ニュース

最近拾いきれてなかったブルズニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

色々あったのですが記事にできていなかった(怠慢すみません)ニュースをまとめます!

ダイヤモンド・ストーンと契約

部分保証($50,000くらい)契約で元クリッパーズで20歳のビッグマンを獲得。ガリナリのトレードでアトランタにいたのですがすぐにウェイブされていました。そんなに身体能力が高くなく、どちらかという旧タイプのビッグマンなので現在のリーグで苦戦しているイメージ。まだ24分しかNBAでプレイしたことがありません。割とブルズのフロントコートは混雑しているので、トレーニングキャンプ要員からのGリーグ行きとなるのかなと思っています。

ダグ・コリンズがシニアアドバイザーに就任

なかなか驚きの人事でした。ジョーダン時代にフィル・ジャクソンの前のコーチだったダグ・コリンズが球団に復帰です。ジェリー・ラインズドルフとかなり親しく、シボドーを雇用するときに候補として上がっていました。実は第一候補がマイク・ダントーニ、第二候補がコリンズでした。しかしラインズドルフがあまりにも親しいことから、ビジネスでその仲を失ってしまうことを恐れその話は立ち消えに。
ガー・フォアマンの決断に少し別の声が入ってくるのはいいことなのかなと思いつつも、この人かなり旧世代の考え方をするのでそのあたりが心配ではあります。アナリティクスをあまり活用せず、フィラデルフィアで若手をコーチしていた時も失敗に終わっています。シニアアドバイザーという割とゆるめなポジションであることがそのあたりの考え方に変化をもたらしてくれるといいなあ。

ブロンソン・ケイニグと契約

ウィスコンシン大学でフランク・カミンスキーやサム・デッカーとチームメイト。彼らが卒業後も数字を挙げ4年生までしっかりと活躍した活躍したガードです。こちらもトレーニングキャンプ契約ですね。バックスと先にツーウェイ契約していましたが、最近ウェイブされていました。高校生の時にアイオワ州立大のコーチだったホイバーグにリクルートされている過去があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.