ニュース

NBAドラフト2013 結果

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

NBA DRAFT 2013

NBAドラフト2013結果です!トレード情報は随時追加・訂正していきます。

  • 1位 アンソニー・ベネット Anthony Bennet

    クリーブランド・キャバリアーズ
    UNLV大|20歳|203cm|108.8kg|PF

    一言:運動神経の高いフォワード。ジャンプ力が高く、インサイドでもアウトサイドでも得点できる。まだポストムーブが少ない。ベネットの1位は誰も予想していなかったためかなりのサプライズとなった。

  • 2位 ビクター・オラディポ Victor Oladipo

    オーランド・マジック
    インディアナ大|21歳|193cm|96.6kg|SG

    一言:ディフェンス力の評判が高く、ひたむきさと上手くなる事への意欲は今年の選手の中では群を抜いている。この指名でマジックはアーロン・アフラロを動かす可能性が強くなってきた。

  • 3位 オットー・ポーター Otto Porter

    ワシントン・ウィザーズ
    ジョージタウン大|20歳|206cm|89.8kg|SF

    一言:ミッドレンジからのシュートがうまく、ディフェンス力とバスケIQもとても高い。ジョン・ウォールとブラッドリー・ビールのコンビにうまくはまるタイプと予想。

  • 4位 コディー・ゼラー Cody Zeller

    シャーロット・ボブキャッツ
    インディアナ大|20歳|213cm|104.3kg|C

    一言:バスケIQが高くスピードもある長身センター。センターにしてはボールハンドリングが上手い。もう少しパワーをつける必要がある。ノエルとマクレモアが残っている中でのこのピックは周囲を驚かせた。

  • 5位 アレックス・レン Alex Len

    フェニックス・サンズ
    メリーランド大|20歳|216cm|102kg|C

    一言:スキルのある長身センター。潜在能力がとても高いので成長次第では化ける。恐らく去るであろうゴルタットに代わるサンズのビッグマンとなれるだろうか。

  • 6位 ナーレンズ・ノエル Nerlens Noel

    ニューオリンズ・ペリカンズ→フィラデルフィア・76ers
    ケンタッキー大|19歳|213cm|99kg|C

    一言:運動神経抜群の長身センター。ブロックが非常に上手く、ポストプレイからのパスも上手い。オフェンスはまだ荒削りだがまだ若くポテンシャルはとても高い。ACL手術等でここまで落ちる事になった。シクサーズとしてはここでゲット出来た事は大きい。ホリデーをトレードに使用したことが裏目に出ないかが注目。

    トレード
    NOPのナーレンズ・ノエルと2014年ドラフト第1ラウンド指名権(トップ5プロテクト)
    PHIのジュルー・ホリデーと42位指名権

  • 7位 ベン・マクレモア Ben McLemore

    サクラメント・キングス
    カンザス大|20歳|195cm|85.7kg|SG

    一言:運動能力の高いウィングマン。長距離からのシュート力も高い。スキルは非常に高いが不安定さを懸念する声も。新生キングスにとって良いピックだと思います。7位で彼を指名できたのはおいしい。

  • 8位 ケンタヴィウス・カルドウェル-ポープ Kentavious Caldwell-Pope

    デトロイト・ピストンズ
    ジョージア大|20歳|198cm|92.5kg|SG

    一言:シュート力抜群のシューティングガード。パスやディフェンスも上手い。ボールハンドリングにやや難。とても良いシューターなのでブランドン・ナイトがPGとして成長してくれれば強力なバックコートコンビになり得る。

  • 9位 トレイ・バーク Trey Burke

    ミネソタ・ティンバーウルブス→ユタ・ジャズ
    ミシガン大|20歳|185cm|84.8kg|PG

    一言:コートがよく見えている良PG。ドライブからのキックアウトを得意とする。PGを欲していたジャズにはうまくはまるはず、先発の可能性も。

    トレード
    MINのトレイ・バーク
    UTAの14位指名(シャバズ・ムハメド)と21位指名(ゴルグイ・ジェン)

