analyze

トニー・スネル|2013-2014総評

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

トニー・スネル|2013-2014総評

スネル!スネちゃま!スネ夫!トニートニートニー!なんか色んな形で呼ばれていましたね。僕もなんかどうしようもないあだ名を一個つけた気がするんですが全く思い出せません。まあいいですそれは。

スネルにとって山あり谷ありなシーズンとなりましたね。全く出場しないところから、ジミーの怪我などがあり一気に出場時間が増え、その後またちょっとしたローテーション選手で4,5分のみの出場と。ただシボドールーキーとしてはだいぶ出場したほうだと思います。ジミーはルーキーシーズン359分しか出場しなかったのですが、スネルは1231分出場。システムとディフェンスをしっかりと出来る事にこだわるシボドーがここまで起用したというのは、何かしらのポテンシャルを感じるからだと思います。まあもちろん、チーム状況がそうさせたというのもあるのですが。

彼のシュート力はたまにある爆発的な試合で見る事ができましたね。ただここまでも、スパッと入るかリムに大きく弾かれるかの両極端なシュートを打つ選手をあまり見た事がありません(苦笑)。もう少し安定してくれると嬉しいですね。ただあまり入っていない時でも自信を失ってる感じはなく、躊躇したプレイにならなかったのはシューターとして良い事だと思いました。

サンプルサイズが73.7分とそんなに大きくないのでそこまで言及しても意味ないのかもしれませんが、スネル-オーガスティン-タージ-ノア-ダンリービーのラインナップの数字がめちゃくちゃいいんですよね。このラインナップが出場している時間帯の得失点差がなんと+49。何か上手く行く要素があるものとして来期の成長を楽しみにしてもいいのかもしれません。

あとはやはりノアとの腰バンプ事件ですかね(笑)。選手達がよくみせるジャンプして腰同士をあてるあの祝い方を、ノアがやりにいったらスネルがやるタイミングを逃してしまいノアからもの凄く冷たい視線を送られるという。めちゃくちゃ笑いました。次の機会にしっかりと2人で出来ていたのを見て安心しました。ノアわざわざスネルに指をさしてまでやっていましたからね。後輩思いなんだなーと感じました。

そして自慢のコーンロウ切ったという記事がなぜか人気がありました。愛されてるじゃないかースネル。来期の成長がとても楽しみです。まだまだ色々な面において荒削りなので、オフのトレーニング頑張ってもらいましょう。サマーリーグにまた出場してくれるならサマーリーグの楽しみが一つ増えました。

※以下ESPN記事翻訳です。僕の意見ではありません。

年齢:22|2013-14年棒:$1,409,040 |シーズン平均:4.5得点1.6リバウンド

シーズン総評
今シーズンのスネルは時折良い選手になる可能性を覗かせてはいたものの、ルーキーとして重要な役割を担うには活躍が不安定すぎた。コーチ陣やチームメイトは彼の練習への姿勢を誉め称え、来季もっと良い選手に成長する自信を持っているようだ。

シーズン・ハイライト
2月21日のデンバー・ナゲッツ戦、スネルはシーズンハイとなる20得点。37分出場し3本のスリーを決めた。

シーズン・ローライト
2月23日のマイアミ・ヒート戦、スネルは38分出場しながらも10本中2本しかシュートが決まらず、時にどこに動けばいいか理解できていない様に見えた。

最終評価:C-

一言メモ
昨季のドラフトでゴルグイ・ジェン、メイソン・プラムリー、ティム・ハーダウェイJr.などスネルより活躍した選手を指名できるチャンスがあっただけに、今オフでのスネルの成長は重要になる。

コメント
11月のシボドーHCのコメント

シボドーHC「彼の最高なところはもの凄く真剣だという事だ。プレイしていなかった時もそうなんだ。出場時間が無い時でさえプレイするための準備を見ていると彼がどれだけ真剣なのかがわかる。投げかけてくる質問や、ホームで試合にある日でさえアリーナに常に残っていた。彼はいつもいるんだ。そういう選手は、チャンスが与えられればしっかりと結果を残す。彼は良い仕事をしてくれている。まだまだ練習が必要だが彼のようなタイプなら絶対それをやってくれると私はわかっている。」

これから
スネルは来季ローテーション入りを果たすチャンスがある。シーズン序盤にコーチ陣にどれだけのハードワーカーであるかは既に証明しており、7月にラスベガスで行われるサマーリーグにも出場する見通しだ。ブルズはスネルにジミー・バトラーが昨季みせたようなステップアップを望んでいる。

元記事:Bulls player reviews: Tony Snell|By Nick Friedell

関連記事

13 Comments

  1. T.N

    スネルとノアのパンプ事件動画凄く好きで何回もみました笑 ド素人なので教えて頂きたいのですが、スネルはこれからどういった選手になることを目指しているのでしょうか?長距離砲として成長するのか、それともこれから体作りをしてインサイドに絡んで行くのか。自分が見た印象だとスネルは細すぎると感じてしまうんですが、管理人さんはどう思われますか?

