりげに記事の後半ブルズvsペリカンズになっております(汗)
    ブルズにカリーは喉から手が出る程、欲しいですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.