ニュース

USA代表セレクトチームにジミー・バトラーとダグ・マクダーモットが選出!

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

USA代表セレクトチームにジミー・バトラーとダグ・マクダーモットが選出!

7月28日から31日まで先日発表されたUSA代表ロスターと共に練習を行うセレクトチームが発表されました。選出されたのは13選手で、我らがブルズからはジミー・バトラーとダグ・マクダーモットが見事選ばれました!嬉しいですねー。ルーキーはマクダーモットの他にマーカス・スマートで2人だけとなりました。ジミーが評価されたのがとても嬉しいです。

昨年はタージが選ばれてとても良い経験になっていたようなので、今年選出された2人もこれを機に一気にステップアップしてもらいたいです。これでブルズからのキャンプ参加はローズ、ジミー、マクダーモットの3人となりました。

名前 Po. 身長 体重 年齢 所属
ハリソン・バーンズ F 203cm 95kg 22 GSW
トレイ・バーク G 185cm 86kg 21 UTA
ジミー・バトラー G 201cm 100kg 24 CHI
ドレイモンド・グリーン F 201cm 104kg 24 GSW
ティム・ハーダウェイ Jr. G 198cm 93kg 22 NYK
トバイアス・ハリス F 206cm 107kg 22 ORL
ダグ・マクダーモット F 203cm 102kg 22 CHI
ヴィクター・オラディポ G 193cm 98kg 22 ORL
メイソン・プラムリー F 211cm 107kg 24 BKN
マイルズ・プラムリー C 211cm 116kg 25 PHX
マーカス・スマート G 193cm 100kg 20 BOS
ディオン・ウェイターズ G 193cm 102kg 22 CLE
コディー・ゼラー C 213cm 109kg 21 CHA
Po. 身長 体重 年齢 所属
ハリソン・バーンズ
F 203cm 95kg 22 GSW
トレイ・バーク
G 185cm 86kg 21 UTA
ジミー・バトラー
G 201cm 100kg 24 CHI
ドレイモンド・グリーン
F 201cm 104kg 24 GSW
ティム・ハーダウェイ Jr.
G 198cm 93kg 22 NYK
トバイアス・ハリス
F 206cm 107kg 22 ORL
ダグ・マクダーモット
F 203cm 102kg 22 CHI
ヴィクター・オラディポ
G 193cm 98kg 22 ORL
メイソン・プラムリー
F 211cm 107kg 24 BKN
マイルズ・プラムリー
C 211cm 116kg 25 PHX
マーカス・スマート
G 193cm 100kg 20 BOS
ディオン・ウェイターズ
G 193cm 102kg 22 CLE
コディー・ゼラー
C 213cm 109kg 21 CHA

コーチ:クリス・コリンズ(ノースウェスタン大)

追記:残念ながらジミーが股関節の張りで辞退する事になってしまいました。怪我自体は大したことなく大事を取ってという形のようです。

13 Comments

  1. H-38

    マクダーモット凄いですね(^^)!この前のファーストチームといい凄い勢いです(^^)少し気になるのですが、こういうのに、ウィギンスや、パーカーが選ばれないのはなんでなんでしょう?気になります!

    • BFiJ

      H-38さん、コメントありがとうございます。
      チームや選手の意向も関わってくるのでパーカーはちょっとわからないですね。。チームとして練習をしっかり設けたいとかあるのかもしれません。
      そしてウィギンスはカナダ人ですー。

  2. もう間違い無く、ダグ君の夏と言い切ってイイですね!(大笑)
    ダグ&トニーから相棒をダグ&ジミーに変えて今度はUSA代表候補と実戦トレーニング!

    ルーキーがこんなにも早い段階で、しかもNBAトップクラスのUSA代表候補達と
    実戦トレーニングが詰めるチャンスを得られるなんてラッキーにも程がある。
    しかもNBA-DF2ndチームのジミーと一緒って事は目一杯、守備を学べるじゃないですか!
    思いっ切りチャレンジ出来るじゃないですか! 得意のシューティングも然り!
    やっぱりダグ・マクダーモットはバスケの神様に愛されるギフトに間違い無い!
    更にそこには名将シボドーとエースのローズまで居てくれる訳なのだから、
    この段階でこれ以上の経験なんて望め様もない!