  • 10位 C.J.マクコラム C.J. McCollum

    ポートランド・トレイルブレイザーズ
    リーハイ大|21歳|190cm|89.3kg|PG

    一言:得点力抜群のスコアリング・ガード。リラードと同じPGだが共存できるタイプ。

  • 11位 マイケル・カーター-ウィリアムズ Michael Carter-Williams

    フィラデルフィア・76ers
    シラキューズ大|21歳|198cm|83.4kg|PG

    一言:コートビジョンとボールハンドリングがとても上手い長身ポイントガード。2番もプレイできる。ホリデーという大きな穴を埋めなければならない。ノエルと共に再建の要となる。

  • 12位 スティーブン・アダムス Steven Adams

    オクラホマシティー・サンダー(TORから)
    ピッツバーグ大|19歳|213cm|115.6kg|C

    一言:体格に恵まれておりリバウンド力の高いセンター。まだ雑な面もあるが19歳と若く、ポテンシャルはとても高い。しっかりと育てていかなければならないので、OKCコーチ陣の手腕が問われる。

  • 13位 ケリー・オリニク Kelly Olynyk

    ダラス・マーベリックス→ボストン・セルティックス
    ゴンザガ大|22歳|213cm|106.1kg|PF

    一言:プレイの幅が広い珍しいビッグマン。スリーからも打てる。しかしサイズの割にリバウンドやブロックが普通。チーム大改造中のセルティックスのストレッチ4という役割をまかされることになる。

    トレード
    DALのケリー・オリニク
    BOSの16位指名(ルーカス・ノゲイラ)と将来の第2ラウンド指名権2つ

  • 14位 シャバズ・ムハメッド Shabazz Muhammed

    ユタ・ジャズ→ミネソタ・ティンバーウルブス
    UCLA大|20歳|198cm|100.7kg|SF

    一言:力のあるフィジカルの選手で得点能力が高い。献身的なプレイをする。ドリブルからのシュートがまだ弱い。フリップ・サンダーズはずっとムハメッドを欲しがっていたので念願叶ったり。

    トレード
    MINのトレイ・バーク
    UTAの14位指名(シャバズ・ムハメド)と21位指名(ゴルグイ・ジェン)

  • 15位 ギアニス・アネトクンボ Giannis Antetokounmpo

    ミルウォーキー・バックス
    ギリシャ|18歳|206cm|97.5kg|PG

    一言:柔軟性の高いポイントフォワード。ボールハンドリングとパスが上手い。ジャンプシュートがまだ不安定。オールラウンダーではあるが、プレイしていたギリシャのリーグはNBAと比べると格下。ポテンシャルは高いが、その分失敗する可能性も大きい。

  • 16位 ルーカス・ノゲイラ Lucas Nogueira

    ボストン・セルティックス→ダラス・マブス→アトランタ・ホークス
    ブラジル|20歳|213cm|99.8kg|C

    一言:ブロックとリバウンドが出来る長身センター。オフェンスはまだ雑。ホークスはずっとノゲイラに目をつけていた。まだまだ荒削りなので育成にかかっている。

    トレード
    DALのケリー・オリニク
    BOSの16位指名(ルーカス・ノゲイラ)と将来の第2ラウンド指名権2つ

    トレード
    BOS→DALの16位指名(ルーカス・ノゲイラ)
    ATLの18位(シェーン・ラーキン)と44位指名権とジャレド・カニングハム

  • 17位 デニス・シュルーダー Dennis Schroeder

    アトランタ・ホークス
    ドイツ|19歳|188cm|74.8kg|PG

    一言:とても素早く、ボールハンドリングが上手いポイントガード。身長に大して腕がとても長い。ゴール下に切り込むのが上手い。ノゲイラと共にとても若いがポテンシャルのある選手。2人がどう成長するかが勝負。

