その他

【翻訳】『コービー・ブライアント 失う勇気 最高の男(ザ・マン)になるためさ!』著:ローランド・レイゼンビー|訳:大西玲央

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

情報解禁になりました!本を丸々一冊翻訳いたしました!

前回マイケル・ジョーダンの伝記本を翻訳協力させていただいたのですが、そのチームで今度はコービー本『SHOWBOAT: The Life of Kobe Bryant』を翻訳いたしました。著者はジョーダン本と同じく、取材力が尋常じゃないことで有名なローランド・レイゼンビーさん。今回は自分がメインで翻訳をさせていただきました。700ページ越えという超大作です。

ジョーダンの時もその情報量の多さに圧倒されたのですが、今回もすごいです。コービーの祖父の代まで遡り、幼少時代を過ごしたイタリアにも著者が直接取材に行っているという凄まじさ。もちろん父ジェリービーン(ジョー・ブライアント)の話も盛りだくさんです。

そしてなんとこれ、日本初のコービー・ブライアント本だそうです。コービーファンだけでなく、NBAファン、バスケファン、コーチ目線などいろいろな角度で楽しめる内容だと思いますのでぜひお手にとってみてくださいませ!

発売日は2017年10月20日ですが、今日からアマゾンで予約できるようなので、おそらく本屋さんでも予約できるかと思います。発売が楽しみです!

楽天ブックスでも販売開始してました!
コービー・ブライアント失う勇気 最高の男になるためさ! [ ローランド・レイゼンビー ]

2 Comments

  1. 出版おめでとうございます!
    700ページってすごいですね。お疲れさまでした
    コービーの幼少期の話などすごく興味があるので、発売日が楽しみです

  2. 管理人さんならバスケに限らずスポーツ翻訳家でも行けちゃいませんかね?!
    凄いですね! 

    コービーに関してはコービー引退の記事でもコメントしましたが、余り思い入れは
    ないんですよね~ 時代を代表する偉大なプレイヤーなのは間違い無いと思いますが
    シグネチャーモデルのシューズも買う気にならないし・・・
    本音を言えば余り好きではない。 
    でも伝記本には興味あるので機会があったら読んでみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.