    ジミーもUSA代表候補達にインスパイアされて更なるレベルアップをしてくれるはずです!
    こんなにも楽しいオフシーズンは初めてじゃないかな(笑)
    後はローズが健康で戻って来てくれる事を切に願うのみです。

    • BFiJ

      T-コッチさん、コメントありがとうございます。
      最近はT-コッチさん歓喜なネタが多いですね(笑)。
      マクダーモットは昨年もミニキャンプみたいのに招待されていたので、シャシェフスキーHCの構想にはまっているのかもしれませんね。確実に良い経験になると思うのでどんどんステップアップに使ってもらいたいです。

      ジミーにとっても非常に良い経験になるはずですね。ローズの状態も間近でチェックできていいかもしれません。楽しみな夏はまだまだ続きますねー。

  3. 精力的に歓喜ネタをアップして下さる管理人さんに季節がら、
    御礼のお中元も、お持ちしない自分には途方もない罰が当たりそうな気がします(汗)
    ツイートからお仕事が大変にご多忙のよう拝察致します。 

    暑さも厳しい折、御無理をなさいません様。 せめて暑中見舞いの代わりとさせて頂きます。

    ありがとうございます。 健康にはくれぐれも御留意下さい。

    • BFiJ

      T-コッチさん、お気遣いありがとうございます。
      このくそ暑い中なぜか忙しいのと引越しがかぶってしまい、なんて段取り悪いんだとげんなりしておりました(笑)
      情報収集する事自体は自分も好きで大して苦になってないので逆にこのサイトを通して色んな方とふれあえるのは精神的に助かっています!
      今後ともよろしくお願いします。

  4. ジミー

    初めてコメント申し上げます。このサイトを知り、日々の楽しみとなってございます
    管理人様にお伺いしたく存じます。お話にある、マクダーモットはケヴィン・ラブとの
    トレードで話が出ております。私としては・・・・ですが(苦笑)。いかがでしょうか?
    タージ・ギブソンまで加わってますし。宜しければお考えをと思い、投稿いたします。
    長々と申し訳ございません。

  5. JACK

    ラブ獲得の噂ありますよね。正直これほどの犠牲を出してまで獲る必要ありますかね?今のままでもリングは取れると思のですが

  6. 薔薇くん

    ラブのトレードの件は同じディビジョンのCLEに揺さぶりをかけ、CLEの戦力ダウンを目論んでいるのでは?と思います!
    CLEよりより良い選手を提示し、CLEも対抗せざるを得ない状況を作っているのかなと!

  7. サムス

    もし本当にラブを獲得することになったら失望しますね。
    そこまで価値のある選手ではない、、と言ったら失礼ですけど、ケガで欠場する見込みも高いので、結果的に失敗に終わる可能性は高いと思います。

  8. BFiJ

    ジミーさん、JACKさん、薔薇くんさん、サムスさん、コメントありがとうございます。
    同じ話題なのでまとめて返信で失礼いたしますmm

    やはりみんな気になりますよねこの動向。自分も最近は毎日ツイッターで恐る恐る覗く感じになっています。ラブはとても好きな選手なので獲得に動く事自体はそんなに気にならないのですが、それ以上にタージ狂なのと他に噂にあがってるマクダーモットやミロティッチも既に愛着わきつつあるのでやはり失いたくないですね。代償がでかい気がします。

    こういうのはだいたい情報戦なのでどこまでが本当なのか全くわかりません。なんならクリーブランドもウィギンズは別にトレード候補にいれていないなんて情報もあったりで、より一層錯乱モードです。ジミーの名前も出て来たりしますがシェリダン氏はそれを否定してたり、フォアマンGMがマクダーモットは長期的にブルズで考えているとコメントしてたりと、やはり誰もこれ!っていう情報をつかめてないのかなっていう印象です。

    とはいえ、ラブ級の若いスター選手がこれだけ獲得可能な状態になる事も珍しいので何かしら交渉をしてるというのは別に悪い事ではないと思います。このオフ中に既に作り上げたチームとトレードで獲得した場合のチームとしっかりとバランスを考えて動いてもらいたいですね。

  9. MJ恋しDR待ち人

    ラブはPFとSFどちらもこなせるNBAトップ選手ですね。ウルブズはそれに見合うだけの将来性ある選手を複数狙ってます。これくらいが当たり前のビジネスですからどちらに賭けるかですね。マスコミに飛び交う情報がどこまで真実なのか振り回されそうです(笑)
    キャブスもドラ1を2人も常識では考えられませんがわかりませんね。
    少なくとも優勝を左右するほどの凄いスター選手ですから即効でハマる可能性高いと思います。
    しかし、やはりタージとマクダーモットは未来にかけたいブルズ筆頭選手に思えてなりません。未来をかうか実績をかうか思案する価値あるのでしょう。こういうとき最終判断、決断はシボドーがするのでしょうか?

Trackbacks / Pings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.