  • 18位 シェーン・ラーキン Shane Larkin

    アトランタ・ホークス→ダラス・マブス
    マイアミ大|20歳|182cm|77.5kg|PG

    一言:シュート力のある素早いポイントガード。背が低くフリースローを得る事が少ない。ダレン・コリソンがFAになるためPGを探していたので彼を指名できたのはマブスにとってプラス。

    トレード
    BOS→DALの16位指名(ルーカス・ノゲイラ)
    ATLの18位(シェーン・ラーキン)と44位指名権とジャレド・カニングハム

  • 19位 セルゲイ・カラセフ Sergey Karasev

    クリーブランド・キャバリアーズ
    ロシア|19歳|200cm|89.3kg|SF

    一言:複数のポジションをこなせるスキルのあるガード。バスケIQが高くパスにも長けている。運動能力は普通。キャブスとしてはSF補強は必須だったので良ピック。

  • 20位 トニー・スネル Tony Snell

    シカゴ・ブルズ
    ニューメキシコ大|21歳|200cm|89.8kg|SG

    一言:キャッチ&シュートを得意とするシューター。リバウンドとオフェンスでの積極性が弱い。シュート力を改善したかったブルズとしては嬉しい。非常に体格に恵まれているので、それを利用したディフェンスがうまくできるようになれば◎。

  • 21位 ゴルグイ・ジェン Gorgui Dieng

    ユタ・ジャズ→ミネソタ・ティンバーウルブス
    ルイビル大|23歳|211cm|104.3kg|C

    一言:リバウンド、ブロックが上手い長身センター。ビッグマンにしてはパスが上手いがオフェンスはまだ雑。ジャズのインサイドディフェンスの底上げにつながるだろう。

    トレード
    MINのトレイ・バーク
    UTAの14位指名(シャバズ・ムハメド)と21位指名(ゴルグイ・ジェン)

  • 22位 メイソン・プラムリー Mason Plumlee

    ブルックリン・ネッツ
    デューク大|23歳|208cm|107.9kg|PF

    一言:動けるビッグマン。ジャンプ力が高く、ミッドレンジからのシュートも打てる。ローポストでの得点パターンを増やす必要がある。ロペスのバックアップとしては良い選手を獲得できたのでは。KGも加わり教材になる選手も多く成長が期待できる。

  • 23位 ソロモン・ヒル Solomon Hill

    インディアナ・ペイサーズ
    アリゾナ大|22歳|200cm|102.5kg|SF

    一言:安定感のあるオールラウンダー。第2ラウンドと予想される事が多かったためサプライズ指名となった。グレインジャーの健康状態を考慮したうえでの補強か?

  • 24位 ティム・ハーダウェイ Jr. Tim Hardaway Jr.

    ニューヨーク・ニックス
    ミシガン大|21歳|198cm|90.2kg|SG

    一言:シュート、ドライブどちらからでも得点が出来るスコアラー。パスもうまいがボールハンドリングはまだ上達が必要。ポテンシャルのピークはそこまで高くはないが得点力があるため即戦力として使用できる。

  • 25位 レジー・ブロック Reggie Bullock

    ロサンゼルス・クリッパーズ
    ノースカロライナ大|22歳|200cm|90.7kg|SF

    一言:得点力抜群のウィング。外からも打て、インサイドに切り込む事も出来る。集中力がまだ足りない。シュート力を欲していたクリッパーズにとってブロックの獲得は◎。

  • 26位 アンドレ・ロバーソン Andre Roberson

    ミネソタ・ティンバーウルブス→GSW→オクラホマシティ・サンダー
    コロラド大|21歳|200cm|93.4kg|PF

    一言:リバウンド力がとても高いフォワード。ボールへの嗅覚がとても高い。しかしその他のエリアではまだまだ荒削り。スタッツオタクの間ではスター選手とされている。サンダーがまたもやおいしい拾い物をしたのかどうか見物。