    • BFiJ

      T.Nさん、コメントありがとうございます。
      スネルは入団当初にリバウンドやボールハンドリングも出来る事を見せたいと語っていました。ただの長距離砲で終わるのではなく、オールラウンドになっていきたいのかな?という感じだとは思います。腕がかなり長いので個人的にはそれを上手く利用してディフェンダーとしてもっと成長して欲しいなと思っています。

  2. たけ1979

    誠実そうな良いルーキー入ってくれたなあという印象です。
    1年目にしてチームも色々あって沈んだような雰囲気と、
    乗り越えて盛り上がる雰囲気、両方体験できたのもよかったと思います。

    ムキムキになるとシュートまで堅くなっちゃうのであれですが、
    来シーズン鍛えてパワーアップしたスネルを愛でられるのが楽しみです。

    来年は「エアボール、お前は許す」をあまり言わないで済みますように^^

    皆さんもTwitterなどでよく触れてましたが、出番がなくても
    ベンチから一番に飛びてて選手を出迎える、それが印象的でした。
    どうみてもシャイな感じなんですけど、やはりいいやつだなあと。

    すねええええええええええええええええええええええる!!!!

    • BFiJ

      たけ1979さん、コメントありがとうございます。
      いつも真っ先に立ち上がって応援していましたよね。全然出場していない頃からあれをやっていたのでずっと好印象でした。誰かがスリーを打つとすぐ両手をあげて立ち上がるのですが、外れると静かに座りに戻るのがなんかかわいかったです。

      来期どんな感じでパワーアップしてくれるのか楽しみですね。

  3. かんげつ

    スネルに関しては、開幕戦が印象に残ってます。デンとジミーがファウルトラブルで、デビュー戦でいきなりレブロンとマッチアップ。即ポストアップされてやられてましたね。NBAの厳しさを知る上でこれ以上ないデビュー戦だったかもしれません。その後、シーズンを通してディフェンスは少しずつ良くなっていったと感じています。

    あと、自身がオンコートじゃないときもタイムアウト時はシボドーの近くに陣取って、作戦盤を覗き込んでいる姿を結構目にしました。きっと勉強熱心なんだろうなあと勝手に感心してました。シボドーも真剣な選手と評しているようですし、来季一番期待している選手です。

    • BFiJ

      かんげつさん、コメントありがとうございます。
      ほろ苦いデビューでしたよねー。でも初めてでる試合があれで、NBAの世界の凄さを思い知れたと思うのでとても良い経験になったんじゃないかなと思います。

      本当に熱心に勉強しようとしているなというのがベンチを見ているだけでも感じ取れるのでいいですよね。覚えばジミーもそんな感じでした。来季が楽しみです。

  4. スカラブリ煮

    ディフェンスに関して厳しい今のBULLSでキャリアをスタートさせたことは、今後選手としてプレーしていく上で幸運でしょう、BULLSの戦士は性格も重視されるし、仮にチームを離れてもきっとどこかで重宝されてキャリアも長くなるはず。
    ジミーのようなチームのために尽力するディフェンシブな選手は、おそらくどこのチームも欲しい選手であるに違いない。スネルもそうなってほしいですね。

    オーランド戦の豪快なダンク、あれを見て期待しないわけにはいきません。

    • BFiJ

      スカラブリ煮さん、コメントありがとうございます。
      以前スネルを「求めてはいけない、いずれ消える選手」と仰っていたので嫌いなのだと思っていました。意見が変わったんですね、よかったです。
      あのダンクは良かったです、その後も積極的に狙っていっていましたね。

  5. 当然の事乍ら、一番謎の多い人物ですね(笑)
    たまにタイムアウトの時、情熱と闘志が燃え上がっているノアとタージの間から
    微妙にピンボケで眠そうな顔のスネルが映し出される時が自分のツボで吹き出す時が
    ありました(笑) ど~した~とか1人でツッコんでいたりしました(笑)

    プレイ面では時折、凄い輝きを放つ時があり本当に「ピッペンⅡ」か?! と感じる時も
    あれば、プラムリーかハーダウェイJrが指名出来たのに・・・ と思う事も。
    長い手足を活かしてドライブからのレイアップの姿なんか本家にそっくり。

    ピッペンも何年かジョーダンにエラく厳しく鍛えられたとの事。
    ノアやローズは厳しい中にも気遣いをしてくれる兄貴分の様に感じるので伸び伸びと
    成長してもらって攻守に秀でたオールラウンダーな主軸選手になって欲しいものです。
    先ずはシステムの習得とフィジカルかな。 サマーリーグが楽しみ!

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      まだまだ実力は未知数ですね。思いっきり二重まぶたなので非常に眠そうに見えますが、とりあえず熱い事だけは確かだと思います(笑)。
      ピッペンのようなタイプの選手に成長していってくれると嬉しいなー。サマーリーグは是非でてもらいたいです!

  6. ガンビノ

    スネルーーー!多分シャイなんだろうなw
    好きな選手の一人になりました。シボドーから評価も高いのですね。本当にルックスからして若い時のPIPをみてるみたいw
    期待してるぞ!サマーリーグ楽しみですね!

    • BFiJ

      ガンビノさん、コメントありがとうございます。
      ノアとのあの腰バンプ出来なかったときは、普段あんまりああいう感じで感情を出さないんだって確か試合後に語っていましたw
      2年目にサマーリーグで飛躍というジミーと同じ道を辿ってもらいたいです。

  7. スカラブリ煮

    管理人 様

    結果次第で変わるのは当然ですよ。しかし、そこは依然としてわかりませんね。期待はしますよ、でも安心できないのは当たり前。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.