analyze

リチャード・ハミルトン|2012-2013総評

このエントリーをはてなブックマークに追加    Pocket

リチャード・ハミルトン|2012-2013総評

恐らくヒートとの第5戦で見たリップがブルズとしてプレイしている最後の姿だったでしょう。昨シーズンブルズに来てから怪我に悩み続ける選手となってしまったので悔やまれます。来シーズンは契約の最終年ですが保証されているのは$5M中の$1Mだけなので、それだけ支払って放出する、バイアウトという形になると思います。

ブルズにいた2年あわせてプレイしたのは78試合。健康で出場している時はブルズにない得点力をもたらしてくれていただけに、もしも健康だったら…とどうしても思ってしまいます。お互いの怪我もありリップがローズと一緒にプレイできたのはわずか19試合でした。一緒にプレイしている時はなかなか連携も良く成績も15勝4敗ととても良かったので残念です。

今シーズンも怪我で離脱を繰り返し、あまりプレイしていない内にすっかりシボドーHCのローテーションから外れてしまいました。元々そんなにディフェンスがうまい訳ではないので、長期離脱するとディフェンスのローテーションや連携が固まってきてしまうので入り込みにくいのだと思います。シーズン途中に加入する選手があまりプレイできないのも同じ理由ですね。

しかしプレイオフ終盤にはさすがに得点力が尽きて来たので久しぶりに日の目を見ました。あれが安定してできていればなあと。

彼が怪我した事によりベリネリやバトラーの台頭があったので結果的には良かったのかもしれません。元々リップはローズと共にプレイする事を前提で獲得した選手だったので、いない中他の選手が成長してくれたのはせめてもの救い。ジミーの総評にも書きましたが、ジミーのロングシュートにアドヴァイスを送ってくれたのもハミルトンでした。

後はネイトとのInstagramでのPhotoshopバトルもなかなか楽しませていただきました(笑)。

怪我さえしなければ、彼の実力があればどこのチームでも貢献できると思うので頑張ってもらいたいです。

※以下ESPN記事翻訳です。僕の意見ではありません。

年齢:35|2012-13年棒:$5,000,000 |シーズン平均:9.8得点2.4アシスト

シーズン総評
ハミルトンのブルズでの2年目は、1年目にとても似ていた。様々な怪我に悩まされコートに居続ける事ができなかった為チームに良い影響を与える事ができなかった。結果的にチームメイトとの連携を見いだす事に苦しみプレイオフ中のローテーションを割る事ができず、ヒートとの第4戦、第5戦でやっと安定した出場時間を得るに留まった。

シーズン・ハイライト
11月26日のミルウォーキー・バックスへの敗戦でハミルトンは30得点を記録。開幕から一ヶ月間調好調だったベテランシューターはこの試合で調子の良さを締めくくった。

シーズン・ローライト
プレイオフ最初の10戦をあわせたハミルトンの出場時間はわずか10:20で、その内8回がDNP(Did not play)監督判断だった。

一言メモ
立派な事に、ハミルトンはここ2年間、特にプレイオフ中、あまりプレイ出来なかった事に対してトム・シボドーHCを批判する事は無かった。しかし彼と契約した事はブルズのガー・フォーマンGMの失敗として今後見られるだろう。フロントは彼がデリック・ローズの横で活躍できるもう一人のピースとして期待したが、怪我続きで出場することすらままならなかった。ローズが怪我したことで、ハミルトンが出場出来ないことがより浮き彫りになった。

コメント
ブルズのプレイオフ敗戦後

ハミルトン「これが現実だ。楽しんだよ。いた間はずっと楽しんだ。俺にとっては、デリックのような素晴らしい選手がいて、バックコートで彼とプレイするチャンスがあった。(ちゃんとお互いプレイできていれば)どうなっていたか、考えてしまうよね。しかしそれがゲームだ。その中でなんとかしようとするのがこのゲームだ。」

これから
来シーズンが契約最終年であり、保証されている$1Mを支払っって放出されるだろう。オフシーズン中に他のチームで居場所を探す事になる。

最終評価
レギュラー・シーズン:D|プレイオフ:C-

元記事:Bulls player review: Rip Hamilton|By Nick Friedell

関連記事

10 Comments

  1. Hide-Mi

    ハミルトンは今年も怪我に悩まされたシーズンでしたね。なので、ゲームに出てない印象の方が強いので評価しずらいですよね…個人的にはゲームに出場してる時も、コンスタントに活躍してたのかと言えば、そうでない気がしまし、彼も、比較的波が激しかったように思いますね。
    ハミルトンは、どうしてもピストンズ時代のイメージが強いので、ブルズにいた2シーズンは物足りなさを感じてしまいます。正直、獲得は失敗だと思われても仕方ないのかなと…
    けど、ジミーにシュートのアドバイスしたり、コート外では、ベテランらしい功績はあったんでしょうね!

    • BFiJ

      Hide-Miさん、コメントありがとうございます。
      やはり試合に出てるイメージが薄いですよね。非常に残念です。
      どうしても出てない時間が多く、出ても試合勘がなかなか掴めないのかなという感じでした。ただ簡単にシュートまでもっていけたりと、そういった所は見せてくれていたのではまれば絶対良さそうだっただけに余計残念です。

  2. TOSHI

     こんばんわ。

     リップ選手が加入したときはこの上ない喜びを感じました。
     
     それくらい期待していた選手です。

     怪我が重なったのは不運でしたね。

     多分契約延長は難しいですが、かと言ってこのまま引退も寂しいですよね。

     どこかに行くとしても応援していきたいですね。

    • BFiJ

      TOSHIさん、コメントありがとうございます。
      リップの加入時は期待しちゃいましたよねー。ローズ以外の得点力が!って。
      怪我ばかりはどうすることもできませんね…。
      彼のことなのでおそらく引退はせずにどっかに行くでしょうね。

  3. ろっく

    リップは思ったように活躍できなかったですね。
    ローズとのコンビは期待していたので残念です。
    ただ、リップの口から愚痴らしい愚痴は聞こえてきませんでしたし、
    ジミーの件もありましたし、チームへ良い影響を与えてくれていたみたいですよね。
    出た試合では、まだ20点取れる試合もありましたし、
    他のチームでも頑張って欲しいですね。
    ヒートは勘弁してほしいですけど^^;

    • BFiJ

      ろっくさん、コメントありがとうございます。
      ローズとのコンビ期待してましたよね。良い組み合わせだったと思うんですけどねえ。

      一度もメディアに愚痴ったりしなかったのは素晴らしいと思います。不満はもちろんあったと思うんですけどね。そこはしっかりとベテランらしくチームのサポートを続けてくれましたね。ヒートにだけは行って欲しくないですw

  4. トモ

    リップ、ジミーを教育してくれて本当にありがとう。彼はあなたの事を一生忘れないでしょう・・・。
    残り数シーズンのNBA現役だとは思いますが、他チームに移籍しても活躍してくださいね。

    • BFiJ

      トモさん、コメントありがとうございます。
      リップがチームの若手に与えてくれた影響はとても大きいと思います。
      そういう意味ではいてくれて本当によかったです。ちょっとそれだけには高いですけど。
      移籍しても頑張ってもらいたいですね。

  5. コールマン

    リップ今どこにいますか

    • BFiJ

      コールマンさん、コメントありがとうございます。
      リップはまだ引退は表明していないようですが、今シーズンはどこともプレイしていません。
      NCAAで母校のUCONNを応援しにいってましたね。こないだNBA TVで解説員みたいなのもしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.