    トレード
    GSWが26位を金銭で獲得
    そのままGSWがOKCの29位+金銭とトレード。

  • 27位 ルディー・ゴベール Rudy Gobert

    デンバー・ナゲッツ→ユタ・ジャズ
    フランス|20歳|218cm|107.9kg|PF

    一言:ジャンプ力があり腕の長い長身センター。リバウンド力が高い。力とポストプレイの上達が必要。まだまだ成長が必要だが、ジャズとしてはこの位置でゲットできる選手としては良いのでは。ビッグマンが2人ともFAなためフロントコートの補強を必須だった。

    トレード
    DENのルディー・ゴベール
    UTAの46位指名権と金銭

  • 28位 リヴィオ・ジャン-チャールズ Livio Jean-Charles

    サンアントニオ・スパーズ
    フランス|19歳|206cm|98.4kg|SF

    一言:インサイドからもミッドレンジからも得点する事ができる。スパーズとしてはもう1年フランスでプレイすると予想している。

  • 29位 アーチー・グッドウィン Archie Goodwin

    オクラホマシティー・サンダー→GSW→フェニックス・サンズ
    ケンタッキー大|18歳|195cm|85.7kg|SF

    一言:運動能力が高くフィニッシュも上手い。非常に若い選手なので期待値が高い。成長を数年見守らなければならないが、うまくいけばサンズとしては結構おいしいピックかと。

    トレード
    GSWが26位を金銭で獲得
    そのままGSWがOKCの29位+金銭とトレード。

    トレード
    GSWの29位
    PHXの30位(+金銭だと思います)

  • 30位 ネマンニャ・ネドビッチ Nemanja Nedovic

    フェニックス・サンズ→ゴールデンステイト・ウォリアーズ
    セルビア|22歳|193cm|90.7kg|PG/SG

    一言:運動神経抜群のコンボガード。とても積極的なプレイをする。典型的なヨーロッパ人選手とはまったく違う爆発力のあるタイプの選手。海外でのプレイがNBAにそのまま換算できるかがウォリアーズとしては勝負に出た感じか。

    トレード
    GSWの29位
    PHXの30位(+金銭だと思います)

NBAドラフト2013 第2ラウンド結果
31位 CLE→POR アレン・クラブ SG
32位 OKC アレックス・アブリネス SG
33位 CLE キャリック・フィーリックス SG
34位 HOU アザイア・キャナン PG
35位 PHI→WAS グレン・ライス Jr. SF
36位 SAC レイ・マクキャラム PG
37位 DET トニー・ミッチェル PF
38位 WAS→MIL ネイト・ウォルターズ PG
39位 POR ジェフ・ウィジー C
40位 POR→OKC グラント・ジェレット PF
41位 MEM ジャマール・フランクリン SG
42位 PHI→NOP ピエール・ジャクソン PG
43位 MIL→DAL リッキー・リードー SG
44位 DAL→ATL マイク・ムスカラ PF
45位 POR マルコ・トドロビッチ SF
46位 UTA→DEN エリック・グリーン PG
47位 ATL ラウル・ネト PG
48位 LAL ライアン・ケリー PF
49位 CHI エリック・マーフィー PF
50位 ATL→MIA ジェームズ・エニス SF
51位 ORL ロメロ・オズビー PF
52位 MIN ロレンゾ・ブラウン PG
53位 IND→BOS コルトン・アイバーソン C
54位 WAS→PHI アルサラン・カジミ PF
55位 MEM→DEN ジョフリー・ラヴァンニェ PF
56位 DET ペイヨン・シヴァ PG
57位 PHX アレックス・オリアキ C
58位 SAS デショーン・トーマス SF
59位 MIN ボーヤン・ドゥブリビッチ PG
60位 MEM ヤニス・ティマ SF

Trackbacks / Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.